チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

新・山の神登場 ~2015年箱根駅伝往路~

      2015/01/03

毎年恒例の箱根駅伝。
子供の頃は、父親がなぜ駅伝を見るのか不思議でたまらなかった。
「何が面白いんだろうか・・・」と。

しかし大学に入学して母校が出場していたというのもあり、
今では毎年の箱根駅伝が非常に楽しみだ。

そして今年の往路、山登り。
またニューヒーローが誕生した。
20150102_箱根駅伝往路__青山学院_神野_チームコーチング_半谷
青山学院大学の神野大地選手。
164cm,43kg。
体重が非常に軽い。
「53kgの選手だとしたら、10kgのダンベルを担いで走っているようなもの」
これはたしかに非常に有利だろう。

東洋大の柏原現れ、区間記録を更新した時には、この記録は破られないのではと思った。
しかし今回のことで、記録は破られるものと改めて実感。

1968年メキシコオリンピックでジムハインズ(米国)が人類初の9秒台をマークした時もおそらく、
「この記録は破られないのでは」という憶測があったのではないだろうか。
誰が、9秒58というタイムを出すということを想像しただろうか。

新たな記録が出た場合、思考は大きく2つに分かれる。

「こんな記録は破れない」
「人はこんな記録で走れるんだ」

つまり限界になる人と、可能性になる人に分かれる。

優れたアスリートは、すべてを可能性につなげる。
「人という生き物は、10秒を切ることができる。ならば私にもできるはずだ」

これも一つの相乗効果だろう。

ビジネスにおいても同じような進歩がある。
他の人が創り出した最高のものをさらに自分が最高のものにしていく。
この意識が、人類全体の進化や技術の進歩を生み出してきている。

私自身も、先人が創り出してきた最高を更新できる人間でありたい。

 - チームコーチング

  関連記事

no image
人間万事塞翁が馬 ~チームへのコーチング(プロセスとコンテキストから動かす)~

人間万事塞翁が馬↓この言葉の意味はこちらへ人間万事塞翁が馬 馬がいなくなると悲し …

米中と日の大きな違い ~アサーティブコミュニケーションより~

今日はアサーティブコミュニケーションの講座。 時として、いろいろな国籍が混じる。 …

ハリルジャパンのほろにが発進 ~共有すべきチームの目的は~

ハリルジャパンがなかなか厳しいスタートを切った。 東アジアカップ最下位。 連覇を …

no image
「こんな僕ですけど、やってもいいですか?」 ~ボクシング八重樫選手のコメント~

八重樫東選手がフライ級タイトルマッチに臨み3度目の防衛を果たした そのインタビュ …

ハロウィンと目的

定着しつつある日本のハロウィン 今年も各地で賑わった。 さまざまな形でのイベント …

チームをモチベートする目的の力

何のためにやるのか 何をするにも目的が明確な方がいい。 何のためにやるのか。 誰 …

no image
アサーティブコミュニケーション 〜自分と向き合う〜

アサーティブコミュニケーションは、 対話における「発信」の技術。 「何を伝えるの …

価値観の統合① 〜チームコーチング事例 阿部フォトグラフィー1-7〜

組織の中の組織 「会社」という単位は、 組織におけるひとつの大きな枠組みと言える …

no image
PINK SHIRT DAY ~世界を変えるTV~

『世界を変えるTV』part2 PINK SHIRT DAY というものをご存じ …

コーチング勉強会@市ヶ谷キャンバス ~チームコーチングで真のチームを!

本日はコーチング勉強会に参加する機会をいただいた。 チームコーチングをやる上でも …