チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

強いチームのメンバーはビジョンを観る

   

チームの方向性

以前もブログでお伝えしたとおり、
組織というのは、人を集めただけでは、チームにならない。

チームには、
個人を束ねる理由が必要となる。

それが、組織の…、
使命・存在理由
ビジョン
目標
価値観・信念
戦略・役割
ルール

など

これが明示され、共有されない限り、
個人というのはチームを形成しない。

強いチームのメンバーはビジョンを見る

メンバーがビジョンを見て、
自分の能力を最大限発揮し、
役割を全うし、
また、ビジョン実現のために、
自分の意見を言う状態。

意見が異なれば、当然ながら葛藤は起きるのだが、
こういうメンバーの存在が、チームを強くする。

組織のトップだけではなく、
その他メンバーがビジョンに向けてアクセルを踏んでいる状態。

上司の顔色を見るメンバー

弱いチームの典型のひとつ。

メンバーが観ているのは、
上司の顔色。
あるいはその上の、
組織や会社の顔色。

ビジョン実現のために動くのではなく、
上司や会社を喜ばせるために動く。

発言は、上司が臨んでいるであろう意見を。
行動は当たり障りなく。

ブレーキは踏まないが、
アクセルも踏まない。

これでは、
上司の器が、組織の限界となる。

自分の欲求に溺れるメンバー

ビジョン実現のためではなく、
自分の正しさの証明。
自分の優秀性の証明。

つまり、
本人は気づいていないかもしれないが、
自分の欲求を満たすために、
さまざまな言動をする。

したがって、
仮にビジョンに向かってチームが動いていたとしても、
自分の意見と違えば抵抗や反発を起こす。

これは、
強烈にブレーキを踏んだり、
違う方向にアクセルを踏んでいる状態だ。

トップの仕事はビジョンを語り続けること

ビジョンは明確に示す必要があるが、
人は一度伝えただけでは十分に受け取らない。

それぞれのメンバーには状態がある。

自分の組織のメンバーが、
どのように自分のメッセージを受け取っているのかに、
十分な関心を向ける必要がある。

何がどのように、どこまで受け取られているか。
受け取られたものが、どのように理解されているのか。

しっかりと落とし込むまでに、
それなりの時間がかかることを覚悟しなければならない。

顔色を見て欲しい上司

Colleagues Cooperation Ethnic Diverse Partnership Concept

組織のトップも人間だ。
メンバーが横一線でビジョンに向かっていくことを、
心の底から受け入れなければならない。

それが許されない状況を感じ取れば、
当然ながら一瞬のうちに組織のメンバーは、
顔色を伺うことを始める。

これは日本の文化としてかなり強く根付いていること。
だからこそ、
組織のトップはかなり腹を括って、
共にビジョンを目指すことに取り組んでいかなければならない。

その結果、組織の中には、
当事者意識やビジョン実現に向けた本気さが、
創られていくことになるだろう。

 - チームコーチング

  関連記事

no image
聞くと聴く

コーチングやコミュニケーションに関するトレーニングでは『傾聴』というものを必ずテ …

日大アメフトタックル問題で日大学生は就職のピンチなのか?

日本大学アメフト部のタックル問題 日大アメフトのタックル問題が世間を騒がせている …

ハリルジャパンのほろにが発進 ~共有すべきチームの目的は~

ハリルジャパンがなかなか厳しいスタートを切った。 東アジアカップ最下位。 連覇を …

意図の階段 〜プレゼンテーション達人への道〜

プレゼンが苦手な日本人 本日はプレゼンテーションの基礎講座。 プレゼンに対する苦 …

初心忘るべからず ~チームコーチング~

昨日今日と2日間、PHP研究所(東京)にて若手社員研修を実施してきました。 久し …

no image
答えはクライアントの中にある ~コーチングの前提~

『答えはクライアントの中にある』 これは私がコーチングを学び、 衝撃を受け、 こ …

Umami Burger 〜Silicon Valley Tour 2017〜

ひとまず腹ごしらえ@Umami Burger シリコンバレーツアー2日目は、 h …

no image
チームは手段であり目的ではない

半谷です。こんばんは。 今日は組織とその目的のお話。 組織を支援する時に、 その …

祝!開業2周年 ~Leaders Base Japan~

Leaders Base Japan 開業2周年 おかげさまで、 開業してから2 …

「なんだそんなこと」 人にパワーを与えるリフレーミングの力 ~チームコーチングで真のチームづくりを!~

私の息子は目下、自転車の練習中。若干5歳。 すでに補助輪を外して3か月ほどになる …