チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

子どもを育成するコーチングの考え方を受講して(その3) 〜PHPビジネスコーチ養成講座 マスタリーコース〜

      2017/11/28

情熱大陸・葛西紀明

スキージャンプの葛西紀明が大好きだ。
彼のストイックさには頭が下がりっぱなし。
爪の垢は煎じて飲みたくないけど、
もらえるものならもらいたい。

彼が努力している姿は私の生き方を正してくれる。

いつぞやの情熱大陸に出ていた。
かなりストイックなトレーニングをしていたのは、
やはり変わらず印象的であったのだが…、
それ以上に印象的であったことは、
イメージトレーニングだ。

海辺に選手を並べて、
しばらくの間イメージトレーニング。

舞台はオリンピック。
金メダルを獲るまでのイメージを、
できるだけ具体的に細かく、
イメージトレーニングをするとのこと。

イメージが強くなればなるほどに、
脳みそはそれを後押ししてくれる。

これは間違いのないこと。

フリースロー実験

バスケットボールのフリースローに、
イメージトレーニングを取り入れた、
興味深い実験がある。

3つのチームでフリースロー競争。

チーム1は、実際にボールを投げて練習。
チーム2は、何もしない
チーム3は、イメージトレーニング。

チーム1とチーム3の結果は、
ともに同じくらいの伸びを見せた。
さほど違いがなかったという結果。

チーム2は、言うまでもなく全く伸びない。

ということは、
実際の練習にイメージトレーニングを織り交ぜていったとしたら、
相乗効果が期待できそうだ。

敬遠されるイメージトレーニング

そうは言っても、ガッツ気合根性。
体動かしてなんぼ。
練習あるのみ。

目を閉じてイメージの世界なんて、
ちょっと怪しすぎる。

身体を動かしたほうがやった気になるし。
イメージトレーニングなんてなんだかもどかしい。

そんなことするなら練習したほうがマシ。

非常に効果的なトレーニングが、
こんな考え方によって敬遠されてしまう。

やってみなければわからないのに、
なんとももったいないことである。

イメージトレーニングの活用

スポーツはわかりやすい。
例えば100メートル走ならば、
自分がスタートする前から、ゴールテープを切るところ、
そして表彰式があるのであれば、
そこまでを具体的にイメージしたらいい。

野球やサッカーも同じ。
自分が活躍したい場面を、
より鮮明にイメージする。

ピッチャーとして、
バッターとして、
フォワードとして…、
好き勝手に活躍している姿をイメージすればよい。

五感を活かす

子どもの五感は実に敏感で素直。
この感覚を使わない手はない。

思う存分イメージさせて、
活躍の道筋をつける。

イメージは自由だ。

関連記事

子どもを育成するコーチングの考え方を受講して(その1) 〜PHPビジネスコーチ養成講座 マスタリーコース〜
子どもを育成するコーチングの考え方を受講して(その2) 〜PHPビジネスコーチ養成講座 マスタリーコース〜

 - チームコーチング

  関連記事

no image
柔道家 髙藤直寿の努力⇒進化

今日の報道ステーションで2013年の世界選手権60キロ級で金メダルを獲得した髙藤 …

no image
大阪府警が組織で成し遂げた目的とは…?

大阪府警がすごいことをやらかした81307件の犯罪を計上しなかったという※参考こ …

no image
枠組みの力 ~チームコーチングによる自発的組織改革~

本日の日経新聞 春秋にこんな記事が載っていた 五輪が世界のトップ選手の技を全員で …

no image
竹は節目をつけて上へ伸びる

私の大事な友人が福岡に転勤となった 近くにいると思っていたやつが突然遠くに行って …

no image
理解をつくる粘り強い対話①

「どうやればうまくいきますか?」 「どうやったらこんな上司とのコミュニケーション …

no image
阿部写真館 ~徳島の老舗写真館の挑戦~

私のクライアントである徳島の老舗阿部写真館が大阪のテレビで紹介されました なんと …

no image
PINK SHIRT DAY ~世界を変えるTV~

『世界を変えるTV』part2 PINK SHIRT DAY というものをご存じ …

no image
二兎を本気で追う者は二兎を得る

最近日経ビジネスの広告でこんなフレーズがあった 『二兎を追う者だけが二兎を得る』 …

no image
潮時って… ~巨人・井端のインタビューより~

本日の報道ステーションで中日から巨人に移籍した井端選手が出ていた 彼は野球界では …

組織においてやりたい仕事をするためには②

前回からの続き(前回ブログ) やりたいことをやるために 前回のブログで挙げた、 …