チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

イメージを膨らめるメタファーの力 ~チームコーチングで組織に変革を~

   

メタファー(比喩)は
トレーニングの世界において
効果的に理解を促す上で
あるいはイメージを膨らませる上で
欠かせない技術だ

説明している内容を
聴衆の世界において理解できるたとえを用いることで
難しい事柄を噛み砕く効果があるわけだが…

iPS細胞を発見した山中伸弥氏が
STAP細胞の発見に関して
以下のとおり野球をメタファーとして
表現したらしい

(以下yahooニュースより引用)
iPSは小学1年生なのに
遠投で100メートル投げたすごいやつ。
そんなすごいのは二度と出てこないと思っていたら、
時速100キロの球を投げる小学1年生が記事に載った。
まだおるんや、という感じですね
end

うーん…
わかりやすいようなわかりにくいような…
メタファーだなぁ

私から見ると
iPS細胞やSTAP細胞の発見は

もっとすごい気がする!

そして私の経験上
遠投100メートルを投げる人は
おそらく時速130キロくらいは
出せる気がする

なので私からすると
どのくらいすごいのか
どのように比較しているのかが
この表現だけを見るとわかりづらかった

新聞やネットのニュースに載ってしまうような人は
使うメタファーも難しい

万人が聴衆となるので
その多くの人にわかるようなメタファーを用いる必要がある

メタファーは理解を促す上で
あるいは人々にイメージさせる上で
非常に効果的だ

しかし
それがマッチしないと
人々の頭の中には
かなりたくさんのはてなマークが飛ぶ

私ももっとたくさん
引き出しを増やさなければ…

 - チームコーチング

  関連記事

コーチング応用講座を再受講してきた 株式会社アクト@松本

アクト@松本のコーチング講座 私がコーチングと出会ったのは2006年。 松本市に …

コーチングで目標を達成させる3つのポイント③ ~エコロジーチェック~

コーチングにおけるエコロジーチェック エコロジー(ecology)「1.生態(系 …

no image
スキージャンプ葛西紀明の41歳の挑戦 ~チームコーチングによる組織変革~

ジャンプの葛西選手がおよそ10年ぶりにW杯を制覇 41歳 やり続ける男の素晴らし …

no image
粋な図らい ~マインツ武藤に用意されたカーテンコール~

私はスポーツが好きだ。 昔はやるのも観るのも好きだったけど、 今はほとんど観るだ …

価値観の統合① 〜チームコーチング事例 阿部フォトグラフィー1-7〜

組織の中の組織 「会社」という単位は、 組織におけるひとつの大きな枠組みと言える …

no image
社名入りの封筒で顔を隠して通話する管理職世代サラリーマン

マナーを守ることルールと違い強制力のないマナーは自発的に律していく必要がありその …

no image
正しい道を欲す人とベストの道を探す人

「どうすればうまくいくのか」「答えを教えてほしい」 人はどうしても正しい道を知り …

no image
犠牲/代償を払う際の説明責任

昨日は犠牲/代償の必要性に触れた 仕事のために家族を犠牲にする 休日返上で仕事に …

リスニングスキルの向上 〜コミュニケーション・トレーニング〜

本日はやはりコミュニケーションのトレーニング。 「聴き方」に特化した一日の講座。 …

感動のコーチング

感動のコーチング 数か月前から、 コーチングの大先輩の紹介で、 私自身もコーチン …