チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

特急3種類の車掌さんからコミュニケーションを学ぶ ~チームコーチングで真のチームづくり~

      2014/11/06

本日は和歌山出張。
20141030_hangaitomonari
千葉からの移動で、3つの特急に乗る。

最初は特急わかしお。
地元千葉の外房線と東京をつなぐ特急。

2つ目は新幹線。
品川から新大阪まで、私を運んでくれた。

そして3つ目は特急くろしお。
新大阪から和歌山をつなぐ特急だ。

そして面白かったのは車掌さんが三種三様だったこと。

行動はみんな同じ。
切符をチェックしてはんこを押す。

しかしそれぞれの『あり方』が全然違うのだ。

1人目。わかしおの車掌さん。
「失礼します、あ、すみません、ごめんなさい、…、あ、ごめんなさい、」
と言いながら去って行った。
切符を切るわずか10秒足らずの時間の中で、4回謝るって…。
切符切るのってどれだけ申し訳ないことなんだろうか。
全てのお客さんの切符を切るのに、きっと合計1000回は謝ってる…。

2人目。新幹線。
無表情で淡々と切符を切っていく。
なんか怖い…。

3人目。くろしお。
車両の前に立って挨拶をする。
この行動は一緒なのだが、現れが全然違うのだ。
なんだか笑ってる。
まるで福の神のような笑顔。
もうすでにコミュニケーションする前から場を作っている。
近寄っても当然笑顔。一糸乱れぬ笑顔。
「ありがとうございます。」
気持ちいい感謝の言葉。
思わず写真を撮らせてもらおうかと思ったくらいだ。

さて、行動はすべて一緒。
しかし、その表れひとつで人に与える印象がこれだけ違う。
人はそこに存在するだけでコミュニケーションしている。
会話する前のコミュニケーションで、どれだけ場を掌握しているか。

言葉以上にコミュニケーションの効果性を高めることができる。
そんなことを改めて証明してくれた“くろしお”の車掌さんでした。

 - 実践チームコーチング

  関連記事

組織目標をメンバーが”自分事”にするプロセスの重要さ ~チームコーチングで真のチームづくり~

チームコーチング「目標設定を自分事に」 昨日は阿部写真館でプロジェクトチームのチ …

小林創建チームコーチング 事前インタビュー

チームコーチング@小林創建の事前インタビュー この2日間は 長野県松本市の工務店 …

チームが機能不全となる要素⑤ 『結果への無関心』 ~チームコーチングで組織活性~

『結果への無関心』とはどのようなことか。 「メンバーがグループ全体の目標以外のこ …

no image
チームが機能不全となる要素①『信頼の欠如』 ~チームコーチングで組織活性~

少し前の記事で概要をお伝えした『あなたのチームは機能していますか?』パトリックレ …

チームが機能不全となる要素④ 『説明責任の回避』 ~チームコーチングで組織活性~

チームが機能不全となる要素の4つ目は 『説明責任の回避』だ 説明責任という言葉は …

日本を盛り上げる女性の力 ~チームコーチングで真のチームづくり~

管理職の研修をやるときに、女性の少なさに驚く。 部長、課長クラスともなると、ほと …

no image
組織のボトルネックを解消して成果を上げる ~チームコーチの視点から~

仕事柄出張が非常に多く朝食はホテルで取ることが多い たいていの場合はバイキング今 …

アトラスグループ チームコーチングⅡ期セッション2

本日はアトラスグループにおけるチームコーチング。 2期目のセッション2だ。 チー …

トーイングボートに見たチームコーチの役割 ~チームコーチングで本物のチームづくり~

トーイングボートに見たチームコーチの役割 本日はチームコーチングのため徳島へ移動 …

なぜチームコーチが必要なのか。なぜ自分たちではできないのか。 ~チームコーチングで真のチームづくり~

なぜチームコーチが必要なのか。 2014年のチームコーチングカンファレンスにおい …