チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

ビジネスコーチングの成果を左右するコーチのあり方

   

コーチングの引き出し

コーチングなどのコミュニケーションに関する講座を実施する際、
必ず伝えることがある。

コミュニケーションに関しては、
課題がある人が多く、
また、「苦手」と感じている人が非常に多い。

そして多くの場合、
「正しい答え」
「決まったやり方」

こんなことを求めて参加する。

つまり、
方程式や役に立つテクニックを求めてくるわけだが、
はっきり言ってそんなものは存在しない。

あれば私も教えてほしい。

コミュニケーションに関するテクニックは実際にはたくさんあるが、
現場で何がどのように役に立つかはわからない。

だから、
役に立つスキルを身につける。

適切なタイミングで適切な引き出しが出せるように、
正しいスキルを学び、理解し、トレーニングする必要がある。

コーチングは「あり方」×「やり方」

コーチングは「やり方」も大事だが、
その前に「あり方」が問われる。

どんなに素晴らしい技術や知識を持っていても、
意識やものの見方や考え方が腐っていれば、
その素晴らしい技術は役に立たない。

例えば、
「こいつは何をやってもうまくいくわけがない」
「私はこの人苦手」
「私の方が優秀であることを証明したい」
「自分のやり方が全て正しい」
「この部下には能力がない」
「こんな時代に成果を生み出すことは無理だ」
「この組織にいる以上能力を発揮することは難しい」

など。

こんな意識で人の支援をしていては、
どれだけ素晴らしいコーチングのテクニックを持っていたとしても、
コーチングは機能しない。効果的にならない。

というわけで、コーチは、
やり方を磨いていく前に、
誰かを支援していく、自分自身のあり方を、
整えて望む必要があるわけだ。

コーチングにおけるあり方「信・認・任」

パナソニック創業者の松下幸之助氏が、
部下育成の際に大事にした漢字3文字がある。

信じるということ。
部下の力や可能性を信じる。

自分で進み、成果をつくれると信じる。

ある意味、本人以上に信じること。
コーチングの相手が自分自身のことを信じられなかったとしても、
コーチは信じているということ。

認めること。

相手の世界観や価値観。
意見やアイデア。

自分と違うものであると、
それは「間違いである」と捉えがちである。

正しいとか間違っているとか、
そういった判断をする以前に、
相手の存在やアイデアを認めていくということである。

コーチングにおいては、
どうしてもコーチの意見を言いたくなったり、
コーチのアイデアをやらせたくなったりするもの。

しかしそれでは、
自主性が育たない。
自分で考える力が育たない。
責任を取らない。

考えることを相手に任せていくこと。
これがコーチングを成功させていく上での、重要な考え方でありあり方だ。

そしてこれらは、あり方の重要なものさし。
ここから自分を評価し責めるためのものではなく、
自分のあり方を見つめ正していくもの。

ずれていれば、意識して直せばいいだけのことだ。

まとめ

コーチングはやり方に焦点があたる。
しかし、あり方によってそれが言動に現れ、
コーチングにおける信頼関係を形成していく。

信頼を築きたければ、まずあり方から。

 - チームコーチング

  関連記事

no image
優れたリーダーは積極的に自己承認する

コーチングにおける承認 『正当または事実・真実と認めること』(広辞苑より) 似て …

望ましい言動を習慣にする

無意識に「いらっしゃいませ」 「いらっしゃいませ〜」 とあるコンビニの店員さん。 …

生きるべき役割から生きるススメ 〜コーチングの出発点〜

人は自分に役割を課し、それに見合った使命をまっとうする 人は生きる上で、 さまざ …

コーチがラポール(信頼関係)づくりのためにできること

コーチのあり方 この人にコーチングしてもらいたいという人である必要がある。 服装 …

肉体改造とチーム変革のプロセスは似ている!

私の肉体改造 今年の6月から肉体改造に着手した。 毎年一度はやってくる ぎっくり …

no image
「お前たち自身は小さい だが民衆の力は強い」 ~MANDELA~

本日は映画を一本もちろん会ったことはないが強く尊敬する男の生き様を見つめてきまし …

質問の工夫が部下のパフォーマンスを変える 〜コーチングで組織マネジメント変革〜

コーチング研修で最初の質問は? 今日はコーチング基礎講座の実施。 「今日はなんで …

no image
人生初の全身麻酔体験  ~チームへのコーチングの挑戦~

人生初の全身麻酔体験 37年連れ添った僕の扁桃腺 慢性的な炎症を起こすので今日で …

感動のコーチング

感動のコーチング 数か月前から、 コーチングの大先輩の紹介で、 私自身もコーチン …

no image
犠牲/代償を払う際の説明責任

昨日は犠牲/代償の必要性に触れた 仕事のために家族を犠牲にする 休日返上で仕事に …