チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

初心忘るべからず ~若手社員スキルアップ研修@PHP研究所~ チームコーチ半谷知也の仕事

      2014/12/27

チームコーチ半谷知也の仕事

チームコーチの私がさせていただいている仕事は、チームコーチング以外にもある。
今回2日間、PHP研究所にて若手社員スキルアップ研修を実施させていただいた。
久しぶりの階層別研修だ。

20141210_PHP研究所04_チームコーチング_半谷

今回は入社5年目までのみなさま。
やはりこの時期は、それぞれがいろいろなテーマ・課題を抱えている。
まあ、テーマ・課題があるのはいつになってもそうなんだけど…。

自分の成長の度合いだけ、課題やテーマもレベルアップしていく。
そのうえ、年次を重ねると、もともとあったモチベーションは、
多くの人は勝手に下がることはあっても、勝手に上がることはないだろう。

なかなか難しい年頃である。

この時期は『やらされ感』ではなく、
自主的に物事を考えて行動していく仕掛けをしなければならない。


「初心忘るべからず」

好きな格言だ。
でも人は初心を忘れる。
忘れなければ、こんな格言は生まれない。

もともと何のためにやろうと思ったのか。
なんで「やりたい」って思ったのか。

「こんなはずではなかった」

そう、人は描いていた『理想』と、実際にやってみた時の『現実』のギャップに悩む。
私もSEになった時がまさにそうだった。

最初持っていた志を確認していくと同時に、
環境に応じて、あるいは自分の成長に応じて、
志も成長させていかなければならない。

しかし多くの人はそれをすることなく、
日々のたくさんのタスクに忙殺されていく。

「何のために」

いろいろあるだろう。
しかし人間は本質的に、人の役に立ちたいという意識を持っている。
そしておそらく、自分の力を人の為に使うときに、もっともモチベーションが上がる。

たくさんの目的を持ったらいい。

人の役に立つ。
お客さんの幸せのため。
株主を豊かにするため。
地域に貢献するため。
家族のため。

給料/ボーナスアップのため。
昇格のため。
人から認められるため。

目的を持てば持つほど、自分を動かす原動力になる。

さて、若手社員のみなさまが、自分の仕事にしっかりと意味づけをし、
自分の能力をふんだんに使って、お客様を喜ばせることを楽しみにしております。

Take a Lisk!

20141210_PHP研究所08_チームコーチング_半谷

 - チームコーチング

  関連記事

ついついやりがちな「いいからやれ!」では心が動かない

子育て奮闘中 我が家では6歳と3歳の子育て中。 「いいからやれ!」 の場面は山ほ …

アトラス設計&カイ設計 チームコーチング2期3回目 

本日はアトラス設計・カイ設計にてチームコーチングでした。 2期目をスタートして3 …

no image
大胆さと慎重さ ~チームへのコーチングの挑戦~

2日前に扁桃腺除去の手術をして今日は手術から3日目 昨日はかなり体調もよく流動食 …

no image
嫌われ役は組織に必要か?

嫌われ役が必要だという勘違い 「誰かが嫌われ役になる必要があるんだ」 「きついこ …

目的のレベル

photo credit: 一本松 via photopin (license) …

事実と解釈の区別→新たな決断へ 〜コーチングで成果をつくる〜

昨日のブログでは、 「事実と解釈の区別が新たな決断を呼び起こす」 というテーマで …

子どもを育成するコーチングの考え方を受講して(その3) 〜PHPビジネスコーチ養成講座 マスタリーコース〜

情熱大陸・葛西紀明 スキージャンプの葛西紀明が大好きだ。 彼のストイックさには頭 …

優れた監督は本物のコーチングを使う

プロフェッショナル 〜サンフレッチェ監督 森保一〜 先日のプロフェッショナルの主 …

成果をつくる最小限のミーティング ~チームをまるごとコーチング~

ミーティングは最小限で最大の成果を チームにおいてミーティングは大事な機会。 で …

「スマホやめますか?それとも信大生やめますか?」

問いかけは人生に気づきと発見を促す。 だからコーチは楽しい。 コーチがどのような …