チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

本番で使ってみないとわからない知識や技術 ~ダルビッシュ有&田中将大&工藤公康対談~ チームコーチとしての学び

      2014/12/27

チームコーチとしての学び

20141224_ダルビッシュ有_田中将大_工藤公康_対談_コーチング_半谷

昨日、報道ステーションでダルビッシュ&田中マー君の対談をやっていたらしい。
司会は工藤公康。
私はyoutubeで見た(こちら)。

いろいろなネットのニュースでも話題になっていたが、
どうやらマー君がダルビッシュにスプリットの投げ方を教えたらしい。

「メールで教わって、その日の試合で試してみた」
「ブルペンで良くても、試合で投げてみないとわからない」

2人は、得た情報をすぐに試してみたとのこと。
実際にやってみて、
「使えるのか使えないのか」
「修正が必要なのか」
という情報がわかる。

試合は実践の場であり、実験の場でもあるわけだ。

これは何についてもいえること。
得た知識や技術は使ってみないとわからないことがたくさんある。

チームコーチングの世界も同じ

コーチングの世界も同じだ。
さまざまな技術がある。
私の場合、コーチングに関する技術は、まず練習でやってみる。
でもやはり、練習では参考にならないことがよくある。
というのも、練習相手はその技術を知っていることが多いからだ。
つまり、こちらが望むような反応をしてくれる。

これが、コーチングを全く知らない人にコーチングするのは、反応が全く異なってくる。
コーチングは、基本的には使える技術を学ぶ。
しかし人に応じて、場面に応じて、時に応じて、その技術が使えるかどうかはわからない。

そして、臨機応変の対応は、経験がものをいう。
そうはいっても、使わなければ始まらない。

コーチング、チームコーチング、
学んだ技術は積極的に使うこと。
もちろん、目の前のクライアントにとってベストであると思うことを選ぶ。
新しい技術を使うのは勇気がいる。
失敗のリスクがわからないから。

ダルビッシュもマー君も、投げて失投ならホームランを打たれる可能性もあるわけだ。
でも新しい技術を使う勇気。
これは、自分の能力を磨いていく上では必要不可欠なもの。

私自身も、今までの技術をブラッシュアップするとともに、
どんどん新しい技術を取り入れて試して、より多くの人のお役にできるよう頑張ります。

 - 実践チームコーチング

  関連記事

自ら動くを創る ~チームコーチングで組織活性~

我が長男は5歳。 最近は補助輪なしで自転車に乗るようになり、 だいぶ遠出(といっ …

セッション間コーチング@富山ユニオンランチ ~チームコーチングで真のチームづくり~

本日は、富山ユニオンランチにて、セッション間のコーチングでした。 ※写真はユニオ …

no image
チームが機能不全となる要素③ 『責任感の不足』 ~チームコーチングで組織活性~

3つ目の機能不全の要素は『責任感の不足』 レンシオーニはこの本の中で『チームにお …

チームコーチング勉強会 

PHPチームコーチ養成講座で共に学んだ仲間たちと、 毎週日曜日に勉強会をしている …

サッカー日本代表が最強組織になっていくためには ~チームコーチングで組織活性~

アギーレジャパンがブラジルと対戦。 結果は0対4。 残念ながら惨敗であった。 ネ …

no image
チームが機能不全となる要素② 『衝突の回避』 ~チームコーチングで組織活性~

2つ目の機能不全の要因は『衝突の回避』である 要因は『表面的な調和』 人は調和を …

プロジェクトチームのチームコーチング@阿部写真館

プロジェクトチームのチームコーチング 本日は徳島にてプロジェクトチームのチームコ …

阿部写真館プロジェクトチームのチームコーチング in 徳島

チームコーチングで新たなチャレンジ 今月より、新たなチャレンジ。 ここまで代表を …

チームコーチング体験談 ~小林創建社長インタビュー~

本日は、長野県松本市。 去年の2月~10月までチームコーチングを実施いただいた小 …

チームが機能不全となる要素⑤ 『結果への無関心』 ~チームコーチングで組織活性~

『結果への無関心』とはどのようなことか。 「メンバーがグループ全体の目標以外のこ …