チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

好きこそものの上手なれ

   

どうも、半谷でございます。

昨日は久しぶりに、大学院生の友人と会いました。
どうやら1ヶ月前に、南アフリカに行ったようです。

恐るべき好奇心の力

彼女はもともと、リーダーシップに関する研究を続けており、
中でもネルソン・マンデラのリーダーシップに感銘を受けたとのこと。

なんと、6年もの間、ネルソン・マンデラに会うために、
アプローチをし続けたんだとか。

結局その願いは叶わず、
ネルソン・マンデラ氏は他界してしまったわけですが…。

「もうとにかく、ネルソン・マンデラが好きなんです!」

キラキラと輝く彼女の目は、
まっすぐにネルソン・マンデラを見ていました。

そんな彼女の
「すきなこと」
であり
「好奇心が思いっきり向くモノ」
というのは、ものすごい情熱と行動力を生む。

そんな彼女が羨ましくもあり、
とっても刺激を受けたわけですね〜。

photo credit: Dietmar Temps Madagascar, funny boys via photopin (license)

好きなものは何ですか?

「好きなものは何ですか?」
「何に関心がありますか?」
「あなたの好奇心は何に向いていますか?」

と訊かれた時に、あなたはなんと答えるだろうか?

私は少なくとも、
パッと答えが出なかった。

「私これが好きなんですよ〜」

って自信を持って、あるいは情熱を持って、
回答するものが私の頭の中にはない。

「そこそこ好きなもの」は結構たくさんある。

でも、

「圧倒的に好きなもの」
というものがパッと出てこない。

仕事は結構好きなのだが、
彼女がネルソン・マンデラに向けるほどの情熱を持っているかというと、
恥ずかしながらその基準には届かない。

スポーツ
料理
食べること
機械
旅行
人を驚かせること
新しいこと
効率化

没頭して読み終えてしまったような本は何だろう…。
映画はあるだろうか…。

好きなこと探し

そもそも、好きなものやハマっていることなんて、
普段意識することではないかもしれない。

いつの間にか好きになっているし、
いつの間にか好きではなくなっている。

「何が好きなのかなー」
って意識を向けてみるのも面白い。

好きかどうかわからないけれども、
とにかくやってみるのがいいのかもしれない。

いつどこでどんなことに出会うかわからない。

好きこそものの上手なれ

こんなことわざがあるが、
本当にそうだなと思う。

好きで好きでたまらなくて、
情熱を持って没頭している人には、
ちょっとかなわないなぁと思う。

好きなことに出会えることは幸せなこと。
好きなことをやり続けられることも幸せなこと。
好きなことを仕事にできるのであれば、なお幸せなこと。

今日は、天ぷら屋さんの大将に、
釣りを進められた。

なるほど、
もしかしたらここにハマるかもしれないなぁ…。

いくつになっても、遅いことはない。
好きなものに出会う可能性は、
人生が終わるまで続く…、
続けられると幸せだろう…。

 - チームコーチング

  関連記事

no image
嫌われ役は組織に必要か?

嫌われ役が必要だという勘違い 「誰かが嫌われ役になる必要があるんだ」 「きついこ …

自己表現文化の醸成②「文化形成のコツ」 〜コミュニケーションの基本〜

さて、前回(↓)からの続きである。 自己表現文化の醸成①「自己表現までのプロセス …

no image
ブログで世界の給食に違いを起こした少女 ~世界を変えるTV~

あるイギリスの女の子一食あたり260円ほどの給食があまりにもひどい お腹いっぱい …

組織においてやりたい仕事をするためには①

もうじき春ですね♪ さて、2017年も、はやいことで3月。 あと1ヶ月もすれば、 …

私のぎっくり腰はどのように治るか ~重要な変化の3ステップ~

代えの利かない私の仕事 私の腰は爆弾を持っている。 つい先月もぎっくり腰をやった …

【告知】チームコーチングカンファレンス

チームコーチングカンファレンス2015 いよいよ来月に迫ったチームコーチングカン …

組織におけるトップのリーダーシップ

慣れ親しんだマクドナルド ここ数日、マクドナルドがニュースをにぎわしている。 ど …

千葉でカッコいい社会人になれる本vol.8に掲載されました 

3月頭にインタビューしていただいた、 『千葉でカッコいい社会人になれる本vol8 …

小林創建チームコーチング 事前インタビュー

チームコーチング@小林創建の事前インタビュー この2日間は 長野県松本市の工務店 …

no image
自信をつけたい人へ朗報

こんにちは。はんがいともなりです。 今日は、 多くの人が欲してやまない 「自信」 …