チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

新・山の神登場 ~2015年箱根駅伝往路~

      2015/01/03

毎年恒例の箱根駅伝。
子供の頃は、父親がなぜ駅伝を見るのか不思議でたまらなかった。
「何が面白いんだろうか・・・」と。

しかし大学に入学して母校が出場していたというのもあり、
今では毎年の箱根駅伝が非常に楽しみだ。

そして今年の往路、山登り。
またニューヒーローが誕生した。
20150102_箱根駅伝往路__青山学院_神野_チームコーチング_半谷
青山学院大学の神野大地選手。
164cm,43kg。
体重が非常に軽い。
「53kgの選手だとしたら、10kgのダンベルを担いで走っているようなもの」
これはたしかに非常に有利だろう。

東洋大の柏原現れ、区間記録を更新した時には、この記録は破られないのではと思った。
しかし今回のことで、記録は破られるものと改めて実感。

1968年メキシコオリンピックでジムハインズ(米国)が人類初の9秒台をマークした時もおそらく、
「この記録は破られないのでは」という憶測があったのではないだろうか。
誰が、9秒58というタイムを出すということを想像しただろうか。

新たな記録が出た場合、思考は大きく2つに分かれる。

「こんな記録は破れない」
「人はこんな記録で走れるんだ」

つまり限界になる人と、可能性になる人に分かれる。

優れたアスリートは、すべてを可能性につなげる。
「人という生き物は、10秒を切ることができる。ならば私にもできるはずだ」

これも一つの相乗効果だろう。

ビジネスにおいても同じような進歩がある。
他の人が創り出した最高のものをさらに自分が最高のものにしていく。
この意識が、人類全体の進化や技術の進歩を生み出してきている。

私自身も、先人が創り出してきた最高を更新できる人間でありたい。

 - チームコーチング

  関連記事

no image
ブログで世界の給食に違いを起こした少女 ~世界を変えるTV~

あるイギリスの女の子一食あたり260円ほどの給食があまりにもひどい お腹いっぱい …

no image
子どもに掛ける言葉の工夫 「片づけて」と「もどして」

朝の時間にゆとりがあるときはごちそうさんを見たあとにあさいちを観ながら1日のプラ …

「駆けたら転ぶ」子供の観念形成に多大な影響を与える親の言葉

長期休暇明けの素敵な朝。 息子2人は今日から保育園。 朝日の力を借りながら、眠た …

西城洋志さん講演① 失敗の捉え方 〜シリコンバレーツアー2017〜

シリコンバレーツアーは、 Yamaha Motor Ventures &#038 …

no image
マイケルチャンから学ぶ本来のゴールを示し続けるコーチのあり方

錦織圭が全米オープンでベスト4に進出したすばらしい快挙だし私もうれしい そして& …

比較の論理

比較の人生 人は一杯比較される。 子供の頃か否応なくたくさん。 兄弟の比較が、兄 …

メンターの辞書に「コーチング」という文字はない①

「今までの指導方法が間違っているとは思わない」 先週実施した、コーチング研修にお …

ハロウィンと目的

定着しつつある日本のハロウィン 今年も各地で賑わった。 さまざまな形でのイベント …

no image
タブーを打ち破った組織の力

組織に”タブー”が存在すればするほど組織の力は弱くなる …

no image
チームコーチングin松本

東京や千葉から若干遅れてこの時期は松本はちょうど桜が見ごろ 松本城山ひとつまるご …