チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

まずはこれだけ!コーチングのスキル ~ラポール編~

   

コーチングのすべてを掌る(つかさどる)と言っても過言ではないラポール。
コーチングにおいて成果を生み出すための生命線だ。

20150125_チームコーチング_生命線_半谷知也photo credit: goodrob13 via photopin cc

コーチングにおけるラポール

rapport
セラピストとクライエントの間に、
相互を信頼し合い、安心して自由に振る舞ったり感情の交流を行える関係が
成立している状態を表す語として用いられる
(wikipediaより一部抜粋)

私は、
「ラポールを形成する」
「ラポールを築く」
「ラポールが切れる/切る」
といった使い方をする。

ラポールが形成されているということを一言で言ってしまえば、
相互の信頼関係が成立している状態である。

コーチングにおいては、
クライアントがコーチを信頼する度合い。
コーチがクライアントを信頼する度合い。

コーチの質問にクライアントが”本心から”答える状態ができているということ。
コーチは、クライアント自身が望む成果を創り出すための自由な質問を、
クライアントに投げることができる状態であるということ。

つまり、クライアントも、
「この人には何でも話ができるし、どんな質問にも答えるよ」
という状態だし、

コーチも、
「この人は望んでいる成果を創る人だ」
「この人には遠慮なく質問やフィードバックを投げることができる」
と心の底から信じている状態だ。

20150125_チームコーチング_ラポール_半谷知也photo credit: SCA Svenska Cellulosa Aktiebolaget via photopin cc

コーチングにおいて豊かなラポールを築くために

ラポールを築いていくためにはいろいろな要素がある。

コーチ自身が尊敬される生き方をしている。(あり方)
言行一致している。(あり方)
人としてのあり方がモデルになる。(あり方)
話をよく聴いてくれ理解してくれる。(傾聴)
適切なことを訊いてくれる。(質問)
クライアントの強みや長所を理解している。(存在承認)
してきた行動や生み出した結果を公平に認めてくれる。(行動承認/結果承認)
など

コーチ自身のあり方や技術を通じて、さまざまな場面で積み重ねていくものだ。
これは決して、コーチングをやっている時間だけのことではない。
コーチが日常を生きる中で積みあがるものもある。
だから、コーチングするときだけ良いかっこしようと思っても通用しない。

コーチングを進める上でラポールの形成は非常に重要なのだ。
コーチングにおけるすべての土台となる。

次回はラポールを形成するためのひとつの技術ペーシング&リーディングについてお伝えする。

関連記事

コーチングに”最低限”必要な心構え・知識・スキルって何だろう

 - コーチング, チームコーチング

  関連記事

no image
接客に必ず役に立つコーチングの技術

今日は有楽町のとある百貨店へ靴の修理が主な目的であったが同じフロアにお気に入りの …

積極的な傾聴 〜コミュニケーションスキル〜

リスニングでコミュニケーションスキルアップ 今日はリスニングに関するセミナーの実 …

no image
ソチ五輪ジャンプ団体 葛西紀明のリーダーシップ

葛西を含む日本のジャンプ陣がまたまた大仕事をやってのけた 団体で銅メダル 葛西選 …

no image
競争の健全性

昨日『競争と共創』に触れた 書きながら改めて健全な競争の重要さを感じたのだがじゃ …

まずはこれだけ!コーチングスキル ~ペーシング&リーディング編~

前回はラポールの形成はコーチングにおいて生命線だという話をした。 今回はラポール …

『出る杭は・・・』 ~チームコーチングに不可欠なリーダーシップ~

「出る杭は打たれる」 これは通説であり、 日本において生活する上では非常になじみ …

コーチング応用講座を再受講してきた 株式会社アクト@松本

アクト@松本のコーチング講座 私がコーチングと出会ったのは2006年。 松本市に …

”TEAM”は手段であり目的ではない

何のためのチームですか チームって何? なぜチームが必要なの? チームは何のため …

【告知】チームコーチングカンファレンス

チームコーチングカンファレンス2015 いよいよ来月に迫ったチームコーチングカン …

no image
行動基準を徹底的に生きる ~ディズニーリゾートの行動指針に学ぶ~

日経ビジネスのバックナンバーを見ていたらかなり古い記事に 「3.11でも変わらな …