チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

コーチはモデルとして存在していなければならない

   

コーチやコンサルタント
あるいは先生

人を指導するような立場になると
つい自分がおろそかになることが
往々にしてありうる

昨日も紹介したが
プルシェンコさん

本田望結へのコーチングの中で
相手が9歳であっても
本気でフィードバックをしているのが
とても印象的であった

相手の成長のためには
厳しいことも言う必要がある

それが何歳であろうと
重要なことだ

そしてこれはスポーツの世界ではなく
ビジネスの世界であろうと
学校であろうと
それは同じ

重要なことは
・コーチが尊敬される存在であること
・クライアントが成長を望んでいること

この2つが欠かせない

コーチが尊敬される存在であるというのは
さまざまな要素があると思うが
わかりやすいのは主に2つ

①プレイヤーとしての実績があるか
個人的にはあまり重要なエッセンスではないと思うが
どうしても人はここを観て判断を下す
だから仮にコーチとしてはたいしたことなくても
クライアントはハートの眼差しでコーチを観る

②コーチとしての実績があるか
これはもちろんわかりやすく重要である

以上2点は過去のこと

そして

③今を生きているか
つまり現時点でモデルとなりうる存在として
生きているかということだ

それは技術的なことなのか
人間的なことなのか
なんでも構わない

つまり現時点で
「この人の話は聴いてみたい!」
「聴く必要がある」
と思われるような存在であるかということ

プルシェンコは
『皇帝』
という印象で
どちらかというと冷徹なイメージがあったが
決してそんなことはなかった

温かいところと
言うべきところは言う

それを兼ね備えた
素晴らしい人格の持ち主に
少なくともテレビの中では見えた

コーチは
今を生きていなければならない

 - チームコーチング

  関連記事

絆を深めるパパママインタビュー 〜心構え編〜

パパママインタビュー 過去編 パパとママのこと。 何を知りたいだろうか。 知りた …

ミッションとはなんぞや ~チームコーチングで真のチームづくり~

組織が方向性を合わせる。 方向性とは何ぞや??? 要素としてはいろいろあるが、あ …

アサーティブコミュニケーション 〜発信の技術〜

本日は大阪で、 アサーティブコミュニケーションのトレーニングをやってきました。 …

no image
強いチームを創るエンロールの力① ~チームコーチングによる自発的組織変革~

①『エンロールとは』 『エンロール』 日本では聴きなれない言葉であるが私は28歳 …

子どもを育成するコーチングの考え方を受講して(その3) 〜PHPビジネスコーチ養成講座 マスタリーコース〜

情熱大陸・葛西紀明 スキージャンプの葛西紀明が大好きだ。 彼のストイックさには頭 …

組織内の遠慮をなくすために絶対にやらなければならない最初のこと

組織に遠慮はつきもの さて、前回の記事でパワーネットフィールドの、 チームコーチ …

no image
誤解を招くニュースの見出し②

「神戸で足場が崩れた」 かなり話題になったニュース 昨日友人と食事をしていたのだ …

セミ取り名人に学ぶリーダーシップのひとつのあり方

コーチング講座収録 ~あり得ないところにセミ~ 先月のある日、 コーチング講座を …

no image
弊社の意味は?

日ごろ無意識に使っている言葉その意味をちゃんと調べてみるとなかなか面白いことがあ …

比較の論理

比較の人生 人は一杯比較される。 子供の頃か否応なくたくさん。 兄弟の比較が、兄 …