チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

コーチングの基本的な進め方 ~GROWモデル~

      2015/01/21

今日は超代表的なコーチングの進め方、GROWモデルをご紹介。

モデルの重要性

コーチングを進めるモデルはたくさんある。
モデルとは、言わば“型”のようなもの。
コーチの中には、「モデルなんてどうでもいい」なんて言う人もいる。
これは、モデルにしたがって散々コーチングをした人が言うセリフ。
モデルは非常に重要だ。

モデルは、コーチが、
どのような流れで行えばいいのかを教えてくれる。
今クライアントや部下が何を話しているのかを教えてくれる。
モデルにしたがって、クライアントの状況を実にコンパクトに整理してくれる。

料理も手順があったほうがいい。
材料がすべてそろっている。
じゃあ、すべてを放り込めばうまい料理ができるか・・・。
決してそういうわけではないのである。

味噌汁は、だしをとって具を入れて最後に味噌。
ショートケーキは、スポンジとホイップクリームは別につくる。

GROWモデルとは

次の単語の頭文字を取って”GROW”としている。

G:Goal
R:Reality
O:Options
W:Will

Goalとは

ここで言うゴールとは、具体的な目標のことだ。
何をいつまでにどのくらいやるのか。
ゴールしたイメージが具体的に示されている必要がある。
達成の基準でもある。

マラソンであれば、
「42.195キロをいつのどの大会で、何時間で走る」
例えばこれが目標。

20150114_マラソン_コーチング_チームコーチング_半谷
photo credit: infomatique via photopin cc

「2015年のペナントレースは必ずリーグ優勝する」
「今年のアジアカップは必ず優勝する」

スポーツばかりになってしまった…。

今期の売り上げは…。
利益は…。
新規顧客獲得数は…。

やり遂げたかどうかを測る基準が、GROWモデルにおけるゴールだ。

部下を育成する。
モチベーションのアップ。
職場の雰囲気を良くする。

こういうのは悪くないが、目標としてはアウト。
何をもって「育成」されたと言えるのか。
何をもってモチベーションが上がったと判断するのか。
雰囲気が良くなったって何を基準に言うのか。

これらが示されなければならない。

「なんとなくよくなったよね」
ではダメなのだ。

Realityとは

現状のこと。
今どのようになっているのか。
どんな状態なのか。

マラソンで言えば…、
今のタイムは?
どのような練習をしているのか。

なのだが、

このようなことも含め、あらゆる目標に向けての・・・、

  • 現在地はどこなのか。
  • うまくいっていることは何か。
  • 課題や障害は何か。
  • 強みや長所は何か。
  • 克服すべき弱みは何か。
  • あるものは何か。
  • ないものは何か。
  • 協力者は誰か。
  • 活かせる環境はどのようなものがあるか。
  • 使える技術や道具は。
  • 持っている能力やスキルは。・・・

などなど。

Optionsとは

現状を踏まえて生み出すことのできる、あらゆる選択肢のこと。
ここでは可能か不可能かは置いておいて、とりあえず思いつくものをたくさん挙げる。

マラソンであれば・・・
トレーニングのメニューを作り直す。
憧れの小出監督や高橋Qちゃんに会いに行く。
食事に関する工夫を凝らす。

など、現状から目標に向けて、やれば前進するであろうことを、
限られた時間の中で可能な限り、とにかくたくさん挙げてみる。

内容は、具体的かつ肯定的なものでなければならない。

※ちなみに、ここに”Resource”を用いるGROWの考え方もある。
“資源”ということだ。
私の場合は、Realityに含めている。
ややこしいし、あらゆるResourceは現状に含まれると考えているからだ。

Willとは

意志であり決意である。

目標に向けて挙げた選択肢の中から、実際にやることを決定する。
重要な基準に沿って、優先順位を付けたうえで、適切に決める。

あれもこれもというのは決意にならない。
オーバーフローしては元も子もない。
決めたことはやり遂げなければ意味がないのだ。

目標達成を確実に手繰り寄せるための第一歩。
決めるときは大胆かつ慎重に。

確実にできる範囲だけの決意も面白くない。
成長がないからだ。

だから、ちょっと背伸び、あるいはジャンプして届くようなものがいい。

ゴールと現状が明確になればコーチングは9割終わり

ゴールと現状。
これを明確にできない人はあまりにも多い。
走っているとわからなくなるものなのだ。
普段車で走っていたり、電車に乗っていたりしながら眺める風景も、
歩いてみるとさまざまな発見があったり、思わぬ道やお店と出会ったりするのと同じ感覚だろうか。

あるいは、自分で考えているとぐるぐる回ってしまう思考も、
人に質問されたり、人に話したりしていると、ぐるぐるから抜け出せることがある。

カーナビも、ゴールと現状を指示し続ける。だからゴールにたどり着く。

たいていの人は、この2つがあいまいだ。
あいまいなゴールとあいまいな現状。どうやってたどり着くのか。

ゴルフに例えてみても面白い。
ゴルフはティーグラウンドとカップ(旗)があるからゲームになる。

20150114_ゴルフ_コーチング_チームコーチング_半谷
photo credit: danperry.com via photopin cc

カップはあの辺。ボールがある位置はだいたいあの辺。
・・・
いったい一ラウンド回るのにどれだけ時間が掛かるのだろうか。

最短で目標達成するための最も重要なコツ。
それが、ゴールと現状の明確化。

なんだそんなことか。
そう、そんなことがなかなかできないのです。

以上がGROWモデルのご説明。
このモデルをちゃんと使いこなすことができれば、
7~8割のテーマは見事にコーチングすることができるはず。

れっつとらい!

関連記事

コーチングに”最低限”必要な心構え・知識・スキルって何だろう
コーチングの基本的な進め方 ~GROWモデル~

コーチングのいろは ~ゴール/目標を明確にするSMARTモデル①~
コーチングのいろは ~ゴール/目標を明確にするSMARTモデル②~
コーチングのいろは ~ゴール/目標を明確にするSMARTモデル③~
コーチングで目標を達成させる3つのポイント① ~ものさしの併用~
コーチングで目標を達成させる3つのポイント② ~人を巻き込む(エンロール)~
コーチングで目標を達成させる3つのポイント③ ~エコロジーチェック~

 

 - コーチング, チームコーチング

  関連記事

チームに欠かすことのできないリーダーシップ育成

リーダーシップは、個を発揮すること。 その個性によって、その人だからこそ可能とな …

「2017年の目標を3連休で」のススメ

一年の計は元旦にあり 「一年の計は元旦にあり」 なぁんて言葉がありますが、 36 …

no image
携帯電話への前提の相違が生み出す人間関係の歪

携帯電話ひとり一台時代 私が携帯電話を初めて手にしたのは、今から20年前のこと。 …

no image
なんとも嬉しいチームコーチングの成果 ユニオンランチ@富山

チームコーチングの成果 去年チームコーチングを導入していただいた、 富山のお弁当 …

組織においてやりたい仕事をするためには②

前回からの続き(前回ブログ) やりたいことをやるために 前回のブログで挙げた、 …

no image
「こんな僕ですけど、やってもいいですか?」 ~ボクシング八重樫選手のコメント~

八重樫東選手がフライ級タイトルマッチに臨み3度目の防衛を果たした そのインタビュ …

チームコーチングカンファレンス2016

チームコーチングカンファレンス2016 今年も開催されます、チームコーチングカン …

no image
絵本を書いて親友を救う ~世界を変えるTV~

何気なく見ていた世界を変えるTV ある6歳の少年が「病気の親友を救いたい」という …

no image
行動基準を徹底的に生きる ~ディズニーリゾートの行動指針に学ぶ~

日経ビジネスのバックナンバーを見ていたらかなり古い記事に 「3.11でも変わらな …

自己表現文化の醸成②「文化形成のコツ」 〜コミュニケーションの基本〜

さて、前回(↓)からの続きである。 自己表現文化の醸成①「自己表現までのプロセス …