チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

コーチはモデルとして存在していなければならない

   

コーチやコンサルタント
あるいは先生

人を指導するような立場になると
つい自分がおろそかになることが
往々にしてありうる

昨日も紹介したが
プルシェンコさん

本田望結へのコーチングの中で
相手が9歳であっても
本気でフィードバックをしているのが
とても印象的であった

相手の成長のためには
厳しいことも言う必要がある

それが何歳であろうと
重要なことだ

そしてこれはスポーツの世界ではなく
ビジネスの世界であろうと
学校であろうと
それは同じ

重要なことは
・コーチが尊敬される存在であること
・クライアントが成長を望んでいること

この2つが欠かせない

コーチが尊敬される存在であるというのは
さまざまな要素があると思うが
わかりやすいのは主に2つ

①プレイヤーとしての実績があるか
個人的にはあまり重要なエッセンスではないと思うが
どうしても人はここを観て判断を下す
だから仮にコーチとしてはたいしたことなくても
クライアントはハートの眼差しでコーチを観る

②コーチとしての実績があるか
これはもちろんわかりやすく重要である

以上2点は過去のこと

そして

③今を生きているか
つまり現時点でモデルとなりうる存在として
生きているかということだ

それは技術的なことなのか
人間的なことなのか
なんでも構わない

つまり現時点で
「この人の話は聴いてみたい!」
「聴く必要がある」
と思われるような存在であるかということ

プルシェンコは
『皇帝』
という印象で
どちらかというと冷徹なイメージがあったが
決してそんなことはなかった

温かいところと
言うべきところは言う

それを兼ね備えた
素晴らしい人格の持ち主に
少なくともテレビの中では見えた

コーチは
今を生きていなければならない

 - チームコーチング

  関連記事

写真館のチームコーチング@内藤城・松本

本日は松本の写真館、内藤城にて、7回目のチームコーチング。 組織としての方向性を …

no image
新入社員の挑戦

昨日今日と某企業の新入社員研修 実に個性豊かで有望な10名の育成に携わることがで …

no image
NLP再受講in大阪

本日ははるばる大阪までNLPの学習 目的はNLPの知識とスキルのブラッシュアップ …

no image
ザックジャパンに見るチームづくりの主要素&プロセス ~チームへのコーチングの挑戦~

日本vsベルギー試合の結果は3対2 FIFAランク8位の強豪に対し素晴らしい勝利 …

no image
コーチングレポート|9月号

今月のテーマは”ラポール”について。 ラポールとは簡単に …

傾聴はコーチングの始まり②

というわけで、 前回ブログからの続きでございます。 やっぱりコーチングは、 傾聴 …

『弱者勝利のビジネスセミナー』in大阪

本日は大阪にて講演をさせていただきました。 テーマは『弱者勝利のビジネスセミナー …

〜会議の枠組みづくり② 〜ファシリテーションの基本

さて昨日の続きです。 (昨日のブログはこちら) 枠組みづくりについて、具体的にご …

大阪都構想の説明は不足していたのか?

大阪市民の審判が下った。 わずか1万票の差で、大阪都構想は否決となった。 橋下市 …

no image
チームは手段であり目的ではない

半谷です。こんばんは。 今日は組織とその目的のお話。 組織を支援する時に、 その …