チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

DiSCコミュニケーション研修@写真館

      2018/05/18

DiSCコミュニケーション研修@内藤城

本日は、松本市にある写真館、内藤城長野事業部にて、
DiSCを用いたコミュニケーション研修。

DiSCとは、
自分を知るためのアセスメントツールであり、
Web上でたくさんの質問に答えていくことで、
自分にはどのような欲求や行動の傾向があるのか、
主にはその情報が書かれたレポートが作成される。

そのレポートを読み込むことで、
自分を客観的に考察することが可能となる。

また、行動傾向は人により異なるため、
他の人とレポートをわかちあうことを通じて、
自分と人がどのように違うのか。
他者を理解することも可能。

自己理解と他者理解を通じて、
より円滑なコミュニケーションを行っていくための、
作戦やプランを練ることが可能となる。

離職の理由は?

いろいろな企業に関わらせていただいているが、
どこの企業であっても当然のことながら、
せっかく採用して育成した社員には、
長く働いてほしいと願うが、
さまざまな理由で離職は起きてしまう。

組織によっては、それが長年の課題となっていることも多い。

では、離職の理由はなんだろう。

これは研修の中で、参加者のみなさまに聴いてみた。

「給料や待遇への不満」
「休みがとれない」
「労働時間が長い」
「上司との人間関係」
「同僚との人間関係」
「取引先との関係」
などいろいろと出てきた。

実際に統計を見てみると、
上記のうち圧倒的な離職理由となっているのは、
「人間関係」

参考記事

https://partners.en-japan.com/special/old/160203/2/
https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/4982/

DiSCを使って自分と人の当たり前に気づく

DiSCにはさまざまな情報が記載されるのだが、
そのうちのひとつとして、

「自分の当たり前」

に気づくことができる。

自分はどのような行動の傾向があるのか。

ペースは早いのか遅いのか?
グループ活動を好むのかそうではないのか。
積極的に発言をするのか、しっかり考えるのか。
人志向なのかタスク・成果志向なのか。
感情表現を豊かにするのか、冷静でクールなのか。

などなど。

そして、人のレポートと比較することを通じて、
「自分の当たり前」と「他者の当たり前」は違うのだということに気づく。

自分と人は違う。
こんなアタリマエのこと。
当たり前なんだけど、多くの場合は気づいていないこと。

だから、無意識に自分の当たり前を振りかざして、
人は日常生活を送るし、人とコミュニケーションをする。

その当たり前が、相手と近しいものであれば、
対してストレスがないが、
違えば違うほどに、それはストレスとなっていく。

DiSCを使って人間関係に工夫を凝らす

自分は何も意識せずにコミュニケーションをするとどのようにしているのか。
人はどのようなコミュニケーションを望んでいるのか。

これに気づくと、選ぶことができるようになる。
コミュニケーションの仕方を選択できるということ。

たとえば、
矢継ぎ早に質問を並び立てていたが、
相手はじっくり考えて言葉を選びながら発言する傾向がある。

それを尊重するのであれば、
十分に考える時間を与えてみるということが可能になる。

ひとりで仕事をすることを好むのであれば、
その時間が確保できるように配慮してあげることが可能だ。

人は良かれと思って、自分にとっていいことを人にもする傾向もあるだろう。
でも自分にとってはモチベーションとなる事柄も、
相手にとっては大きなストレスになることがあるということを知っていなければならない。

DiSCはそれを可能としてくれる道具。

本日はひさしぶりの全員揃った研修。
みなさん楽しんでいた様子でした。

 - チームコーチング

  関連記事

チームコーチング事前インタビュー

7月から新たな企業のチームコーチングがスタートする。 人材派遣の会社だ。 対象は …

プロセスを踏んでレベルアップしていくコーチング

単発で終わらないコーチング コーチングは単発でやることもあるが、 多くの場合は定 …

承認のススメ part2 〜コーチングで組織マネジメント変革〜

というわけで、 昨日のブログから引き続き本日は、 「承認するとき3つのポイント」 …

no image
『人を成功に導く言葉の力』 ~渡部暁斗の転倒に観る~

人の脳はわりとシンプルに素直にできているらしい 人の『意識』には『顕在意識』と『 …

no image
エンロール(人を巻き込むリーダーシップ) ~チームへのコーチングの挑戦~

エンロールという言葉に出会ったのは28歳のときだった enroll もちろん文脈 …

no image
メールでのコミュニケーションはとっても難しい

コミュニケーションの媒体はさまざまなものがある ◆対面で直接的なやりとり◆Sky …

no image
強いチームを創るエンロールの力① ~チームコーチングによる自発的組織変革~

①『エンロールとは』 『エンロール』 日本では聴きなれない言葉であるが私は28歳 …

no image
アサーティブ・コミュニケーション

今年はもうちょっと真面目にブログに取り組もうと、 心新たに決めたわけですが、 始 …

ユニオンランチ@富山 チームコーチング1期最終回

本日は、低価格で安心安全美味しい弁当を届ける、ユニオンランチ(富山)のチームコー …

自己表現文化の醸成②「文化形成のコツ」 〜コミュニケーションの基本〜

さて、前回(↓)からの続きである。 自己表現文化の醸成①「自己表現までのプロセス …