チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

ペーシングはコーチングの生命線 ~コーチはこころと技術を磨く~

      2014/12/27

コーチング、チームコーチングの生命線「ペーシング」

『ペーシング』って何か。

そのままなのだが、「ペースを合わせること」である。

人と信頼関係を築く上で、かなり役に立つ考え方であり技術である。
コーチング、チームコーチングに限らず、あらゆる人間関係において、信頼関係の構築は最重要なポイントだろう。

親と子供。
上司と部下。
友人関係。
取引先との関係。

信頼関係は当然ながらあった方がいい。
もちろん、どのように信頼関係を築くのかは、いろいろなやり方がある。

さてペーシングに話を戻す。
「ペースを合わせる」ということだが、例えばわかりやすいのは二人三脚。

20141216_ペーシング_チームコーチング_半谷

チームコーチング、コーチングでの二人三脚

二人三脚で合わせる必要があるのは?

スピード
呼吸
掛け声
リズムやテンポ
歩幅
姿勢

ざっとこんなところだろうか。

そして、信頼関係を築く上では、コミュニケーションである。
コミュニケーションにおいてペースを合わせるというのは、何をすることか。
どんな要素に関してペースを合わせることができるだろうか?
コーチングやチームコーチングでは、次の要素がある。

話の内容
世界観
価値観
言語や方言

表情
姿勢
態度
服装
呼吸
アイコンタクト


大きさ
トーン
抑揚
リズム
テンポ

細かく挙げればまだあるだろうが、ひとまずこんなところ。

例えば、
子供と話すために、しゃがむ大人。
これは視線を合わせている。
これももちろんペーシング。

悲しそうに話をする人の話を悲しそうな表情で聴く。
ゆっくりなスピードで十分な間を取って話をする人には、こちらもそのペースに合わせる。
相手の世界観に合わせた話題で話をすること。
前かがみで話している人にはこちらも前かがみで。

チームコーチングの場でも、
意識してペーシングすると、
想像以上にコミュニケーションがスムーズになったり、
今まで話せなかったようなことを話すことができたり、
近づきやすくなった感じがしたりと、
さまざまな効果が得られる。

そしてこれは、非常に簡単にできる。
しかしそのためには、相手をよく観察し、相手をよく理解する必要がある。

相手がそれぞれの要素でどのようなペースで生きている人なのか。
あるいは今この瞬間、どのようなペースで進んでいるのか。

自分の興味関心のアンテナを、100%相手に向ける必要があるのだ。

 - 実践チームコーチング

  関連記事

チームコーチング体験談 ~小林創建社長インタビュー~

本日は、長野県松本市。 去年の2月~10月までチームコーチングを実施いただいた小 …

トーイングボートに見たチームコーチの役割 ~チームコーチングで本物のチームづくり~

トーイングボートに見たチームコーチの役割 本日はチームコーチングのため徳島へ移動 …

コミュニケーションは目的にあらず ~チームコーチングで真のチームづくり~

チームコーチングで真のチームへ コミュニケーションは成果を創るためのツールに過ぎ …

プロジェクトチームのチームコーチング@阿部写真館

プロジェクトチームのチームコーチング 本日は徳島にてプロジェクトチームのチームコ …

会計事務所コミュニケーショントレーニング

本日は和歌山の会計事務所で、コミュニケーショントレーニングを実施。 事務所に入る …

no image
組織のボトルネックを解消して成果を上げる ~チームコーチの視点から~

仕事柄出張が非常に多く朝食はホテルで取ることが多い たいていの場合はバイキング今 …

no image
宮城県岩沼市の挑戦(NHKスペシャル) ~チームコーチの視点から~

本日21:00から放送されていたNHKスペシャル東日本大震災「私たちの町が生まれ …

チームコーチングにおける個別のコーチングセッション@パワーネットフィールド

パワーネットフィールド チームコーチング というわけで今日は、長野県塩尻市。 チ …

チームが機能不全となる要素④ 『説明責任の回避』 ~チームコーチングで組織活性~

チームが機能不全となる要素の4つ目は 『説明責任の回避』だ 説明責任という言葉は …

自ら動くを創る ~チームコーチングで組織活性~

我が長男は5歳。 最近は補助輪なしで自転車に乗るようになり、 だいぶ遠出(といっ …