チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

競争は大事だ

   

win-win
保育園や幼稚園のお遊戯では、桃太郎が10人以上も登場する時代。
モンスターペアレンツの登場。
男女平等。
みんな平等。

20150108_競争の大切さ2_チームコーチング_半谷

運動会では徒競走で走った数人が手をつないでゴールテープを切る
なぁんてこともあるらしい。

これには正直驚いた。
世も末だと思った。

20150108_競争の大切さ_チームコーチング_半谷
人から与えられた1位は何の意味もない。人が主役を与えられるのは意味があるのだ。
人が”木”の役をやるのは意味があるのだ。
桃太郎は勝ち取ってこそ意味がある。
鼓笛隊の指揮者はやりたい人が本気でじゃんけんをするのだ。

win-win
言わずと知れた「勝ち」と「勝ち」の関係。
共同創造。
略して共創。

共創は大事だ。
しかしこの代償に人は競争を手放す。
みんなが勝つ社会。
だとしたら競争なんてなくていい。

勘違いしてはいけない。
どっちも大事だ。
場面に応じてちゃんと使い分けなければならない。

錦織圭が競争しなかったらどうなっていただろうか。
本田圭佑が競争していなかったら、そもそも日本代表に選ばれているだろうか。
蓮舫は言った。
「2番じゃダメなんですか?」
2番を目指して1番になったものがいるだろうか?
(じゃあなんで民主党は1番(与党)を目指したのだろうか?)

観方を変えれば、1番を目指しているから2番になれるのだ。
最初から2番を目指している人間は、決して2番にはなれない。

競争が人を強くする。
競争から共創へ。

必要な場面において共創を本気で勝ち抜いた人間は、真の共創ができる。

一方で、戦う必要のないところで戦っている人もたくさんいる。

競争に勝ち、真の共創をしていくこと。
この2つのきょうそうはしっかりと区別しなければならない。
そして、両方とも大切なことなのだと認識する必要がある。

 - チームコーチング

  関連記事

no image
アサーティブ・コミュニケーション

今年はもうちょっと真面目にブログに取り組もうと、 心新たに決めたわけですが、 始 …

no image
新入社員研修から一週間

先日新入社員研修をやらせていただいた会社に立ち寄ってみた まだ一週間しか経ってい …

積極的な傾聴 〜コミュニケーションスキル〜

リスニングでコミュニケーションスキルアップ 今日はリスニングに関するセミナーの実 …

素敵な成果をつくる『BE→DO→HAVE』の法則 ~チームコーチングで真のチームづくり~

コーチングは成果をつくるお手伝い。 モチベーションアップだけが仕事ではない。 成 …

no image
人間万事塞翁が馬 ~チームへのコーチング(プロセスとコンテキストから動かす)~

人間万事塞翁が馬↓この言葉の意味はこちらへ人間万事塞翁が馬 馬がいなくなると悲し …

コーチングに”最低限”必要な心構え・知識・スキルって何だろう

コーチングはテクニックだけではどうにもならないことがある コーチに必要なこと、求 …

no image
二兎を本気で追う者は二兎を得る

最近日経ビジネスの広告でこんなフレーズがあった 『二兎を追う者だけが二兎を得る』 …

2013 チームコーチング・カンファレンス ~経営陣を一枚岩に~

チームコーチングカンファレンスが開催された。素晴らしい内容だった。 もちろんすべ …

成果を生み出すセルフコミュニケーション

自分は自分とどういう会話をしているか とある組織のコーチングにて・・・。 「一生 …

no image
エンロール(人を巻き込むリーダーシップ) ~チームへのコーチングの挑戦~

エンロールという言葉に出会ったのは28歳のときだった enroll もちろん文脈 …