チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

コーチングのいろは ~ゴール(目標)を明確にするSMARTモデル③~

      2015/01/21

目標設定のためのものさし、SMARTモデル。
残すところあと2つ。
RelevantとTime phase

Relevantとは

Relevant
1.関連した
2.適切な、妥当な
3.実際的な価値[意義]のある
(WISDOM英和辞典より)

つまり・・・、
サッカーするのに野球の目標立てないということ。
会社の方向性やビジョン、提供価値に関係のない目標を立てないということ。
1議員が政党の公約に反するような公約を立てないこと。
仕事の目標を立てなければならない場面で、趣味の目標を立てないこと。
自部署や与えられているミッションを差し置いて、
自分のやりたい仕事や興味に関する目標を立てないということ。

より長期の目標やビジョンに沿っている。
あるいは所属する組織の目標や方向性と合致している。
一貫性を保っているということ。

Time Phaseとは

20150117_Time2_コーチング_チームコーチング_半谷photo credit: Damian Gadal via photopin cc

これはもはや言うまでもないだろう。
時間に関する制限を設けるということ。
あるいは時間に関する決め事をするということ。

もちろん明確である必要がある。
できる限り厳密にしたらいい。

「年内には」
「来週中には」
「3年後くらい」

年内のいつが可能なのか。
来週中ではなく、本当は来週のどこが望ましいのか。
3年後って・・・。

人はどうしてもざっくりと期限を決めたがる。
期限はストレスやプレッシャーになるから。
なんとなくふんわりさせておきたいものだ。
私もそうだ。

でも、本当にビジョンをできるだけ早くに実現するために。
あるいは生きているうちにより大きな成果を上げるために。
できるだけ多くの人に貢献するために。

この限りなく厳密な目標設定に強くなる必要がある。
プレッシャーやストレス耐性を上げる必要がある。

継続する行動のTimeって?

中には、期限を切るのではなく、やり続ける目標もあるはずだ。

  • 資格取得のための勉強
  • 健康維持のためのストレッチや運動
  • 家事に関すること
  • 早寝早起きなどの習慣に関すること

これらは『いつまでに』ということではなく、
タイミングやスパンを決めることになる。
毎日どのくらいやるのか。
週や月にどのくらいやるのか。

例えば、
英語の学習を毎日30分はやる
(↑ちなみに内容は少し曖昧だけど例えなので許して・・・)
週に3回はジムに通う。
週に3回は24:00までに就寝する。
月に30時間は資格取得のための勉強をする。
など

やり続ける行動の内容に関して、時間の基準をどこにするのか。
その中でどのくらいの時間や回数を掛けるのか。
明確にすることだ。

達成せざるを得ない目標設定

目標や単発で成り立つことはあまりない。
目標を達成するためには、さらに具体的な目標やプランを立てなければならないからだ。
だから、目標を組み合わせることは、目標達成のためには欠かせない。

さて、『達成せざるを得ない目標設定』
コツは2つ。

追い込むための目標設定

これは今年の私の目標だが、健康維持と体重管理のために走ることにした。
練習メニューを1月中に創るという目標を年初に持った。

しかし、ただ走るというのはモチベーションが掛からないことも知っている。
自分のことなので・・・。

というわけで、こんな目標を立てた。

『ホノルルマラソン完走!』

こうすることで、否が応でもトレーニングをせざるを得ない。
どうしようもなくリミットが迫ってくる。

 

ここまで3回にわたってSMARTモデルの概要をお伝えした。
どのようなものかはわかってもらえただろうか。

このモデルは”正しい”モデルではなく、あくまでもものさし。
そして目標設定のための物差しとなるものは他にもある。
自分でいろいろと試してみて、
クライアントにとって役に立つものを選択すればいい。

せっかく目標設定に関することをお伝えしたので、ついでに・・・、
次回は目標を達成するための重要なポイントを3つご紹介する。

関連記事

コーチングに”最低限”必要な心構え・知識・スキルって何だろう
コーチングの基本的な進め方 ~GROWモデル~

コーチングのいろは ~ゴール/目標を明確にするSMARTモデル①~
コーチングのいろは ~ゴール/目標を明確にするSMARTモデル②~
コーチングのいろは ~ゴール/目標を明確にするSMARTモデル③~
コーチングで目標を達成させる3つのポイント① ~ものさしの併用~
コーチングで目標を達成させる3つのポイント② ~人を巻き込む(エンロール)~
コーチングで目標を達成させる3つのポイント③ ~エコロジーチェック~

 - コーチング, チームコーチング

  関連記事

目標とノルマの違いをみんなは語れるのか?

目標とノルマ 『この2つの言葉の違いがあるとしたら何?』 さて何だろうか? 今日 …

no image
PDCAサイクルを確実に回すチームコーチング

PDCAサイクル PDCAサイクルをしっかり回すことができれば、 ビジネスマンと …

アトラスグループ チームコーチングⅡ期セッション2

本日はアトラスグループにおけるチームコーチング。 2期目のセッション2だ。 チー …

組織内の遠慮をなくすために絶対にやらなければならない最初のこと

組織に遠慮はつきもの さて、前回の記事でパワーネットフィールドの、 チームコーチ …

Integrity Coaching 「突貫コーチング」vol.1

コーチングは使える! コーチングというものは、 非常に有効なコミュニケーションの …

やる気を引き出すコーチングの力

気合で出すやる気には限界がある 「やる気を出せ」 これは多くの人が言われたことの …

no image
私の世界と息子の世界は違う ~コミュニケーションの基本~

「ここに信号ができたんだね~」と5歳の息子 通う保育園のほど近くにある交差ここに …

no image
「ちゃんと聴く」2つの心構え 〜コーチングの基礎〜

日本にいれば誰でも知っている、 とある企業から定期的にコミュニケーションの講座を …

オープンクエスチョンとクローズドクエスチョン 〜コーチングを簡単に実践する〜

コーチングのスキル コーチングの「スキル」と呼ばれているものはいろいろとある。 …

チームコーチング体験談 ~小林創建常務インタビュー~

小林創建の復活劇は、この握手から始まった。 が社長と常務が私の目の前で堅い握手を …