チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

焦点を変えるコーチングのテクニック

   

1歳8か月の次男は
外で遊ぶのが大好き

一度外に出たいと思うと
それが叶うまで
頑として玄関を動かない

散歩をしていると
行きたい方向を指さして
行きたい方向は決して曲げない

時間が十分にあれば
それに思う存分つき合うのだが
平日の朝となると
そうもいかない

というわけで
息子の気分を損ねないまま
家の中まで誘導するテクニックが
時には必要となる
さてそのようなときにどうするか

今日もしばらく散歩をして
タイムオーバー

そして
帰りたい方向とは
まったく違う方へ行きたい様子

することは実にシンプル
帰りたい方向に
息子の興味が惹かれるものを探し
それを示せばよい

「ほら公園だよ」
「ほらブランコだ」
「あっちのほうにカーカー(カラス)がいるよ」
「ダンゴムシいるねー」
「ほら家の中にお母さんとちゃんちゃん(祖母)がいるよ」

こんな感じで
ミッションコンプリート

気分は良いままに
家の中へ連れてくることができた

コーチングは
コーチが望む方向にリードすることはないが
このエッセンスは必要不可欠のモノだ
クライアントはときに
ひとつのことに囚われて
そこから動こうとしない

そういうときには
こういう技術を持っていなければ
クライアントがそこから動くことはない

そのためには
クライアントがどこに本来どこへ行きたいのかを
当然ながら知っている必要があるし
クライアントが
どのようなことに興味を持つのか
どのような価値観の持ち主なのか
ということをコーチが理解していなければならない

クライアントの焦点を
自在に動かすことができるというのは
コーチングにおいて
非常に有効な武器となるのだ

 - チームコーチング

  関連記事

no image
「走りながら考える」文化!?

今日はとある企業の研修 PDCAサイクルを回すことの重要性を確認していたときのこ …

私の質問に答えなさい!

「私の質問に答えなさい!」 あるいは 「質問の答えになっとらん!」 こうやって言 …

no image
組織の戦略 〜チームコーチング@PNF〜

チームコーチングですること チームコーチングはチームの状況に応じて、さまざまな取 …

子どもを育成するコーチングの考え方を受講して(その2) 〜PHPビジネスコーチ養成講座 マスタリーコース〜

<前の記事より> コーチングの前提(続き) 肉体的には親から生まれてきていても精 …

no image
環境づくりの重要さ

じっとしていることが苦手な私は映画はちょっぴり苦手 だからあまり観ないのだが 久 …

オープンクエスチョンとクローズドクエスチョン 〜コーチングを簡単に実践する〜

コーチングのスキル コーチングの「スキル」と呼ばれているものはいろいろとある。 …

本間毅さん講演@HanaHaus 〜 Silicon Valley Tour 2017 〜Day2

HanaHaus@Palo Alto Silicon Valley 2日目は、H …

no image
小学5年生のリーダーシップ ~チームへのコーチングの挑戦~

私の甥は小学校5年生あるとき久しぶりの草津への家族旅行甥はとても楽しみにしている …

NLPのテストで悔しい「19点」

NLP再受講 本日はNLPプラクティショナーコースの再受講。 何度目だろうか。 …

no image
エンロール(人を巻き込むリーダーシップ) ~チームへのコーチングの挑戦~

エンロールという言葉に出会ったのは28歳のときだった enroll もちろん文脈 …