チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

イメージを膨らめるメタファーの力 ~チームコーチングで組織に変革を~

   

メタファー(比喩)は
トレーニングの世界において
効果的に理解を促す上で
あるいはイメージを膨らませる上で
欠かせない技術だ

説明している内容を
聴衆の世界において理解できるたとえを用いることで
難しい事柄を噛み砕く効果があるわけだが…

iPS細胞を発見した山中伸弥氏が
STAP細胞の発見に関して
以下のとおり野球をメタファーとして
表現したらしい

(以下yahooニュースより引用)
iPSは小学1年生なのに
遠投で100メートル投げたすごいやつ。
そんなすごいのは二度と出てこないと思っていたら、
時速100キロの球を投げる小学1年生が記事に載った。
まだおるんや、という感じですね
end

うーん…
わかりやすいようなわかりにくいような…
メタファーだなぁ

私から見ると
iPS細胞やSTAP細胞の発見は

もっとすごい気がする!

そして私の経験上
遠投100メートルを投げる人は
おそらく時速130キロくらいは
出せる気がする

なので私からすると
どのくらいすごいのか
どのように比較しているのかが
この表現だけを見るとわかりづらかった

新聞やネットのニュースに載ってしまうような人は
使うメタファーも難しい

万人が聴衆となるので
その多くの人にわかるようなメタファーを用いる必要がある

メタファーは理解を促す上で
あるいは人々にイメージさせる上で
非常に効果的だ

しかし
それがマッチしないと
人々の頭の中には
かなりたくさんのはてなマークが飛ぶ

私ももっとたくさん
引き出しを増やさなければ…

 - チームコーチング

  関連記事

no image
チームコーチングカンファレンス2015

チームコーチングカンファレンス2015 今年もやります!チームコーチングカンファ …

no image
アサーティブコミュニケーション 〜自分と向き合う〜

アサーティブコミュニケーションは、 対話における「発信」の技術。 「何を伝えるの …

成果をつくる最小限のミーティング ~チームをまるごとコーチング~

ミーティングは最小限で最大の成果を チームにおいてミーティングは大事な機会。 で …

地図は領土(土地)ではない 〜コーチングの基本〜

GoogleMapに載らないたくさんの情報 本日は外苑前から初台へ。 こんなとき …

no image
理解をつくる粘り強い対話①

「どうやればうまくいきますか?」 「どうやったらこんな上司とのコミュニケーション …

no image
ちょっとしたやりっぱなしが…

いよいよ五月人形の時期 息子のために人形を出すのだがまあ箱の多いこと&#8230 …

コーチング成功の鍵を握るクライアントの心構え

「コーチ」という言葉でイメージすることは? コーチングにおいてこんな質問を投げか …

事実と解釈の区別→新たな決断へ 〜コーチングで成果をつくる〜

昨日のブログでは、 「事実と解釈の区別が新たな決断を呼び起こす」 というテーマで …

no image
コーチはモデルとして存在していなければならない

コーチやコンサルタントあるいは先生 人を指導するような立場になるとつい自分がおろ …

ハロウィンと目的

定着しつつある日本のハロウィン 今年も各地で賑わった。 さまざまな形でのイベント …