チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

新・山の神登場 ~2015年箱根駅伝往路~

      2015/01/03

毎年恒例の箱根駅伝。
子供の頃は、父親がなぜ駅伝を見るのか不思議でたまらなかった。
「何が面白いんだろうか・・・」と。

しかし大学に入学して母校が出場していたというのもあり、
今では毎年の箱根駅伝が非常に楽しみだ。

そして今年の往路、山登り。
またニューヒーローが誕生した。
20150102_箱根駅伝往路__青山学院_神野_チームコーチング_半谷
青山学院大学の神野大地選手。
164cm,43kg。
体重が非常に軽い。
「53kgの選手だとしたら、10kgのダンベルを担いで走っているようなもの」
これはたしかに非常に有利だろう。

東洋大の柏原現れ、区間記録を更新した時には、この記録は破られないのではと思った。
しかし今回のことで、記録は破られるものと改めて実感。

1968年メキシコオリンピックでジムハインズ(米国)が人類初の9秒台をマークした時もおそらく、
「この記録は破られないのでは」という憶測があったのではないだろうか。
誰が、9秒58というタイムを出すということを想像しただろうか。

新たな記録が出た場合、思考は大きく2つに分かれる。

「こんな記録は破れない」
「人はこんな記録で走れるんだ」

つまり限界になる人と、可能性になる人に分かれる。

優れたアスリートは、すべてを可能性につなげる。
「人という生き物は、10秒を切ることができる。ならば私にもできるはずだ」

これも一つの相乗効果だろう。

ビジネスにおいても同じような進歩がある。
他の人が創り出した最高のものをさらに自分が最高のものにしていく。
この意識が、人類全体の進化や技術の進歩を生み出してきている。

私自身も、先人が創り出してきた最高を更新できる人間でありたい。

 - チームコーチング

  関連記事

望ましい言動を習慣にする

無意識に「いらっしゃいませ」 「いらっしゃいませ〜」 とあるコンビニの店員さん。 …

強みを活かすチームづくり

言わずと知れたドラッカー様。 毎月届く日経トップリーダーの中で、 楽しみにしてい …

no image
PHP認定ビジネスコーチ合宿 in 松本

毎年この時期は私たちのコーチングの師田近さん発祥(?)の地でもあり私の第二の故郷 …

適切な目標と短期的な成果 ~にっこりわらって減量生活②~

今までうまくいかなかった・・・、 というか、「やらなきゃなー」って心で思いながら …

精神力は制心力(後編)

昨日の記事の続きでございます。 頭の中をほしい言葉でいっぱいにする幾つかのコツ …

2013 チームコーチング・カンファレンス ~経営陣を一枚岩に~

チームコーチングカンファレンスが開催された。素晴らしい内容だった。 もちろんすべ …

no image
東日本大震災より丸3年

タイトルにまずはこう書いてみたもののこの先に何と続けてよいかわからない ・・・ …

チームをモチベートする目的の力

何のためにやるのか 何をするにも目的が明確な方がいい。 何のためにやるのか。 誰 …

no image
『私はこう思う』を育てよう ~チームへのコーチングの挑戦~

今日の日経新聞 一面の春秋にインドと日本の試験に関する文化の違いを伝える記事が掲 …

no image
犠牲/代償を払う際の説明責任

昨日は犠牲/代償の必要性に触れた 仕事のために家族を犠牲にする 休日返上で仕事に …