チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

競争は大事だ

   

win-win
保育園や幼稚園のお遊戯では、桃太郎が10人以上も登場する時代。
モンスターペアレンツの登場。
男女平等。
みんな平等。

20150108_競争の大切さ2_チームコーチング_半谷

運動会では徒競走で走った数人が手をつないでゴールテープを切る
なぁんてこともあるらしい。

これには正直驚いた。
世も末だと思った。

20150108_競争の大切さ_チームコーチング_半谷
人から与えられた1位は何の意味もない。人が主役を与えられるのは意味があるのだ。
人が”木”の役をやるのは意味があるのだ。
桃太郎は勝ち取ってこそ意味がある。
鼓笛隊の指揮者はやりたい人が本気でじゃんけんをするのだ。

win-win
言わずと知れた「勝ち」と「勝ち」の関係。
共同創造。
略して共創。

共創は大事だ。
しかしこの代償に人は競争を手放す。
みんなが勝つ社会。
だとしたら競争なんてなくていい。

勘違いしてはいけない。
どっちも大事だ。
場面に応じてちゃんと使い分けなければならない。

錦織圭が競争しなかったらどうなっていただろうか。
本田圭佑が競争していなかったら、そもそも日本代表に選ばれているだろうか。
蓮舫は言った。
「2番じゃダメなんですか?」
2番を目指して1番になったものがいるだろうか?
(じゃあなんで民主党は1番(与党)を目指したのだろうか?)

観方を変えれば、1番を目指しているから2番になれるのだ。
最初から2番を目指している人間は、決して2番にはなれない。

競争が人を強くする。
競争から共創へ。

必要な場面において共創を本気で勝ち抜いた人間は、真の共創ができる。

一方で、戦う必要のないところで戦っている人もたくさんいる。

競争に勝ち、真の共創をしていくこと。
この2つのきょうそうはしっかりと区別しなければならない。
そして、両方とも大切なことなのだと認識する必要がある。

 - チームコーチング

  関連記事

no image
INVICTUS(インビクタス)  ~チームへのコーチングの挑戦~

念願の… INVICTUS 名画だと 前の会社の社長が教えてくれて …

no image
組織の目標に主体性をもたせる4つのポイントvol.1 〜コーチングの力〜

コーチング研修でよくある質問 私のコーチング研修では、 受講生からたくさんの質問 …

no image
強いチームを創るエンロールの力② ~チームコーチングによる自発的組織変革~

『ビジョン実現に不可欠なエンロール』 “チームを創る”と …

no image
志士仁人とは ~リーダーシップをどのようにとるのか~

『子曰、志士仁人无求生以害仁有杀身以成仁。』 孔子さんが言った。『高い志を持ち人 …

コーチングのいろは ~ゴール(目標)を明確にするSMARTモデル②~

さて、SMARTモデルの続き。 昨日のブログではSpecific(具体的であるこ …

仕事の勉強会 ~ファシリテーション編~

本日は仕事の勉強会。 松本にて。 1か月に1度のビジネスマンのための勉強会は、 …

新入社員研修 3カ月フォローアップ@アトラス設計

新入社員研修 フォローアップ 本日は、 チームコーチングを実施しているアトラス設 …

2013 チームコーチング・カンファレンス ~経営陣を一枚岩に~

チームコーチングカンファレンスが開催された。素晴らしい内容だった。 もちろんすべ …

『チームコーチングの実践と可能性』について講演してきました!

本日は国を代表するような千葉県の地域総合病院にて、 コーチングとチームコーチング …

組織のベクトル合わせ 〜チームコーチング事例 阿部フォトグラフィー1-6〜

組織のベクトルをあわせる チームの使命を明らかにした6名のチームが、 次に取り組 …