チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

絵本を書いて親友を救う ~世界を変えるTV~

   

何気なく見ていた
世界を変えるTV

ある6歳の少年が
「病気の親友を救いたい」
という想いから生まれた物語

親友は
難病を患い
食事制限を課せられていた

その親友をそばで観ていて
「同じように食事ができたらいいのに」

そこで少年は
「絵本を書いてその売り上げを寄付する」
ことを決めた

目的にはレベルがあるということを
松本のアクトで教わった

生存⇒維持⇒満足⇒貢献

この4つのレベル

人のあらゆる行動は
なんらかの目的に基づいている

それがどこから来るのか
目的は
どれも重要だと私は思っている

生存のため
現状を維持すること
自分を満たすこと
そして人の役に立つこと

目的は多ければ多いほど
自発的な原動力になる

同時に
もっとも強いエネルギーを発し
さらにそれが持続するのは
貢献のレベルであると確信している

人は生まれながらに
「人の役に立ちたい」
「人に何かを与えたい」
という欲求を持っている

これは私の2人の息子を観ていても
それはよくわかる

貢献のレベルは
共感を生み
人を動かす

今回の絵本の少年

最初は何気なく書いた絵本
それが
親を動かし
先生を動かし
スーパーの店長を動かし
本屋を動かし
テレビ局を動かし
世界中の人々を動かすことにつながった

それは
自分のためではなく
親友を救いたいという
純粋な外向きの願いだったからだ

何のためにするのかは
非常に重要である

そして今していることは必ず
貢献の目的を見出すことができる

自分の考え方や見方ひとつで
それは可能になる

自分の今の仕事にやりがいを見出し
成果を創りたいのだとしたら
本気でこの貢献の目的を
たくさん見出せばいい

きっと簡単なことだ

 - チームコーチング

  関連記事

no image
女子レスリングチーム ワールドカップ優勝に見る目標への動機付け

最近はスポーツ観戦で涙を流すことが多くなった まあスポーツ観戦に限らず朝ドラのご …

メンターの辞書に「コーチング」という文字はない②

「メンターの辞書に「コーチング」という文字はない①」より続き メンターにコーチン …

no image
傾聴はコーチングの始まり③

傾聴はコーチングのすべてにつながる 傾聴はコーチングにおけるすべての入り口だ。 …

『出る杭は・・・』 ~チームコーチングに不可欠なリーダーシップ~

「出る杭は打たれる」 これは通説であり、 日本において生活する上では非常になじみ …

報連相がうまくなるたったひとつの問いかけ

ビジネスの潤滑油ほうれんそう ビジネスにおいて、何かの出来事や問題がおきたとき、 …

金メダルの理由 〜リオオリンピック男子体操団体〜

リオオリンピック男子体操団体 念願の金メダル 男子体操団体が、 アテネオリンピッ …

リスニングとアサーティブの講座@尾張旭

昨日今日と2日間、 リスニングとアサーティブの研修をやってまいりました。 聴くと …

新・山の神登場 ~2015年箱根駅伝往路~

毎年恒例の箱根駅伝。 子供の頃は、父親がなぜ駅伝を見るのか不思議でたまらなかった …

no image
組織の目標に主体性をもたせる4つのポイントvol.2 〜コーチングの力〜

というわけで、前回ブログからの続き。 コーチングによって主体性を強めていく 主体 …

チームコーチング体験談 ~小林創建常務インタビュー~

小林創建の復活劇は、この握手から始まった。 が社長と常務が私の目の前で堅い握手を …