チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

好きこそものの上手なれ

   

どうも、半谷でございます。

昨日は久しぶりに、大学院生の友人と会いました。
どうやら1ヶ月前に、南アフリカに行ったようです。

恐るべき好奇心の力

彼女はもともと、リーダーシップに関する研究を続けており、
中でもネルソン・マンデラのリーダーシップに感銘を受けたとのこと。

なんと、6年もの間、ネルソン・マンデラに会うために、
アプローチをし続けたんだとか。

結局その願いは叶わず、
ネルソン・マンデラ氏は他界してしまったわけですが…。

「もうとにかく、ネルソン・マンデラが好きなんです!」

キラキラと輝く彼女の目は、
まっすぐにネルソン・マンデラを見ていました。

そんな彼女の
「すきなこと」
であり
「好奇心が思いっきり向くモノ」
というのは、ものすごい情熱と行動力を生む。

そんな彼女が羨ましくもあり、
とっても刺激を受けたわけですね〜。

photo credit: Dietmar Temps Madagascar, funny boys via photopin (license)

好きなものは何ですか?

「好きなものは何ですか?」
「何に関心がありますか?」
「あなたの好奇心は何に向いていますか?」

と訊かれた時に、あなたはなんと答えるだろうか?

私は少なくとも、
パッと答えが出なかった。

「私これが好きなんですよ〜」

って自信を持って、あるいは情熱を持って、
回答するものが私の頭の中にはない。

「そこそこ好きなもの」は結構たくさんある。

でも、

「圧倒的に好きなもの」
というものがパッと出てこない。

仕事は結構好きなのだが、
彼女がネルソン・マンデラに向けるほどの情熱を持っているかというと、
恥ずかしながらその基準には届かない。

スポーツ
料理
食べること
機械
旅行
人を驚かせること
新しいこと
効率化

没頭して読み終えてしまったような本は何だろう…。
映画はあるだろうか…。

好きなこと探し

そもそも、好きなものやハマっていることなんて、
普段意識することではないかもしれない。

いつの間にか好きになっているし、
いつの間にか好きではなくなっている。

「何が好きなのかなー」
って意識を向けてみるのも面白い。

好きかどうかわからないけれども、
とにかくやってみるのがいいのかもしれない。

いつどこでどんなことに出会うかわからない。

好きこそものの上手なれ

こんなことわざがあるが、
本当にそうだなと思う。

好きで好きでたまらなくて、
情熱を持って没頭している人には、
ちょっとかなわないなぁと思う。

好きなことに出会えることは幸せなこと。
好きなことをやり続けられることも幸せなこと。
好きなことを仕事にできるのであれば、なお幸せなこと。

今日は、天ぷら屋さんの大将に、
釣りを進められた。

なるほど、
もしかしたらここにハマるかもしれないなぁ…。

いくつになっても、遅いことはない。
好きなものに出会う可能性は、
人生が終わるまで続く…、
続けられると幸せだろう…。

 - チームコーチング

  関連記事

観察の視点 〜コーチングの有用性〜

photo credit: Baseball via photopin (lic …

変革に必ずやってくる”トランジション”

トランジションとは transition 1.移り変わり、推移、変遷、移行 2. …

no image
大胆さと慎重さ ~チームへのコーチングの挑戦~

2日前に扁桃腺除去の手術をして今日は手術から3日目 昨日はかなり体調もよく流動食 …

チームコーチング事例 阿部フォトグラフィーの1回目④

さてさて、阿部フォトグラフィーの最初のチームコーチングのお話しです。 忘れもしな …

no image
目的達成・価値創出のためには犠牲/代償を払う覚悟を

『犠牲』という言葉にどのようなイメージを持っているだろうか 私は少なくとも「ただ …

リーダーシップを発揮してほしいのであればまずは自らリーダーシップを!

今年は子どもに習い事をさせるのだ 今年の私の目標のひとつに、長男になにか習い事を …

no image
潮時って… ~巨人・井端のインタビューより~

本日の報道ステーションで中日から巨人に移籍した井端選手が出ていた 彼は野球界では …

大きな成果を手にするために

ハイリスクハイリターン より大きな成果を手にするためには、 より大きなリスクを覚 …

チームコーチング体験談 ~小林創建社長インタビュー~

本日は、長野県松本市。 去年の2月~10月までチームコーチングを実施いただいた小 …

私の質問に答えなさい!

「私の質問に答えなさい!」 あるいは 「質問の答えになっとらん!」 こうやって言 …