チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

潮時って… ~巨人・井端のインタビューより~

      2014/11/11

本日の報道ステーションで
中日から巨人に移籍した井端選手が出ていた

彼は野球界ではベテランと呼ばれる域に達するが
私は同年代

私はというと
私の業界では
どちらかと言えば私は若手と呼ばれる

球界を代表する名投手
工藤とのインタビューで中日から巨人に移籍した話をしていた

「中日で最後までという気持ちがあった」
「でも球団からは事実上の戦力外を突き付けられた」
(といっても年俸3000万はうらやましい限りだが…)

「これが潮時かなと…」

さてこの
『潮時』
という言葉

どのような意味で使っているか

潮時の意味(コトバンクより引用)
1 潮の満ちる時、また、引く時。
2 物事を始めたり終えたりするのに、適当な時機。好機。「―を待つ」「ピッチャー交代の―」
3 時間。特に、一日のうちで出産や死亡の多く起こる時間。潮の干満の時刻に合わせて起こるからという。

※2について、文化庁が発表した平成24年度「国語に関する世論調査」では、
本来の意味である「ちょうどいい時期」で使う人が60.0パーセント、
間違った意味「ものごとの終わり」で使う人が36.1パーセントという結果が出ている。

これをどれだけ正しい意味で使っているだろうか

かくいう私も
この本当の意味は最近知ったのだが…

潮時は引き際

こんなイメージを持っている人は多いのではないだろうか

まあ
今回の井端選手のインタビューでは
どのようにも取れるが

印象としては
「中日からの引き際」
という印象の方が強い

もちろんこれは裏を返せば
好機・チャンスであることは
間違いなさそうだが

文字の印象から
その意味を勝手に解釈しているものは多い

正しい日本語の使い方
言葉を扱う人間としては
当然ながら非常に重要だなぁと
改めて感じたインタビューでした

 - チームコーチング

  関連記事

イノベーションに必要なトランジションへの備え3つのポイント

トランジションに必要な3つのこと トランジションについては、 昨日のブログで書い …

no image
競争の健全性

昨日『競争と共創』に触れた 書きながら改めて健全な競争の重要さを感じたのだがじゃ …

「伝える」ということ 〜コミュニケーション達人への道〜

アサーティブコミュニケーション研修 本日はアサーティブコミュニケーションの研修を …

no image
効果的な能力開発

4歳の長男が骨折したといっても肘のあたりのひびだが…すべり台の階段で …

no image
『私はこう思う』を育てよう ~チームへのコーチングの挑戦~

今日の日経新聞 一面の春秋にインドと日本の試験に関する文化の違いを伝える記事が掲 …

no image
強いチームを創るエンロールの力① ~チームコーチングによる自発的組織変革~

①『エンロールとは』 『エンロール』 日本では聴きなれない言葉であるが私は28歳 …

チームコーチング事例 阿部フォトグラフィーの1回目⑤

当時の状態 阿部フォトグラフィーは4代目。 すでに80年ほど続く老舗写真館です。 …

コーチング応用講座を再受講してきた 株式会社アクト@松本

アクト@松本のコーチング講座 私がコーチングと出会ったのは2006年。 松本市に …

no image
チームコーチングが日経ビジネスで紹介されました!

持続的成長企業になるためには「個人」より「チーム」を鍛えるべき日経ビジネス ht …

no image
チームコーチング in Matsumoto

本日は松本の老舗住宅メーカー小林創建にてチームコーチングの最終セッションでした …