チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

PDCAサイクルは何が難しいのか??? ~チームコーチングで真のチームづくり~

      2015/02/03

PDCAサイクル

言わずと知れた、

Plan(計画)
Do(行動・実行)
Check(振り返り)
Action(改善行動・再発防止)

20150203_チームコーチング_PDCAサイクル_半谷知也photo credit: magia3e via photopin cc

何が難しいのか

トレーニングなどで質問すると、
この4つのステップの中では、
「PlanとCheckが苦手」
という意見が多い。

計画することそのものが難しいのではない。
計画にしても、振り返りにしても、難しいのは・・・

『時間を創ること』

「計画するくらいなら動かなきゃ」
「振り返りするくらいなら次の行動をしなきゃ」

なんで難しいのか?

これは古くからの習慣だったり、
会社の文化だったり、
上司の方針だったり、
原因はさまざま。

でも多くの人は恐ろしいほどに、
『Do→Do→Do→Do→・・・』
このサイクルを繰り返す。

『DoときどきPlanのふり』
こんな感じかもしれない。

強制的にプランと振り返りを

私のプランの方法をご紹介。
手帳はもう15年以上、フランクリンプランナーを使っている。

年間計画

毎年11月~12月に、1年以上のプランを見直す。
今年からは一人合宿を行う予定。
使うツールはマインドマップとエクセルのプランシート。

月間計画/マンスリープラン

年間計画を基に、マンスリープランを立てる。
毎月25日前後に、1時間以上の時間をつくる。

翌月の目標と計画・戦略、具体的な行動プランを立てるわけだ。

同時に1か月の振り返りを行う。
その中で、月末までに改善行動が必要であれば、それを行うわけです。

週次(ウィークリー)プラン

マンスリーの目標とプランを基に、週の予定を立てる。
基本的には日曜日。
週の予定は、プランナーに落とし込んでしまう。

日次(デイリー)プラン

ここでは1日の計画。
その日にすべきことが、ウィークリープランの他にあれば、それを加えて優先順位をつける。
前の晩か、その日の朝。使う時間は15分。1日の1%だ。この時間の中で、1日の振り返りも行う。

報告をする

より強制力を持たせるためには、そのプランと振り返りを報告するといい。
もちろん、協力者が必要となる。
しかし、新しい習慣をつくるためには、誰かの力を借りるといい。

身近な人間でもかまわない。
妻でも親でも、子どもでもいい。
むしろ子供の方が協力かもしれない。

子供に対して言ったことをやらないということは、あまりにもかっこ悪い。
子供に対して、
「言ったことやらなくていいんだ」
ということを学ばせてしまう。

オススメだ!

 - チームコーチング

  関連記事

no image
社名入りの封筒で顔を隠して通話する管理職世代サラリーマン

マナーを守ることルールと違い強制力のないマナーは自発的に律していく必要がありその …

Integrity Coaching 「突貫コーチング」vol.2

コーチングにおける理念体系 「理念」 というのは、微妙に解釈が異なるので、 「理 …

不満の原因は内側?外側?

いつでも微笑みを ♪ 何もかも思い通りになったとしても また次の不満を探してしま …

no image
折り合いをつけないチームコーチング

昨日PHPビジネスコーチ養成講座マスタリーコースを受講してさまざまなディスカッシ …

no image
DiSCでペーシング

前回のブログでは、 「ペーシング」についてお話をしました。 というわけで今日は、 …

組織のリーダーシップに欠かせないこと 〜コミュニケーションはリーダーシップVol.4〜

組織でリーダーシップを発揮するために必要なこと 「私はこの組織において、このこと …

no image
竹は節目をつけて上へ伸びる

私の大事な友人が福岡に転勤となった 近くにいると思っていたやつが突然遠くに行って …

チームをモチベートする目的の力

何のためにやるのか 何をするにも目的が明確な方がいい。 何のためにやるのか。 誰 …

新入社員研修 3カ月フォローアップ@アトラス設計

新入社員研修 フォローアップ 本日は、 チームコーチングを実施しているアトラス設 …

「スマホやめますか?それとも信大生やめますか?」

問いかけは人生に気づきと発見を促す。 だからコーチは楽しい。 コーチがどのような …