チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

ビジネスコーチングの成果を左右するコーチのあり方

   

コーチングの引き出し

コーチングなどのコミュニケーションに関する講座を実施する際、
必ず伝えることがある。

コミュニケーションに関しては、
課題がある人が多く、
また、「苦手」と感じている人が非常に多い。

そして多くの場合、
「正しい答え」
「決まったやり方」

こんなことを求めて参加する。

つまり、
方程式や役に立つテクニックを求めてくるわけだが、
はっきり言ってそんなものは存在しない。

あれば私も教えてほしい。

コミュニケーションに関するテクニックは実際にはたくさんあるが、
現場で何がどのように役に立つかはわからない。

だから、
役に立つスキルを身につける。

適切なタイミングで適切な引き出しが出せるように、
正しいスキルを学び、理解し、トレーニングする必要がある。

コーチングは「あり方」×「やり方」

コーチングは「やり方」も大事だが、
その前に「あり方」が問われる。

どんなに素晴らしい技術や知識を持っていても、
意識やものの見方や考え方が腐っていれば、
その素晴らしい技術は役に立たない。

例えば、
「こいつは何をやってもうまくいくわけがない」
「私はこの人苦手」
「私の方が優秀であることを証明したい」
「自分のやり方が全て正しい」
「この部下には能力がない」
「こんな時代に成果を生み出すことは無理だ」
「この組織にいる以上能力を発揮することは難しい」

など。

こんな意識で人の支援をしていては、
どれだけ素晴らしいコーチングのテクニックを持っていたとしても、
コーチングは機能しない。効果的にならない。

というわけで、コーチは、
やり方を磨いていく前に、
誰かを支援していく、自分自身のあり方を、
整えて望む必要があるわけだ。

コーチングにおけるあり方「信・認・任」

パナソニック創業者の松下幸之助氏が、
部下育成の際に大事にした漢字3文字がある。

信じるということ。
部下の力や可能性を信じる。

自分で進み、成果をつくれると信じる。

ある意味、本人以上に信じること。
コーチングの相手が自分自身のことを信じられなかったとしても、
コーチは信じているということ。

認めること。

相手の世界観や価値観。
意見やアイデア。

自分と違うものであると、
それは「間違いである」と捉えがちである。

正しいとか間違っているとか、
そういった判断をする以前に、
相手の存在やアイデアを認めていくということである。

コーチングにおいては、
どうしてもコーチの意見を言いたくなったり、
コーチのアイデアをやらせたくなったりするもの。

しかしそれでは、
自主性が育たない。
自分で考える力が育たない。
責任を取らない。

考えることを相手に任せていくこと。
これがコーチングを成功させていく上での、重要な考え方でありあり方だ。

そしてこれらは、あり方の重要なものさし。
ここから自分を評価し責めるためのものではなく、
自分のあり方を見つめ正していくもの。

ずれていれば、意識して直せばいいだけのことだ。

まとめ

コーチングはやり方に焦点があたる。
しかし、あり方によってそれが言動に現れ、
コーチングにおける信頼関係を形成していく。

信頼を築きたければ、まずあり方から。

 - チームコーチング

  関連記事

DiSCコミュニケーション研修@写真館

DiSCコミュニケーション研修@内藤城 本日は、松本市にある写真館、内藤城長野事 …

no image
地図は領土ではない ~救急車の音は”んーぱー”~

『地図は領土ではない』 NLPのひとつの前提だ 地図は実際の土地からかなりの情報 …

コーチングで目標を達成させる3つのポイント③ ~エコロジーチェック~

コーチングにおけるエコロジーチェック エコロジー(ecology)「1.生態(系 …

no image
混沌の突破こそチームの鍵

本日の東京は 渋い雨 羽田空港も しとしとと雨が降っていた 徳島行の飛行機は 羽 …

no image
写真スタジオ「内藤城松本」チームコーチング

写真スタジオ チームコーチング 内藤城去年の12月より、 松本市の写真スタジオ、 …

成果をつくる最小限のミーティング ~チームをまるごとコーチング~

ミーティングは最小限で最大の成果を チームにおいてミーティングは大事な機会。 で …

Integrity Coaching 「突貫コーチング」vol.1

コーチングは使える! コーチングというものは、 非常に有効なコミュニケーションの …

社員のモチベーションを高める要素

いつもはひとりひとりコーチングを実施するのですが、 本日は趣向を変えて・・・ 社 …

NLPのテストで悔しい「19点」

NLP再受講 本日はNLPプラクティショナーコースの再受講。 何度目だろうか。 …

インターバルが必要なのはどの世界も一緒

わかっちゃいるけど止まらないPeople 先週から今週にかけては、 まあありがた …