チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

宮城県岩沼市の挑戦(NHKスペシャル) ~チームコーチの視点から~

      2014/10/08

本日21:00から放送されていた
NHKスペシャル
東日本大震災「私たちの町が生まれた~集団移転・3年半の記録」

住民たちが自分たちで街づくりに取り組むプロセス
3年間で120回の話し合いを行ったという

話し合いのルールは
①思ったことは口にすること
②人の意見を非難しないこと

ここから始まった
ブレインストーミングの基本だが
適切なファシリテーターがいなければ
なかなかこれが機能しない

壮大なプロジェクトを成功させるには
さまざまな人の意見を選択肢としてテーブルに乗せ
新しい選択肢を想像しながら
共通のビジョンに向けて
最善の選択肢を決定し実行していかなければならない

120回の議論を重ねたということは
おそらく
参加した人が思う存分自分の意見を口にしたということ

その分
自分の意見が
表現することができた
聴いてもらえた
反映された
という実感は強まる

その分
決定事項に責任を取っていくし
その後の行動にも
目的意識ややりがいを持って
望むことができるようになる

もちろんビジネスシーンにおいては
一般的な企業にとって
どんなに重要なものであったとしても
ひとつの議論に3年120回の
時間と回数を割くことができる企業はないだろう

しかし必要最小限の議論を
全員が自分の意見をテーブルに乗せる形で
実行できている組織は非常に少ない

議論の場において意見を言わないことは
個人の能力によるものと判断されてしまうことが多い

しかし実際のところは
個人の能力が不足しているのではなく
ファシリテーターがファシリテーターとして機能するための
十分な能力がないだけだ
(チームコーチはこの能力に長けている)

今回は岩沼市の市民が
チームとして機能する姿を見た

これだけの大人数が
ひとつの目的に向かいひとつになれるのだということを実感した
チームコーチングのひとつのモデルとも言える
素敵な事例だと私は思う

 - 実践チームコーチング

  関連記事

チームコーチに欠かせない3つの力 ~チームコーチングで真のチームづくり~

チームコーチングを成功させるチームコーチの必須能力。 コーチングの力。 ファシリ …

no image
チームが機能不全となる要素② 『衝突の回避』 ~チームコーチングで組織活性~

2つ目の機能不全の要因は『衝突の回避』である 要因は『表面的な調和』 人は調和を …

なぜチームコーチが必要なのか。なぜ自分たちではできないのか。 ~チームコーチングで真のチームづくり~

なぜチームコーチが必要なのか。 2014年のチームコーチングカンファレンスにおい …

小林創建@松本 チームコーチング2期目最終回

7月に始めた小林創建の2期目チームコーチングが、本日最終回を迎えた。 9名でスタ …

チームが機能不全となる要素⑤ 『結果への無関心』 ~チームコーチングで組織活性~

『結果への無関心』とはどのようなことか。 「メンバーがグループ全体の目標以外のこ …

小林創建チームコーチング 事前インタビュー

チームコーチング@小林創建の事前インタビュー この2日間は 長野県松本市の工務店 …

阿部写真館プロジェクトチームのチームコーチング in 徳島

チームコーチングで新たなチャレンジ 今月より、新たなチャレンジ。 ここまで代表を …

トーイングボートに見たチームコーチの役割 ~チームコーチングで本物のチームづくり~

トーイングボートに見たチームコーチの役割 本日はチームコーチングのため徳島へ移動 …

モデリングについて ~チームコーチングで本質的なチームビルディングを~

チームコーチングで本質的なチームビルディングを「モデリングについて」 我が家の息 …

チームコーチングに関するインタビュー@富山ユニオンランチ

富山県富山市にあるユニオンランチ。 去年の7月から11月まで計4回、5日間の日程 …