チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

「走りながら考える」文化!?

   

今日はとある企業の研修

PDCAサイクルを回すことの重要性を
確認していたときのこと

PCAというのは
計画
分析
改善行動

の部分なので
止まる必要がある

この時間を創ることの重要性を伝えたところ
ひとつ質問が出た

「うちの会社は『走りながら考えろ』と言われるんです」
どうしたらいいか

とのことだった

なるほど
「走りながら考えろ」
効率的に時間を使っているようにも見える
しかし
現実的にはどうだろうか

これはもちろん個人の裁量もあるだろうが
私の場合は
テレビを見ながら掃除すらできない
歩きながら本や新聞を読むのもままならない
(女性は同時に複数のタスクをこなすのが得意みたいだが)

一般的にも
ながらスマホは
周りの状況が全く見えなくなる

車の運転中にナビでテレビを見ていると
思わぬ事故を引き起こす確率が上がるのは言うまでもない

普段は車で走っている道を歩いてみると
発見することはたくさんある

「こんな店あったんだ」
「こんな道あったんだ」
「ここには子供が住んでいるんだ」

このブログもそうだ
実際に研修をやっていたときには
表現できなかった事柄が
止まって振り返るからこそ
表現できることはたくさんある

走っているから見えるものがある
でも走っていると見えないものは
実はたくさんある

走りっぱなしは
意識も身体も疲れてしまう

しかしもちろん
考えすぎで動かないのもよくない

必要最小限の振り返りとプランの時間を
自分にプレゼントしてあげることが
成果への近道であると確信を持って言える

 - チームコーチング

  関連記事

トップオブコーチング PHP研究所

トップオブコーチング。 PHP研究所において、コーチング養成講座を卒業した人たち …

アサーティブコミュニケーション入門

アサーティブの辞書の意味 まずは辞書の意味から押さえてみましょう。 広辞苑でアサ …

no image
アサーティブコミュニケーション 〜自分と向き合う〜

アサーティブコミュニケーションは、 対話における「発信」の技術。 「何を伝えるの …

まずはこれだけ!コーチングスキル ~質問編~

今度は質問編。 なかなか難しかった・・・。 質問もいろいろな切り口がある。 コー …

事実と解釈の区別→新たな決断へ 〜コーチングで成果をつくる〜

昨日のブログでは、 「事実と解釈の区別が新たな決断を呼び起こす」 というテーマで …

アトラス設計次世代 チームコーチング初回の初日

本日よりチームコーチング。 アトラス設計の次世代を担う、 アラサー8人衆のチーム …

DiSC研修 in浜松町

本日は浜松町にて、とある大企業のDiSC研修。 DiSCについては、詳しくはこち …

no image
子どもに掛ける言葉の工夫 「片づけて」と「もどして」

朝の時間にゆとりがあるときはごちそうさんを見たあとにあさいちを観ながら1日のプラ …

傾聴力 〜心構え編

今日は大阪で「聴く力」に関するトレーニングを実施してきました。 photo cr …

チームコーチング@アトラス設計 初回の2日目

次世代チーム チームコーチング初回2日目 本日はアトラス設計にて、チームコーチン …