チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

地図は領土ではない ~救急車の音は”んーぱー”~

   

『地図は領土ではない』

NLPのひとつの前提だ

地図は実際の土地から
かなりの情報が削除されている

少なくとも
私たちの眼から見える3次元の世界が
2次元で表現されている時点で
かなりの情報が削除されていると言える

私たちは様々な情報を捉えている

救急車の音はどのように表現するだろうか
日本人の大人であれば
『ピーポーピーポー』
が標準的な表現ではないだろうか

しかし
私の息子は
救急車の音が聞こえると
『んーぱーんーぱー』
と表現する

耳から入ってきた情報は
脳で処理されるプロセスが違う
そして
その音を表現するプロセスが違う

つまり
インプットとアウトプットの
それぞれのプロセスにおいて
人それぞれ違う変換のプロセスを持っている

おそらく息子の『んーぱー』は
年々表現を変えていくことだろう

それは世の中の常識・多数認識が
『ピーポー』
だから

しかし人が本当にわかり合うためには
その人の中で聴こえている
『んーぱー』
の世界を尊重し

「なるほど、聴きようによってはそう聞こえるね」

と理解する必要がある

人はどうしても
自分の世界が正しいと思いたがる
自分の地図こそ正しいと思いたがる

でもひとりひとり見ている世界の描写は異なる

これを理解し
相手の世界に尊厳を持つと
他人との融合が非常に楽になるし
自分自身の地図の描写にも
奥行きを持たせることが可能になるだろう

 - チームコーチング

  関連記事

no image
ニュアンスは事実に変換しなければならない ~チームへのコーチングの挑戦~

チームにおいてコミュニケーションは言うまでもなく重要であるがそのコミュニケーショ …

集団を強くするには適切なプロセスが不可欠 ~チームコーチングの実践~

集まっただけでチームであるという錯覚 世の中にはさまざまな集団がある。 ビジネス …

コーチがラポール(信頼関係)づくりのためにできること

コーチのあり方 この人にコーチングしてもらいたいという人である必要がある。 服装 …

no image
「走りながら考える」文化!?

今日はとある企業の研修 PDCAサイクルを回すことの重要性を確認していたときのこ …

チームコーチングで組織の価値観を設定・共有

チームコーチング@内藤城 1月から実施している、内藤城松本事業部のチームコーチン …

コーチングの基本的な進め方 ~GROWモデル~

今日は超代表的なコーチングの進め方、GROWモデルをご紹介。 モデルの重要性 コ …

ゆとり世代の新入社員研修

今年も、新入社員の季節になりました。 サクラと共にやってくる彼らは、 毎年、組織 …

望ましい言動を習慣にする

無意識に「いらっしゃいませ」 「いらっしゃいませ〜」 とあるコンビニの店員さん。 …

no image
止まって観る心の余白

人生において『止まる』時間をどのくらい持っているだろうか 私は毎日忙しくしている …

アサーティブコミュニケーション 〜発信の技術〜

本日は大阪で、 アサーティブコミュニケーションのトレーニングをやってきました。 …