チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

焦点を変えるコーチングのテクニック

   

1歳8か月の次男は
外で遊ぶのが大好き

一度外に出たいと思うと
それが叶うまで
頑として玄関を動かない

散歩をしていると
行きたい方向を指さして
行きたい方向は決して曲げない

時間が十分にあれば
それに思う存分つき合うのだが
平日の朝となると
そうもいかない

というわけで
息子の気分を損ねないまま
家の中まで誘導するテクニックが
時には必要となる
さてそのようなときにどうするか

今日もしばらく散歩をして
タイムオーバー

そして
帰りたい方向とは
まったく違う方へ行きたい様子

することは実にシンプル
帰りたい方向に
息子の興味が惹かれるものを探し
それを示せばよい

「ほら公園だよ」
「ほらブランコだ」
「あっちのほうにカーカー(カラス)がいるよ」
「ダンゴムシいるねー」
「ほら家の中にお母さんとちゃんちゃん(祖母)がいるよ」

こんな感じで
ミッションコンプリート

気分は良いままに
家の中へ連れてくることができた

コーチングは
コーチが望む方向にリードすることはないが
このエッセンスは必要不可欠のモノだ
クライアントはときに
ひとつのことに囚われて
そこから動こうとしない

そういうときには
こういう技術を持っていなければ
クライアントがそこから動くことはない

そのためには
クライアントがどこに本来どこへ行きたいのかを
当然ながら知っている必要があるし
クライアントが
どのようなことに興味を持つのか
どのような価値観の持ち主なのか
ということをコーチが理解していなければならない

クライアントの焦点を
自在に動かすことができるというのは
コーチングにおいて
非常に有効な武器となるのだ

 - チームコーチング

  関連記事

no image
「そんなものは今初めて見ました」 Loto7のCMに重ねて観る理化学研究所の責任転嫁

すっかりおなじみとなったこのCM そうLoto7のCM(Youtube)柳葉敏郎 …

no image
誤解を招くニュースの見出し①

ちょっとしたコミュニケーションの不足が思わぬあるいは重大な誤解を招く 山中教授が …

モチベーションを育てる”承認”の力

人は自然に不足や欠点を探す 「正常な状態」というのが、ひとつの大きな物差しとなる …

no image
反省の技術

反省が下手な日本人 「反省しなさい」 こんな言葉を掛けられたことがない日本人は、 …

『チームコーチングの実践と可能性』について講演してきました!

本日は国を代表するような千葉県の地域総合病院にて、 コーチングとチームコーチング …

no image
牛に引かれて善光寺

牛に引かれて善光寺参り 今日は 私が8年前にサポートした アクト(松本)のリーダ …

ついついやりがちな「いいからやれ!」では心が動かない

子育て奮闘中 我が家では6歳と3歳の子育て中。 「いいからやれ!」 の場面は山ほ …

第1回 仕事の勉強会@松本内藤城 ~DiSCコミュニケーション~

仕事の勉強会 本日は松本にて、第1回仕事の勉強会を実施しました。 第一回目のテー …

no image
優れたリーダーは積極的に自己承認する

コーチングにおける承認 『正当または事実・真実と認めること』(広辞苑より) 似て …

no image
主体的に生きるということは…。

主体的にいきるということはどういうことか? それは、さまざまな事柄に目的を持って …