チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

コーチングの極意は好奇心

   

コーチングは興味関心好奇心

コーチングが機能するかどうか。
あるいは相手とラポール(信頼関係)を築けるか。

すべての始まりは、
コーチがクライアントに向ける好奇心。

相手の世界にどれほどの関心や好奇心を持てるのか。
これがコーチング成功の秘訣。

Businesswoman in room choosing one of plenty of doors

誰にでもある好奇心

好奇心の強さは、
よく、長所として認識される。

「私好奇心強いです」

とこんな感じで強みとして表現する人は多いが、
私が思うに、
「好奇心」
というものはすべての人の強みである。

つまり、誰にでもあるということ。

好奇心とは

好奇心を広辞苑で調べてみると、

  • 珍しい物事、未知の事柄に対する興味
  • とある。

    知らないことを知ろうとすること。
    あるいは知っていることでももっと知りたいと願うこと。
    この興味のこと。

    コーチングはいろいろなスキルが必要

    私がコーチングのセミナーでお伝えするスキルの代表的なものは、

    ・傾聴
    ・質問
    ・承認
    などを代表として、
    さまざまなものがある。

    傾聴

    傾聴であれば、

    うなずくこと。
    あいづちをうつこと。
    キーワードの繰り返し。
    など

    質問

    質問は、

    オープンドクエスチョンとクローズドクエスチョン
    掘り下げる質問と拡げる質問
    過去の質問と未来の質問

    などがある。

    承認

    結果を承認する。
    行動を承認する。
    強みを承認する。
    意識を承認する。

    など

    スキルを活かす好奇心

    上記スキルを、
    テクニックとして使っても、あまりうまくいかない。

    しかし、
    すべてのひとの強みである好奇心を使ってあげると、
    これらのスキルが活きてくる。

    好奇心には気づかない???

    自分の好奇心というものには、
    気づかなかったりする。

    それは、
    「自分はこんなことに好奇心がある」
    と意識しながら過ごしているわけではなく、
    好きなことには自然と意識が向くので。

    だから、
    スポーツが好きな人は、
    自然とスポーツに関するさまざまな情報を集めるし、
    料理や食べることが好きな人は、
    おいしいレシピを自然と集めていたり、
    安くて美味しい飲食店をインターネットで調べるし、
    旅行が好きな人も同様である。

    コーチングは意識して好奇心を使う

    コーチングでは意識して好奇心を使う。
    どういうことか。

    「この人って何なんだろう???」

    って意識して思いっきり興味を向けるということ。

    勝手に人に興味や好奇心を向ける人もいるでしょう。
    しかし、そうではない人もいる。

    でも好奇心の種は誰の中にもある。
    だから意識して、相手の世界に好奇心を向ける。

    「この人って何なんだろう」
    「何が好きなんだろう」
    「何が嫌いなんだろう」
    「何を大事にしてきたんだろう」
    「何をしてきたんだろう」
    「何を楽しいと思うのだろう」
    「どんな苦労をしてきたのだろう」
    「どんな強みを持っているのだろう」
    「何が得意なんだろう」

    「何をしたいと思っているのだろう」
    「どんな人になりたいのだろう」
    「望んでいることはなんだろう」
    「夢はなんだろう」
    「今年の目標ってなんだろう」
    「どんな仕事をしたいと思っているのだろう」
    「自分の能力をどのように高めていきたいのだろう」
    「大事にしていきたい価値観はなんだろう」

    など

    好奇心を持つとスキルは勝手に使う

    こんな風に相手に全面的に好奇心を向けると、
    スキルは自動的に出てくる。

    好奇心を向けていれば、
    ちゃんと聴くものだ(傾聴)。

    好奇心を向けていれば、
    ちゃんと訊くものだ(質問)

    テクニックとしてやるのではなく、
    好奇心を向けるから、
    それが本物になっていく。

    コミュニケーションはテクニックにはまる

    コミュニケーションのさまざまな研修をやっていると、
    多くの人は、テクニックに焦点を当てる。

    しかし、
    コミュニケーションをどのようにするかは、
    その人が持っている意識が、
    その効果性を大きく左右する。

    そして、コーチングをうまく進めていくためのひとつの重要な鍵は、
    「好奇心」

    さてみなさんは、
    自分の周りのさまざまな人に、
    どのくらいの好奇心を向けているだろうか。

    その人の世界観って…

    その人の価値観って…

    その人の信念って…

    興味を持つと関係性が変わる。
    そんな視点をもって人と関わるのも良いのではないでしょうか。

     - チームコーチング

      関連記事

    目標を示してモチベーションアップ 〜コーチングの秘訣〜

    行動を維持継続していくためには目的が必要 今日は休日。 息子の要望にお応えして、 …

    アトラスグループ チームコーチングⅡ期セッション2

    本日はアトラスグループにおけるチームコーチング。 2期目のセッション2だ。 チー …

    no image
    アサーティブ・コミュニケーション

    今年はもうちょっと真面目にブログに取り組もうと、 心新たに決めたわけですが、 始 …

    no image
    ニュアンスは事実に変換しなければならない ~チームへのコーチングの挑戦~

    チームにおいてコミュニケーションは言うまでもなく重要であるがそのコミュニケーショ …

    no image
    「走りながら考える」文化!?

    今日はとある企業の研修 PDCAサイクルを回すことの重要性を確認していたときのこ …

    事実と解釈の区別が新たな決断を呼び起こす 〜コーチングで成果をつくる〜

    ヒトの行動を妨げるヒトの解釈と決断 私たちは一日の中でさまざまな出来事と遭遇しま …

    組織にコーチングの文化を! <帝京大学8連覇に見るコーチングの有効性>

    帝京大学8連覇 「帝京大学が前人未到の、大学ラグビー8連覇を果たした」 スポーツ …

    no image
    働き方改革って…

    働き方改革 「いやぁ、うちの会社、ブラック企業で…」 こんな会話は今どきのものだ …

    no image
    東日本大震災より丸3年

    タイトルにまずはこう書いてみたもののこの先に何と続けてよいかわからない ・・・ …

    no image
    今年の漢字一文字 

    私の2014年を漢字一文字に表すと・・・ 『動』 とにかく動いた一年。 ・全国を …