チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

上司がやらないことを部下はやらない

   

本日は子どもを保育園に連れていった
出張続きのわたくしめは
家にいる日は散歩がてら
二人の息子を保育園に送っていく

今はセミのシーズン
保育園に行くまでのわずか10分程度の時間で
いったい何匹のセミと遭遇しているか…

すると、路上に一匹のセミが

子どもは怖がって近づかない

「捕まえなよ」
と私が促すと
「お父さん捕まえて…」
(来た!やばい…)

心の中でそう叫ぶが
ここで引いたら親の権威が…(笑)

虫は子どもの頃は全然平気だったのだが
大人になるにつれてだんだんダメになってきた

親になると
もう一度虫に慣れていくプロセスが必要である

というわけで
できるだけ平静を装いながら
セミを捕まえるわけだが…

やってみると意外とイケた
それを息子に渡すと
息子もおっかなびっくりセミを手にした

なんだかうれしそうだ

次男はいぶかしげにそれを見ていた

こうして息子は
だんだん捕まえることのできる虫が増えていく

私がもしやらなければ
息子はしばらくやらないだろう

小学校入学までの間は
どうしても親の影響が大きい

親をモデルとして子は育つ

そしてこれは
本能的なものでもある感じがする

ビジネスではどうだろうか

多くの場合
組織のトップがやらないことは
部下はやはりやらない

親が子にその姿勢を見せるのと同じように
組織を機能させていくためには
トップが姿勢を見せる必要がある

マネジャーは管理するだけではなく
率先して生きることが求められる

 - チームコーチング

  関連記事

子どもを育成するコーチングの考え方を受講して(その2) 〜PHPビジネスコーチ養成講座 マスタリーコース〜

<前の記事より> コーチングの前提(続き) 肉体的には親から生まれてきていても精 …

組織においてやりたい仕事をするためには②

前回からの続き(前回ブログ) やりたいことをやるために 前回のブログで挙げた、 …

好きこそものの上手なれ 〜白井健三に学ぶ〜

ようやく好きなだけ練習やれる環境に来れました。 高校まではいろいろな制限があった …

no image
マイケルチャンから学ぶ本来のゴールを示し続けるコーチのあり方

錦織圭が全米オープンでベスト4に進出したすばらしい快挙だし私もうれしい そして& …

アトラス設計&カイ設計 チームコーチング2期3回目 

本日はアトラス設計・カイ設計にてチームコーチングでした。 2期目をスタートして3 …

no image
傾聴はコーチングの始まり③

傾聴はコーチングのすべてにつながる 傾聴はコーチングにおけるすべての入り口だ。 …

no image
強いチームを創るエンロールの力② ~チームコーチングによる自発的組織変革~

『ビジョン実現に不可欠なエンロール』 “チームを創る”と …

コーチング応用講座を再受講してきた 株式会社アクト@松本

アクト@松本のコーチング講座 私がコーチングと出会ったのは2006年。 松本市に …

no image
DiSCでペーシング

前回のブログでは、 「ペーシング」についてお話をしました。 というわけで今日は、 …

Plug and Play 〜シリコンバレーツアー2017〜

Plug and Play 言い忘れたが…、 シリコンバレーツアー初日、 一番最 …