チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

『人を成功に導く言葉の力』 ~渡部暁斗の転倒に観る~

   

人の脳は
わりとシンプルに素直にできているらしい

人の『意識』には
『顕在意識』『潜在意識』がある

顕在意識はわかっていること
やろうと思ってやること

潜在意識は無意識
わかっていないこと
意識しなくても勝手にやってくれること

脳は人が使っている言葉の通りに
身体を動かす

このときに
想像以上に脳が影響されるのが
潜在意識(無意識)の領域である

同時に脳は『否定語』が苦手である

したがって何かの目標に向かうとき
どのような言葉を使って
その目標に向かうのかが非常に重要だ

ノルディック複合の渡部暁斗選手が
残念ながら後半のクロスカントリーで転倒してしまった

本人もあの転倒がかなり響いたとインタビューに答えている

私にとって印象的だったのは
転んだ時の解説者(荻原健二)のコメント

『試合の前に「絶対に転ぶなよ」って言ったんですよ』

『絶対に転ぶな』
というのは転ぶ+否定語の組み合わせ

脳みその中では何が起きるかというと
転ぶ映像を思い浮かべてから
それを打ち消す

脳みそは描いたものを実現する方向に
無意識を動かす

これをやればやるほど
転ぶ映像が強化されていき
脳みそはそれをサポートする

他にも
「失敗しないように」
「試験に落ちないように」
「あきらめない」
「会社を潰さない」
「怒られないように」

こういったゴール設定をする人は少なくない

コツは肯定的な言葉に変えてあげること
そうする代わりにどうするのか
脳にイメージさせてあげること

それを鮮明にすればするほど
脳は無意識を通じてサポートしてくれる

「絶対に成功する」
「試験に合格する」
「やり遂げる」
「会社を維持・発展させる」
「うまくやって喜ばせる」

「完璧に滑って1位でゴールテープを切る」

もちろんこれが全てというつもりは毛頭ない
さまざまな要素が組み合わさって
物事は進行していく

しかし体の中のすべてのものを
べストな状態にする上で
この言葉の力を使うこと借りることは
自己実現の大きな要素となることは間違いない

 - チームコーチング

  関連記事

息子をモチベートした報酬の力

チャレンジすらしなかった網渡り 写真の綱渡りというか…、網渡りというか…。 我が …

no image
理解をつくる粘り強い対話②

さて昨日の続き。(昨日の記事はこちら) 受け取られたものがコミュニケーション コ …

組織においてやりたい仕事をするためには①

もうじき春ですね♪ さて、2017年も、はやいことで3月。 あと1ヶ月もすれば、 …

日大アメフトタックル問題で日大学生は就職のピンチなのか?

日本大学アメフト部のタックル問題 日大アメフトのタックル問題が世間を騒がせている …

no image
チームコーチングカンファレンス2014

今年も開催いたしますチームコーチングカンファレンス2014 タイトルは『組織イノ …

no image
行動基準を徹底的に生きる ~ディズニーリゾートの行動指針に学ぶ~

日経ビジネスのバックナンバーを見ていたらかなり古い記事に 「3.11でも変わらな …

no image
チームコーチングin松本

本日は松本の住宅メーカーにて経営責任者チーム6名のチームコーチング3日目(セッシ …

チームに欠かすことのできないリーダーシップ育成

リーダーシップは、個を発揮すること。 その個性によって、その人だからこそ可能とな …

no image
大胆さと慎重さ ~チームへのコーチングの挑戦~

2日前に扁桃腺除去の手術をして今日は手術から3日目 昨日はかなり体調もよく流動食 …

「2017年の目標を3連休で」のススメ

一年の計は元旦にあり 「一年の計は元旦にあり」 なぁんて言葉がありますが、 36 …