チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

誤解を招くニュースの見出し①

   

ちょっとしたコミュニケーションの不足が思わぬあるいは重大な
誤解を招く

山中教授が国会で答弁した

あるサイトのニュース記事の見出しは

「山中教授「30代の研究者は未熟」」

そしてこの見出しだけ見ると
さまざまな捉え方があるだろう

30代である私の反応は
「30代が未熟ってどういうこと!?」

まるで山中教授が
30代の研究者すべてを
批判あるいは低評価しているようにも見えてしまう

山中教授は国会答弁の中で
たしかにこのように述べている

しかし前後の文脈を掴むと
あるいはその言葉を言っている
山中教授の非言語要素(表情や声のトーンなど)をみると
後輩研究者への愛情にあふれているし
応援したい気持ちが伝わる

あるいは研究する環境を
整備したいんだ
より発展させたいんだ
という気持ちが伝わる

ニュースを読んでいると
見出しの印象と実際の内容に
ギャップがあるものは多い

政治家の発言などにもよく見られる
ある部分だけを捉えると
インパクトのある内容になることがある

マスコミがどのように記事を書くのか
これはこの先もきっと変わらない

だからこそ
何が真実なのかを検証していくことは
読み手の責任だ

コミュニケーションは不足している
この前提を基に
自ら理解を深めていかなければならないことは
たくさんある

 - チームコーチング

  関連記事

no image
目的意識の領域

主体的にいきるということはどういうことか? それは、さまざまな事柄に目的を持って …

ビジネスコーチングのテーマ 〜コーチング@内藤城〜

コーチング@内藤城 本日は内藤城にてコーチング。 チームコーチングの中間セッショ …

no image
お客様は神様で、部下も神様?part1

ちょいとお高めのお肉屋さん 先日、おそらく多くの人が知っているであろう、 お肉を …

no image
人間万事塞翁が馬 ~チームへのコーチング(プロセスとコンテキストから動かす)~

人間万事塞翁が馬↓この言葉の意味はこちらへ人間万事塞翁が馬 馬がいなくなると悲し …

阿部写真館① 〜チームコーチング事例〜

最初のチームコーチング 私が最初にチームコーチングの実施をスタートしたのは、 今 …

チーム理念の認知⇒理解⇒実践

チームコーチングにおいて非常に重要な事柄。 チームの理念を明確にすること。 広辞 …

傾聴はコーチングの始まり①

昨日今日と、コーチングの講座をやってきました。 コーチングは難しい。 でも楽しい …

no image
組織のトップはわかちあい続けなければならない

今日はコーチング研修。 コーチングの基礎的なところを学習し、 実際に基本的なコー …

好きこそものの上手なれ 〜白井健三に学ぶ〜

ようやく好きなだけ練習やれる環境に来れました。 高校まではいろいろな制限があった …

初心忘るべからず ~チームコーチング~

昨日今日と2日間、PHP研究所(東京)にて若手社員研修を実施してきました。 久し …