チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

コーチはモデルとして存在していなければならない

   

コーチやコンサルタント
あるいは先生

人を指導するような立場になると
つい自分がおろそかになることが
往々にしてありうる

昨日も紹介したが
プルシェンコさん

本田望結へのコーチングの中で
相手が9歳であっても
本気でフィードバックをしているのが
とても印象的であった

相手の成長のためには
厳しいことも言う必要がある

それが何歳であろうと
重要なことだ

そしてこれはスポーツの世界ではなく
ビジネスの世界であろうと
学校であろうと
それは同じ

重要なことは
・コーチが尊敬される存在であること
・クライアントが成長を望んでいること

この2つが欠かせない

コーチが尊敬される存在であるというのは
さまざまな要素があると思うが
わかりやすいのは主に2つ

①プレイヤーとしての実績があるか
個人的にはあまり重要なエッセンスではないと思うが
どうしても人はここを観て判断を下す
だから仮にコーチとしてはたいしたことなくても
クライアントはハートの眼差しでコーチを観る

②コーチとしての実績があるか
これはもちろんわかりやすく重要である

以上2点は過去のこと

そして

③今を生きているか
つまり現時点でモデルとなりうる存在として
生きているかということだ

それは技術的なことなのか
人間的なことなのか
なんでも構わない

つまり現時点で
「この人の話は聴いてみたい!」
「聴く必要がある」
と思われるような存在であるかということ

プルシェンコは
『皇帝』
という印象で
どちらかというと冷徹なイメージがあったが
決してそんなことはなかった

温かいところと
言うべきところは言う

それを兼ね備えた
素晴らしい人格の持ち主に
少なくともテレビの中では見えた

コーチは
今を生きていなければならない

 - チームコーチング

  関連記事

無意識で行われるコミュニケーション

慣れ親しんでいるコミュニケーション 私たちは日頃、当たり前にコミュニケーションを …

チームコーチングって何なのか? ~小林創建のチームコーチングから~

小林創建のチームコーチングを振り返る中で、 改めてチームコーチングってどういう機 …

ソフトバンク日本一に観る工藤監督のマネジメント

ソフトバンク日本一 ソフトバンクホークスが日本一に輝いた。 工藤監督は就任一年目 …

no image
個人事業主スタート1周年

独立してはや1年が過ぎました 『独立』っていろいろな考え方があると思うのですが個 …

モチベーションを育てる”承認”の力

人は自然に不足や欠点を探す 「正常な状態」というのが、ひとつの大きな物差しとなる …

まずはこれだけ!コーチングスキル ~ペーシング&リーディング編~

前回はラポールの形成はコーチングにおいて生命線だという話をした。 今回はラポール …

腑に落ちる ~小林創建チームコーチング体験談より~

昨日、小林創建の社長と常務に、 チームコーチング実施の体験談インタビューをしてき …

コーチングのいろは ~ゴール(目標)を明確にするSMARTモデル③~

目標設定のためのものさし、SMARTモデル。 残すところあと2つ。 Releva …

大きな成果を手にするために

ハイリスクハイリターン より大きな成果を手にするためには、 より大きなリスクを覚 …

集団を強くするには適切なプロセスが不可欠 ~チームコーチングの実践~

集まっただけでチームであるという錯覚 世の中にはさまざまな集団がある。 ビジネス …