チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

「なんだそんなこと」 人にパワーを与えるリフレーミングの力 ~チームコーチングで真のチームづくりを!~

   

私の息子は目下、自転車の練習中。若干5歳。
すでに補助輪を外して3か月ほどになるのだが、自転車に乗るときは必ず、
「自転車の練習したい~」
と私を誘う。

かなり上達して、2キロほど離れた公園までこいでいけるようになった。
長い坂道も、へっちゃらではないがお休みしながら登り切ってしまう。

彼のさらなる成長のテーマは、片手放し運転。
20141123_自転車の練習2_チームコーチング_半谷

ライダーベルトを巻きながら、得意げに片手を放すのだが、
なぜか必ず腰に手をやる。

これはなかなか難易度が高い!
手放しは危険でやらせたくはないという気持ちもあるが、
遅かれ早かれやるだろうから、どうせなら一緒にいるうちに得意になっておいた方が安全だ。

そしてもうひとつの課題は・・・、
20141123_自転車の練習1_チームコーチング_半谷

どうやらパンツがお尻に食い込むようだ。
これはきっと多くの人が通る道。

この息子の片手放し運転を見ながら思い出したことがある。
あるとき私が両手を放して自転車を運転していたとき、
(ちなみに寒くて両手を揉みながら緩~い坂を下っていたのだが)
小学生の集団が私を目で追いながら、
「おぉぉぉぉぉぉ、すげぇぇぇぇぇぇぇ」
と言ったのだ。

小学生の前で両手放し運転をしてしまったことは「しまった」と思ったのだが、
私の中では両手放し運転などたいしたことではなく、「なんだこんなこと」と思える事柄だ。

しかし小学生にとっては、『すごいこと』なのだ。

そしてこれはさまざまなことに当てはまる。
仕事においても、家庭においても、
自分にとっては
「大したことなく簡単だ」
「当たり前で気にも止めない」
「人に自慢するようなことではない」
と思っていたとしても、ある人にとっては思わぬ感動や喜びに繋がる可能性があるということ。

これはコーチングやチームコーチングをするときに、
サポートするコーチが持っていなければならない視点だ。

「それってすごいことだよ」
「それってこの人の役に立つかもしれない」
「この場面ではきっと役に立つ」

いわゆるリフレーミングなのだが…。見方や考え方を変えること。

逆も言える。

「これって難しくてできない」
と思っていることも、他の人から見ると簡単なことかもしれない。
一度「難しい」と決めつけると、人はその枠からなかなか抜け出そうとしない。

しかしその決めつけの枠の外側にいる人から見ると、「なんだそんなこと」ということかもしれない。
そのちょっとした「なんだそんなこと」が簡単に前進させるきっかけになる。

自分自身の、あるいは身の回りの、
「なんだそんなこと」
「あたりまえ」
にちょっと光を当ててみてはいかがでしょうか。

 

 - チームコーチング

  関連記事

no image
チームコーチングって何? vol.1

コーチングと聴くと一般的にイメージするのは1対1のコーチング 1人の人が望んでい …

no image
三人寄れば文殊の知恵

『三人寄れば文殊の知恵とは、凡人であっても三人集まって考えれば、すばらしい知恵が …

大阪都構想の説明は不足していたのか?

大阪市民の審判が下った。 わずか1万票の差で、大阪都構想は否決となった。 橋下市 …

no image
コーチングとの出会い ~チームコーチングで成果を創る真のチームを!~

『コーチング』という考え方は、基本的な部分では一致していると私は思っている。 し …

祝!開業2周年 ~Leaders Base Japan~

Leaders Base Japan 開業2周年 おかげさまで、 開業してから2 …

2015年の振り返りと2016年の目標設定②

というわけで目標設定 ※この記事は昨日の記事の続きです。 目標設定と言うと、 多 …

パワーネットフィールド@塩尻 チームコーチングスタート!

パワーネットフィールド チームコーチング 昨日今日と、 パワーネットフィールド様 …

組織を一丸とするスローガン 〜チームコーチング@小林創建〜

チームコーチング@小林創建 今日は小林創建にてチームコーチング。 今期は掲げた目 …

積極的な傾聴 〜コミュニケーションスキル〜

リスニングでコミュニケーションスキルアップ 今日はリスニングに関するセミナーの実 …

no image
人間万事塞翁が馬 ~チームへのコーチング(プロセスとコンテキストから動かす)~

人間万事塞翁が馬↓この言葉の意味はこちらへ人間万事塞翁が馬 馬がいなくなると悲し …