チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

聞くと聴く

   

コーチングやコミュニケーションに関するトレーニングでは
『傾聴』
というものを必ずテーマにする

その聴き方に関して
タイトルにある2つの漢字を比較しながら
説明することが多い

しかし
おそらく講師やトレーナーによって
説明の仕方はまちまちだろう


というのは門がまえに耳と書く
門を通り抜けていく
つまり聞き流しているような状態
あるいは
「耳に入ってくるなぁ」という状態

英語で言うと”hear”です


というのは耳へんに十四の心
つまりたくさん心をこめて聴きましょうね

なぁんて説明するのが一般的だし
私もそのように説明してきた

知った知識を
さらに探求することは
非常に重要なことだと改めて知ったのだが
それぞれの漢字のなりたちを調べると
より深い意味にたどり着くことができる


門がまえというのは
戸が2枚の状態を表している
扉の隙間から入ってくる声や音
つまり耳に入ってくる状態

正確には

と書く
耳の下にある
壬という字

これは人が天に向かって耳を傾けている
つまり天(神)の声を聴いている状態
右側の字は
四ではなく
目が横になった状態

つまり合わせると



という感じを表すとのこと
(詳しくはこちら⇒教えてgoo

天の声を聴くがごとく
真心(素直な心)を持って耳を傾ける様
とのこと

なるほど
本当の意味を探求し理解することは
非常に重要なことだと
改めて感じました

得た情報は
鵜呑みにするのではなく
更なる探求をしないと
思わぬ恥をかいていることがあるようです

気づけばいいですが…

 - チームコーチング

  関連記事

no image
NLP再受講in大阪

本日ははるばる大阪までNLPの学習 目的はNLPの知識とスキルのブラッシュアップ …

まずはこれだけ!コーチングのスキル① ~傾聴編その一~

コーチングをするにあたり、コーチとしてのあり方とスキルをたくさん学んできた。 あ …

変革に必ずやってくる”トランジション”

トランジションとは transition 1.移り変わり、推移、変遷、移行 2. …

アトラスグループ チームコーチング 2nd_Season 完了セッション

チームコーチングで目標達成! 去年の7月よりおよそ1年間、サポートさせていただい …

〜会議の枠組みづくり② 〜ファシリテーションの基本

さて昨日の続きです。 (昨日のブログはこちら) 枠組みづくりについて、具体的にご …

チームには解散が必要だ 〜チームコーチング〜

永遠につづくチームはない チームは必ず、結成のタイミングがある。 そして、結成の …

新入社員研修 3カ月フォローアップ@アトラス設計

新入社員研修 フォローアップ 本日は、 チームコーチングを実施しているアトラス設 …

no image
嫌われ役は組織に必要か?

嫌われ役が必要だという勘違い 「誰かが嫌われ役になる必要があるんだ」 「きついこ …

no image
スキージャンプ葛西紀明の41歳の挑戦 ~チームコーチングによる組織変革~

ジャンプの葛西選手がおよそ10年ぶりにW杯を制覇 41歳 やり続ける男の素晴らし …

no image
理解をつくる粘り強い対話①

「どうやればうまくいきますか?」 「どうやったらこんな上司とのコミュニケーション …