チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

藤沢秀行氏 囲碁の神様の生き様からイノベーションを学ぶ

   

成功の偉人史 ~日本が世界に誇る30人(日本テレビ)~

昨日何気なく観ていたテレビだ。
日本代表の武藤嘉紀が紹介していた、
『藤沢秀行氏』

恥ずかしながら、私は初めて聴いた名前だった。
囲碁界の神様と言われる存在らしい。

20150217_チームコーチング_藤沢秀行_イノベーション_半谷photo credit: igo with skeleton stones from kobayashi satoru via photopin (license)

破天荒な生き方。
ギャンブルは借金は数億円。
庭に小便をする。

私の家では、私が庭に小便をしたら、
いろいろなものが壊れる可能性がある。

藤沢秀行氏の生き方

一番感銘を受けたこと、同時に共感したこと。

それは、
『自分が培ってきたことをオープンにする』
ということ。

囲碁界においては、自分の知識、技術を人に伝えるということはナンセンスだという。
しかし、藤沢さんは、後進に自分の手の内を全て伝えたという。
戦略や差し方。
それを伝えれば他が育つ。
他が育てば、自分が負ける可能性がある。

だから一般的に言えば、自分の手の内は人に見せない。
自分が勝ち続けるために。

でも藤沢さんは違った。
自分の手の内、鍛え続けてきた戦略、戦術、
それを全て後進に授けた。
結果、自分がその育てた後進に負けたこともあるという。

それでいいのか?

それでいいのだ。

自分が負ければ、悔しいと思う。
悔しいと思えば、「もっと強くなってやろう」と思う。
そうすると自分がもっと努力する。
もっと創意工夫しなければならない。

とのこと。

自分が最強であると腹を括っている生き方だ。

ライバルを育てる これぞ真の相乗効果

後進に手の内を授けると言っても、
その更新は藤沢さんだけから何かを学んでいるわけではない。

本人が培ってきた技術、知識。
持っている価値観。
その人だからこそ接することができる世界や人。

それらと交わって新たな工夫が生まれる。
藤沢さんでは決して生み出すことのできない世界だ。
だからこそ負ける。

藤沢さんの世界観の中だけでは、
一生藤沢さんに勝てることはできない。

自分を磨けば人が輝き、
人が輝けば自分を磨く必要がある。

これもひとつの、win-winの関係。

腹を括って生み出すイノベーション

イノベーションを生み出す要素はいろいろあるだろう。
でもやはり、守りに入るとそれ以上は生まれないように思う。

自分の手の内を明らかにし、それを人が使う。
そのことで化学反応が起き、新しい価値が生まれる。

手の内を明らかにするということは、
同じ手の内は使える人がたくさんになってしまうということ。
ということは、自分のところにオファーが来なくなる可能性があるということ。

ということは、新しい価値を生み出さなければならないということ。
これは大きなリスクだ。

でも世の中では、新しいものが次々と生まれる。

「もうこれ以上のものは生まれないのではないか?」
という錯覚にも陥る。
でも決してそんなことはない。
思わぬ新しいものは、歴史を観ても次から次へと生まれている。

同じ位置で同じ位置にしがみついている生き方では、
生き残っていくことはできない。

「今以上の、次の、斬新なことを生み出してやる」
「昨日の自分を必ず超える」

この生き方こそが、新しい価値を世の中に生み出していく。

人に真似される人でありたい。
新たな、オリジナルの価値を生み出し続けることができる人でありたい。

このように改めて思えた、『藤沢秀行さん』との出会いでした。

 - チームコーチング

  関連記事

DiSCコミュニケーション研修@写真館

DiSCコミュニケーション研修@内藤城 本日は、松本市にある写真館、内藤城長野事 …

no image
嫌われ役は組織に必要か?

嫌われ役が必要だという勘違い 「誰かが嫌われ役になる必要があるんだ」 「きついこ …

腑に落ちる ~小林創建チームコーチング体験談より~

昨日、小林創建の社長と常務に、 チームコーチング実施の体験談インタビューをしてき …

ゆとり世代の新入社員研修

今年も、新入社員の季節になりました。 サクラと共にやってくる彼らは、 毎年、組織 …

コーチング応用Ⅱ再受講@株式会社アクト松本

コーチング応用Ⅱ受講 アクト松本 2日間コーチングの武者修行へ行ってまいりました …

コーチング勉強会@市ヶ谷キャンバス ~チームコーチングで真のチームを!

本日はコーチング勉強会に参加する機会をいただいた。 チームコーチングをやる上でも …

no image
止まって観る心の余白

人生において『止まる』時間をどのくらい持っているだろうか 私は毎日忙しくしている …

no image
コーチングとの出会い ~チームコーチングで成果を創る真のチームを!~

『コーチング』という考え方は、基本的な部分では一致していると私は思っている。 し …

「駆けたら転ぶ」子供の観念形成に多大な影響を与える親の言葉

長期休暇明けの素敵な朝。 息子2人は今日から保育園。 朝日の力を借りながら、眠た …

もともと備わっている修正の能力 ~本人の力を最大限活かすコーチング~

休日は、息子と公園で過ごす時間が多い。 1年前はブランコにすべり台。 今は鉄棒に …