チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

「なんだそんなこと」 人にパワーを与えるリフレーミングの力 ~チームコーチングで真のチームづくりを!~

   

私の息子は目下、自転車の練習中。若干5歳。
すでに補助輪を外して3か月ほどになるのだが、自転車に乗るときは必ず、
「自転車の練習したい~」
と私を誘う。

かなり上達して、2キロほど離れた公園までこいでいけるようになった。
長い坂道も、へっちゃらではないがお休みしながら登り切ってしまう。

彼のさらなる成長のテーマは、片手放し運転。
20141123_自転車の練習2_チームコーチング_半谷

ライダーベルトを巻きながら、得意げに片手を放すのだが、
なぜか必ず腰に手をやる。

これはなかなか難易度が高い!
手放しは危険でやらせたくはないという気持ちもあるが、
遅かれ早かれやるだろうから、どうせなら一緒にいるうちに得意になっておいた方が安全だ。

そしてもうひとつの課題は・・・、
20141123_自転車の練習1_チームコーチング_半谷

どうやらパンツがお尻に食い込むようだ。
これはきっと多くの人が通る道。

この息子の片手放し運転を見ながら思い出したことがある。
あるとき私が両手を放して自転車を運転していたとき、
(ちなみに寒くて両手を揉みながら緩~い坂を下っていたのだが)
小学生の集団が私を目で追いながら、
「おぉぉぉぉぉぉ、すげぇぇぇぇぇぇぇ」
と言ったのだ。

小学生の前で両手放し運転をしてしまったことは「しまった」と思ったのだが、
私の中では両手放し運転などたいしたことではなく、「なんだこんなこと」と思える事柄だ。

しかし小学生にとっては、『すごいこと』なのだ。

そしてこれはさまざまなことに当てはまる。
仕事においても、家庭においても、
自分にとっては
「大したことなく簡単だ」
「当たり前で気にも止めない」
「人に自慢するようなことではない」
と思っていたとしても、ある人にとっては思わぬ感動や喜びに繋がる可能性があるということ。

これはコーチングやチームコーチングをするときに、
サポートするコーチが持っていなければならない視点だ。

「それってすごいことだよ」
「それってこの人の役に立つかもしれない」
「この場面ではきっと役に立つ」

いわゆるリフレーミングなのだが…。見方や考え方を変えること。

逆も言える。

「これって難しくてできない」
と思っていることも、他の人から見ると簡単なことかもしれない。
一度「難しい」と決めつけると、人はその枠からなかなか抜け出そうとしない。

しかしその決めつけの枠の外側にいる人から見ると、「なんだそんなこと」ということかもしれない。
そのちょっとした「なんだそんなこと」が簡単に前進させるきっかけになる。

自分自身の、あるいは身の回りの、
「なんだそんなこと」
「あたりまえ」
にちょっと光を当ててみてはいかがでしょうか。

 

 - チームコーチング

  関連記事

no image
王様ははだかだ!

組織にはさまざまな人材がいるがときどき存在する 『はだかの王様』 自分の考えこそ …

アトラス設計次世代 チームコーチング初回の初日

本日よりチームコーチング。 アトラス設計の次世代を担う、 アラサー8人衆のチーム …

初U.S 10年ぶりの海外へ 〜 シリコンバレーツアー2017 〜

アメリカ行きの目的 初のアメリカ。 アクティビスタ主催のシリコンバレーツアーへ。 …

チームコーチング事例 〜阿部フォトグラフィー1-3〜

チームコーチングの始まりの前に… さて、事前インタビューを終えて、いよいよチーム …

no image
犠牲/代償を払う際の説明責任

昨日は犠牲/代償の必要性に触れた 仕事のために家族を犠牲にする 休日返上で仕事に …

ついついやりがちな「いいからやれ!」では心が動かない

子育て奮闘中 我が家では6歳と3歳の子育て中。 「いいからやれ!」 の場面は山ほ …

あっという間に機能不全に陥る組織をどのように機能させるか vol.1

せっかく組織で動いているのだから、 個人では成し遂げることのできないことを創りた …

no image
誤解を招くニュースの見出し②

「神戸で足場が崩れた」 かなり話題になったニュース 昨日友人と食事をしていたのだ …

チームに欠かすことのできないリーダーシップ育成

リーダーシップは、個を発揮すること。 その個性によって、その人だからこそ可能とな …

成果を生み出すセルフコミュニケーション

自分は自分とどういう会話をしているか とある組織のコーチングにて・・・。 「一生 …