チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

子どもを育成するコーチングの考え方を受講して(その3) 〜PHPビジネスコーチ養成講座 マスタリーコース〜

      2017/11/28

情熱大陸・葛西紀明

スキージャンプの葛西紀明が大好きだ。
彼のストイックさには頭が下がりっぱなし。
爪の垢は煎じて飲みたくないけど、
もらえるものならもらいたい。

彼が努力している姿は私の生き方を正してくれる。

いつぞやの情熱大陸に出ていた。
かなりストイックなトレーニングをしていたのは、
やはり変わらず印象的であったのだが…、
それ以上に印象的であったことは、
イメージトレーニングだ。

海辺に選手を並べて、
しばらくの間イメージトレーニング。

舞台はオリンピック。
金メダルを獲るまでのイメージを、
できるだけ具体的に細かく、
イメージトレーニングをするとのこと。

イメージが強くなればなるほどに、
脳みそはそれを後押ししてくれる。

これは間違いのないこと。

フリースロー実験

バスケットボールのフリースローに、
イメージトレーニングを取り入れた、
興味深い実験がある。

3つのチームでフリースロー競争。

チーム1は、実際にボールを投げて練習。
チーム2は、何もしない
チーム3は、イメージトレーニング。

チーム1とチーム3の結果は、
ともに同じくらいの伸びを見せた。
さほど違いがなかったという結果。

チーム2は、言うまでもなく全く伸びない。

ということは、
実際の練習にイメージトレーニングを織り交ぜていったとしたら、
相乗効果が期待できそうだ。

敬遠されるイメージトレーニング

そうは言っても、ガッツ気合根性。
体動かしてなんぼ。
練習あるのみ。

目を閉じてイメージの世界なんて、
ちょっと怪しすぎる。

身体を動かしたほうがやった気になるし。
イメージトレーニングなんてなんだかもどかしい。

そんなことするなら練習したほうがマシ。

非常に効果的なトレーニングが、
こんな考え方によって敬遠されてしまう。

やってみなければわからないのに、
なんとももったいないことである。

イメージトレーニングの活用

スポーツはわかりやすい。
例えば100メートル走ならば、
自分がスタートする前から、ゴールテープを切るところ、
そして表彰式があるのであれば、
そこまでを具体的にイメージしたらいい。

野球やサッカーも同じ。
自分が活躍したい場面を、
より鮮明にイメージする。

ピッチャーとして、
バッターとして、
フォワードとして…、
好き勝手に活躍している姿をイメージすればよい。

五感を活かす

子どもの五感は実に敏感で素直。
この感覚を使わない手はない。

思う存分イメージさせて、
活躍の道筋をつける。

イメージは自由だ。

関連記事

子どもを育成するコーチングの考え方を受講して(その1) 〜PHPビジネスコーチ養成講座 マスタリーコース〜
子どもを育成するコーチングの考え方を受講して(その2) 〜PHPビジネスコーチ養成講座 マスタリーコース〜

 - チームコーチング

  関連記事

「スマホやめますか?それとも信大生やめますか?」

問いかけは人生に気づきと発見を促す。 だからコーチは楽しい。 コーチがどのような …

no image
新入社員研修から一週間

先日新入社員研修をやらせていただいた会社に立ち寄ってみた まだ一週間しか経ってい …

報連相がうまくなるたったひとつの問いかけ

ビジネスの潤滑油ほうれんそう ビジネスにおいて、何かの出来事や問題がおきたとき、 …

no image
新入社員予定者研修 ~有望なゆとり世代~

本日は某大手ゲームメーカーの新入社員予定者研修を行ってまいりました ゆとり世代と …

〜会議の枠組みづくり② 〜ファシリテーションの基本

さて昨日の続きです。 (昨日のブログはこちら) 枠組みづくりについて、具体的にご …

no image
スキージャンプ葛西紀明の41歳の挑戦 ~チームコーチングによる組織変革~

ジャンプの葛西選手がおよそ10年ぶりにW杯を制覇 41歳 やり続ける男の素晴らし …

no image
私の世界と息子の世界は違う ~コミュニケーションの基本~

「ここに信号ができたんだね~」と5歳の息子 通う保育園のほど近くにある交差ここに …

チームコーチングカンファレンス2016

チームコーチングカンファレンス2016 今年も開催されます、チームコーチングカン …

no image
目指すことが約束??? ~人を動かす言葉は厳密に~ チームコーチの視点

チームコーチの視点から、選挙戦を見る。 今回は、チームコーチとしてひとこと言わせ …

阿部写真館① 〜チームコーチング事例〜

最初のチームコーチング 私が最初にチームコーチングの実施をスタートしたのは、 今 …