チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

子どもに掛ける言葉の工夫 「片づけて」と「もどして」

   

朝の時間にゆとりがあるときは
ごちそうさんを見たあとに
あさいちを観ながら1日のプランという流れになる

いのっちと有働さんの掛け合いが
なかなか好きでして…

今日は片づけ
スーパー主婦による整理術の伝授であった

まあ私も片づけはかなり大きなテーマなので
興味深く見ていたのだが

特に興味があったのは
子どもに対する言葉がけ

「片づけて」

というのではなく

「もどして」

という言葉を使う

すると元の状態に戻そうというように
脳みそが働いてくれるわけだ

「片づけて」
というととにかく押し入れに押し込んだり
ぐちゃぐちゃに入れたり
という状態になってしまうとのこと

なるほどこれはたしかにそうだ

そういえば前にも同じような話題があったのを
思い出した

危険が迫っている子供
例えば車にひかれそうになっている子供に対し
「あぶない!」
というと止まってしまいかえって危険

こういうときは
「走れ!」
という言葉を使うといい

状況に応じた言葉を使うというのは
コーチングやチームコーチング
トレーニングにおいても非常に重要となる

どうしたら
もっとも自然に
起こしたい状況を起こすことができるか

これは言葉の力で可能になると
改めて感じました

チームコーチとして
もっと研究していかねば…

さてさて
ちなみにこのアドバイスをしていた
スーパー主婦のお子様は
中学2年生
部屋も机の引き出しも
きれいなのは当たり前
非常に機能的で使いやすく工夫されている

その少年のコメントがかっこいい

「自分の部屋に誇りを持つ」
だって~

と母に言ったら
「あんたの場合は字が違うね…」

おぉ、うまいこと言う…

 - チームコーチング

  関連記事

no image
思い込みのパワーが組織を変革する

情熱大陸 とか スーパープレゼンテーション とか プロフェッショナル カンブリア …

ゆとり世代の新入社員研修

今年も、新入社員の季節になりました。 サクラと共にやってくる彼らは、 毎年、組織 …

no image
誤解を招くニュースの見出し①

ちょっとしたコミュニケーションの不足が思わぬあるいは重大な誤解を招く 山中教授が …

no image
当事者意識を持たせるための3ステップ

求められる「当事者意識」 「当事者意識を持て」 なぁんていう言葉をよく耳にする。 …

組織内の遠慮をなくすために絶対にやらなければならない最初のこと

組織に遠慮はつきもの さて、前回の記事でパワーネットフィールドの、 チームコーチ …

no image
二兎を本気で追う者は二兎を得る

最近日経ビジネスの広告でこんなフレーズがあった 『二兎を追う者だけが二兎を得る』 …

no image
ビジョンを共有する ~チームコーチング勉強会~

チームコーチングを学んだ仲間と共に毎週日曜は勉強会を行っている 今は『学習する組 …

子供でもできる話の聴き方3つのポイント 〜アクティブリスニングのちから〜

みなさんは、どんなふうに人の話を聴いているだろうか。 大事なことは、相手の話を理 …

no image
ディスカッションとダイアログ ~チームコーチングの要素~

チームコーチングにおいて必要な要素や手法は本当に多岐に渡る リードするチームコー …

ついついやりがちな「いいからやれ!」では心が動かない

子育て奮闘中 我が家では6歳と3歳の子育て中。 「いいからやれ!」 の場面は山ほ …