チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

チームは手段であり目的ではない

   

半谷です。こんばんは。

今日は組織とその目的のお話。

組織を支援する時に、
その組織の長、またはオーナーと話をする。

「とにかく組織力を上げたいんです」
「チームが一丸となるように…」
「ひとりひとりの当事者意識を上げたいんです」

とこんな答えが返ってくることがある。

今の状態は???

「お互いに無関心」
「協力する気がない」
「自分の組織に一生懸命」
「縦割りでお互いがいがみ合っている」

チームになるには理由が必要

チームにすることが、最終ゴールのように見えている状態では、
決してうまくいかない。

「仲良しグループ」をつくることなど、
誰も望んでいない。

パートナーシップを築いていくことは、
なかなか面倒くさいことだ。

みんな自分のやり方でやりたいし、
自分の考え方や世界観を否定されるのはキツイことだし、
できるだけ慣れ親しんだいままでの手順でやること。

こんなことを望んでいる。

自分の枠組みを越えて、人とパートナーシップを築いていくことなど、
できれば願い下げたいものなのだ。

チームにすること、組織で働くことの理由は、
個人ではできないことが組織ではやれるという確信と、
そこに向けての自分なりの意味付けをするから。

これが無い中でのチームづくりは不可能に近い。

チームにする理由とは

理由、

すなわち、

組織の使命、ビジョン、目標。

これが明確に提示されるか、または自分たちで決めること。

そして、それらのことに、各個人が意味を持てること。

少なくともこの手順を踏まなければ、
個人をチームにすることはできない。

「彼らが共通して取り組む目標は何ですか?」

の質問に対して、

「それは○○です」
「それは彼らが自分で決めればOKです」
のいずれかの答えを持っていなければ、
組織はチームとして機能しない。

本日のまとめ

というわけで、
チームづくりが目的になることはありえない。

チームは何かを達成するために必要な手段である。

使命があって、ビジョンがあって、目標があるから、
それを実現、達成するために、
機能するチームを創る。

チームのメンバーは、
自分の口でこれらを流暢に語れる必要があるし、
そのビジョンや目標に向けた自分の役割を明確に知っている必要があり、
また、それを主体的に実行する準備が必要がある。

組織にとって、個人にとって、
意味のある目標に心を合わせること。

この結果、集団はチームを形成するのである。

 - チームコーチング

  関連記事

まずはこれだけ!コーチングスキル ~ペーシング&リーディング編~

前回はラポールの形成はコーチングにおいて生命線だという話をした。 今回はラポール …

関わりの土台を築く 〜マネジメントのコツ〜

「きびしく関わるぞ」 本田圭佑が帰ってきた。 24日に行われるアフガニスタン戦に …

ソフトバンク日本一に観る工藤監督のマネジメント

ソフトバンク日本一 ソフトバンクホークスが日本一に輝いた。 工藤監督は就任一年目 …

金メダルの理由 〜リオオリンピック男子体操団体〜

リオオリンピック男子体操団体 念願の金メダル 男子体操団体が、 アテネオリンピッ …

メンターの辞書に「コーチング」という文字はない②

「メンターの辞書に「コーチング」という文字はない①」より続き メンターにコーチン …

1年の計は元旦にはない

次年度の計画 いよいよ今年も12月に突入。 みなさんはどのタイミングで来年の目標 …

絆を深めるパパママインタビュー 〜過去のこと編〜

インタビューをしてみる 今日は実際にどのようにインタビューをするのか。 何を聴く …

no image
チームコーチング in松本@小林創建

本日は松本の住宅メーカー小林創建においてチームコーチングを実施 経営者や執行役員 …

仕事の勉強会 ~ファシリテーション編~

本日は仕事の勉強会。 松本にて。 1か月に1度のビジネスマンのための勉強会は、 …

チームコーチング3rd season (day2) @小林創建

小林創建チームコーチング2日目 本日は、小林創建にて、 チームコーチング初回2日 …