チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

シンギュラリティ大学 Jovan教授 〜シリコンバレーツアー2017〜

      2017/07/22

シンギュラリティ大学訪問

シリコンバレーツアー初日の午後は、
シンギュラリティ大学訪問と、
Exponential※について、Jovan教授から講義をしていただいた。

※Exponential
エクスポネンシャルに変化する=指数関数的に飛躍する

Linear→Exponential

段階的な変化を呼び起こすのではなく、
劇的な変化を創り出していくこと。

日本でよく言われる言葉であれば、
「改善ではなく、改革をする」

後に出てくるGoogleの言葉で言えば、
「Think 10x,Not10%」

シンギュラリティ大学というのは、
さまざまな分野において、
このExponentialを創り出していくために、
世界各国からユニークな頭脳が集まっている。

↓学内風景

6D 〜世界を変えているサービスの特徴〜

Jovan教授が、
世界を変えているサービスの特徴は、
6Dで表されると話してくれたことが、
私の中ではもっとも印象的であったこと。

6Dとは

Deceptive
Disruptive
Digitize
Dematerialize
Demonetize
Democratize

Deceptive

これは、
「出し抜く、欺く」
といった意味。

世の中からみて、
「これはやられちゃったな」
「これは気づかなかった…」

というような、してやられたと感じるようなサービスであること。

Disruptive

「破壊的である」
ということ。

場合によっては、既存の商品やサービス、
あるいはその市場を、
破壊してしまうようなものでもあるということ。

Digitize

「データ化」

これはそのまま。
数値化、データ化できるということ。

Dematerialize

「反物質」

形がない。在庫を持たない。
とこんな意味。

Demonetize

「無料化」

これもそのまま。
Freeで提供できる。

Democratize

「誰でも使える」

老若男女、使い手を選ばない。

6Dの意義や使い方

もちろん、世の中には、
維持していかなければならないサービスもたくさんある。

したがって、
すべての業界・業種や仕事において、
この概念を当てはめる必要はない。

しかし、
掲げるビジョンが大きく、
既存の概念を持って成し遂げることが難しかったり、
あるいは、恐ろしく時間がかかってしまうようなことであれば、
どこかの場面でExponential的変化を起こさなければならない。

また、6Dはすべての要素がなければいけないということでもないと、
Jovan教授はおっしゃっていた。

これらはひとつのものさし。
0か100かのスケールではなく、強度があるはず。

私がビジョンを実現していくために、
私の仕事や業界においては、
特にどこを意識していく必要があるのか。

これを考えることができる、ひとつの有効なツールである。

私のサービスは…、
どれもかなり数値が低いように感じるので、
一度脳みそを壊さなければいけないかも…。

というわけで本日は主に、
6Dのご紹介でした。

 - チームコーチング

  関連記事

子どもを育成するコーチングの考え方を受講して(その3) 〜PHPビジネスコーチ養成講座 マスタリーコース〜

情熱大陸・葛西紀明 スキージャンプの葛西紀明が大好きだ。 彼のストイックさには頭 …

コーチングで目標を達成させる3つのポイント① ~ものさしの併用~

前回までにお伝えしたSMARTモデルを踏まえて、 ここではコーチングにおいて目標 …

意識と無意識を使い分けたコミュニケーションを

無意識は形状記憶合金 朝起きて歯磨き。 2年ほど前から、電動歯ブラシを使っている …

no image
DiSCコミュニケーショントレーニング@構造&意匠設計事務所

本日チームコーチングを実施しているアトラス設計とカイ設計にてDiSCを使用したコ …

no image
『スケートは心で滑る』 by プルシェンコ

体育会TVでなんとフィギュア界の皇帝プルシェンコが本田望結にスケートを教えていた …

組織においてやりたい仕事をするためには②

前回からの続き(前回ブログ) やりたいことをやるために 前回のブログで挙げた、 …

チームコーチングにおけるプラン@アトラス設計

チームコーチング@アトラス設計 というわけで、昨日はアトラス設計のチームコーチン …

no image
チームコーチングカンファレンス2015

チームコーチングカンファレンス2015 今年もやります!チームコーチングカンファ …

モチベーションを育てる”承認”の力

人は自然に不足や欠点を探す 「正常な状態」というのが、ひとつの大きな物差しとなる …

チーム理念の認知⇒理解⇒実践

チームコーチングにおいて非常に重要な事柄。 チームの理念を明確にすること。 広辞 …