チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

本間毅さん講演@HanaHaus 〜 Silicon Valley Tour 2017 〜Day2

   

HanaHaus@Palo Alto

Silicon Valley 2日目は、HanaHausからスタート。
パロアルトのなんとなく賑やかな通りに面して、
HanaHausの看板が出現。

↓エントランスに入るとこんな感じ。

カフェとコォワークスペースが併設された場所。
一時期日本でも話題となった、ブルーボトルコーヒーが入っている。

館内の撮影は…、すっかり忘れた…。

本間毅さん講演@HanaHaus

大学在学中にネットベンチャーを起業。
成功して売却後、ソニー→楽天と渡り歩く。
※ソニー在籍中に、シリコンバレーへ。

改めてスタートアップする気はまったくなかったと、
講演の中でもおっしゃっていたが、
住宅に関するビジョンを描き、再度スタートアップを決意。

電話であればiphone
車であればTesla

1世紀の時間をかけて劇的な変化を起こした。

しかし住宅はそれほど変わっていない。

今、世の中でうたわれているスマートホームは、
テクノロジーに人が合わせている状況。
スマートにしようとして、逆に問題が増えていると、本間さんは言う。

住宅業界において、真のスマートホームを実現すべく、
世の中のために情熱を注いでいる。

更に詳しくは、こちらの記事をご覧いただければと思います。

「情熱」というキーワード

やっぱり本間さんも言っていた。

「情熱」

今回のシリコンバレーツアーで、
もっとも多く耳にした単語といってもいいくらい、
みなさんが口にしていた言葉。

本気さ
一心不乱
がむしゃら

こんな風に、
ビジョンをわかちあい、
行動している姿が、
人をいい意味で巻き込み、
実現のスピードを早めていくんだなと感じた。

逆に、
「情熱」がないところに、
人は集まらない。
アイデアは生まれない。

情熱があるのかどうかは、
見ていればわかる。

日本とアメリカの起業の違い

日本でスタートアップを経験し、
日本の大企業で働いた経験を持つ本間さんが、
「起業」という観点から、
日本とアメリカの違いを語ってくれた。

聴きながら「なるほどそうだなぁ…」
と思い当たるものばかりであったのだが、
そのうちのいくつかを紹介する。

有名大トップクラスの卒業生の進路

日本:大企業、公務員
アメリカ:迷わず起業

確かにそうかも…。
無論全員ではないが、そのような傾向は強い気がする。

自分の能力を活かし、
リスクをとって世の中により大きな価値をもたらす、
ということよりも、
安定や約束された名誉や地位を求めていく傾向は、強いかもしれない。

なんせ、
なりたい職業ランキングNo.1は、
「公務員」
ですから…。

教育の過程において、
そういう刷り込みがされていくんだろうなぁと、
感じてしまう。

親や先生、社会の「言葉の力」というのは、絶大だ。

起業の理由

日本:自由に仕事をしたい、お金持ちになりたい
アメリカ:世界を変える、良くする

つまり、内(自分)向きなのか外向きなのかの違いがある。
本間さんも、学生で企業をしたときは、
どちらかというと自己実現のために起業したとおっしゃっていた。

失敗した人への反応

日本:金銭的・社会的信用の低下
アメリカ:経験値の高さを評価

失敗に対する考え方、捉え方が違うということも、
今回アメリカで話を聴いた中で、
多くの人が認識し語ってくれる内容であった。

起きた失敗、
それは自分のことであっても、人のことであっても、
それを分析し、参考にし、
次の成功につなげていくということをする。

つまり、
「失敗」という経験をしてくれた、
そのことを通じて「情報」をもたらした、
ということに、賞賛が与えられる。

資金の調達

日本:借金 →(主に銀行からの)借り入れ
アメリカ:投資 → 家族、友人、VCからの出資

シリコンバレーにおける出資の条件

メリットを享受する人がいるか
情熱を持っているか
人が喜ぶか

本間さんが考える、出資の条件を話してくれた。
これが、判断の基準。

まとめ

自分なりにポイントをまとめてみると…、

人や世の中の役に立つ(喜ぶ)ビジョンを描く。
Take a Risk
情熱を注ぎまくってわかちあう。行動する。

これがやはり…、
世の中に変化を起こしたり、
より大きな価値や変革を生み出したりする、
重要な意識でありことがら。

本間さん、本当にありがとうございました。

 - チームコーチング

  関連記事

ビジネスコーチング勉強会in北陸 ~チームコーチングで本物のチームづくり~

チームコーチングの原点は、コーチング。 明日は富山のユニオンランチでチームコーチ …

no image
止まって観る心の余白

人生において『止まる』時間をどのくらい持っているだろうか 私は毎日忙しくしている …

no image
絵本を書いて親友を救う ~世界を変えるTV~

何気なく見ていた世界を変えるTV ある6歳の少年が「病気の親友を救いたい」という …

no image
【どうでもいい話】ハンカチを口にくわえて…

トイレに入って手を洗う前にハンカチを出して口にくわえる人をたまに…と …

no image
聞くと聴く

コーチングやコミュニケーションに関するトレーニングでは『傾聴』というものを必ずテ …

no image
コーチングとの出会い ~チームコーチングで成果を創る真のチームを!~

『コーチング』という考え方は、基本的な部分では一致していると私は思っている。 し …

成果をつくるための鉄則サイクル

戦略にはまる多くの人々 目標達成にしても、 問題解決にしても、 人はあまりにも「 …

no image
ピットインコーチング@松本 

本日は経営責任者チームのチームコーチングを実施している長野県松本市の小林創建にて …

子供の中で遊びと学びは一緒 ~PHPビジネスコーチ養成講座再受講より~

本日は頭と心のメンテナンス。 PHPビジネスコーチ養成講座ベーシックコースの、 …

組織内の遠慮をなくすために絶対にやらなければならない最初のこと

組織に遠慮はつきもの さて、前回の記事でパワーネットフィールドの、 チームコーチ …