チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

組織においてやりたい仕事をするためには②

   

前回からの続き(前回ブログ

やりたいことをやるために

前回のブログで挙げた、
会社を辞めてしまうさまざまな要因の中から、
今回のブログでは、
「やりたい仕事ができない」
ということを取り上げてみる。

組織に入って本当にやりたい仕事ができる人ってどんな人かを考えてみた。

自分のことを知っている人

これは当たり前のことなのであるが、
自分が何を考え、
どのようなことに喜びややりがいを感じ、
どのようなことが得意で、
どのようなことが得意になりたくて、
どんなお客さんを相手にしたくて、
どのような仕事のスタイルを好み…

といった、自分のことを知っている人。

これを知らなければ、
何をやりたい人なのかを知ることすらできない。

自分のやりたいことを知っているひと

その上で…、
それゆえに、
どのような仕事をしたいのか。
あるいはどのような仕事をするべきなのか。
何で力を発揮したい人なのか/できる人なのか

これを知っている人が、
自分のやりたいことが出来る人の前提である。

できるようになる前に、
知っていなければならない。

これは物事の順序として、
ごくごく当たり前のことである。

当たり前すぎて、
人はなかなか気づくことができないのであるが…。

ビジョンを描ける人

やりたいことはゴールではなく、手段である。
その手段で、何を実現したいのか。

それをやることでどうなるのか。

という風に、先を描ける人は更に強い。

具体的なゴールのイメージは、
自分も含めて、人を動かす。

モチベーションが起きると同時に、
そのゴールに共感する人を巻き込むことができる。

発信する人

やりたいことやビジョンを発信する人は、
やりたい仕事を引き寄せる。

「私これがやりたいんです」

胸のうちに秘めているだけでは、物事が動かない。

それがどう思われようと、どう評価されようと、
その仕事を割り当てる人や、
その権限を持った人に届かなければ意味がない。

たまたまその仕事を割り当てられた

のではなく、
自ら引き寄せていくための発信が鍵となる。

結果を創っているひと

人はよく権利(自由)ばかり主張する。

「これがやりたい」
「こうしたい」

しかし、
権利と一体になっているのが、責任である。

責任を取っている人には、
権利や自由が与えられる。

世の中の自然の摂理だ。

上司の期待に答える人

会社組織であれば、
自分のやりたい仕事や、行きたい部署に転属するためには、
多かれ少なかれ、自分の上司の力が働く。

その力なしには、
なかなか動くことができない。

上司を味方につけること。
これが重要だ。

それゆえに、
上司の考えや価値観を汲み取り、
上司の期待に答えること。

これも大事になってくる。

自分の正しさを主張し、
上司と対立ばかりしていては、
なかなか道を拓くことはできない。

運のいい人

こういう要素も、実際にはあるだろう。
ただ、運というものは自分で引き寄せるものでもある。

だからこそ、
上記の「発信」のパワーがものを言う。

「運がいいよなぁ」
って思われているような人は、
しっかりと自分のことを表現・発信しているものだ。

石の上にも3年

3年はどこへ行っても
最低限の修行の期間だ。

この間は、
意味がわからなくても、
とにかく無我夢中でやってみたらいい。

基礎をつくるということは、なかなか大変な仕事である。

特に新人と呼ばれる時代においては、
ひとつひとつの仕事は、
たいてい大きな全体から観た、
ほんの一部のパートに過ぎない(ことが多い)。

それを全体であるかのように勘違いして、
つまらなさを感じたり、
それですべてが解った気になったりして、
「もう十分!」って手放してしまったりもする。

しかし、
その仕事の本当の意味や旨味がわかるのは、
大抵の場合は時間がかかる。

まだケツの青いうちに、
わかったような気になって、
せっかく創ることのできる基礎ができなかったり、
その仕事や業種や会社だからこそ見ることのできる世界が観られなかったり、
そんなのはもったいない。

やりたい仕事を考えることができたり、
選ぶことができたりするくらいまで、
腰を据えて会社や上司やお客さんの期待に答え続けていけばいい。

突き進めば道は開けるであろう…。

 - チームコーチング

  関連記事

no image
目を輝かせる指揮者の力 ~チームへのコーチングの挑戦~

今朝テレビをつけたらeテレでTEDが流れていた ベンジャミンザンダーという指揮者 …

no image
依存から自立へ

自分では何も出来なかったもうすぐ2歳の私の次男 最近はいろいろやりたがる チャイ …

no image
コーヒーの値段が同じならばサービスがいい方を選ぶ

本日とあるコーヒーチェーンにて 店を出るときにトレイとカップを返す カウンター越 …

no image
反省の技術

反省が下手な日本人 「反省しなさい」 こんな言葉を掛けられたことがない日本人は、 …

自分の会話を変える ~チームコーチング事前INT~

アトラス設計 次世代メンバーチームコーチング 本日は、アトラス設計にて、チームコ …

no image
優れたリーダーは積極的に自己承認する

コーチングにおける承認 『正当または事実・真実と認めること』(広辞苑より) 似て …

傾聴はコーチングの始まり②

というわけで、 前回ブログからの続きでございます。 やっぱりコーチングは、 傾聴 …

承認のススメ part2 〜コーチングで組織マネジメント変革〜

というわけで、 昨日のブログから引き続き本日は、 「承認するとき3つのポイント」 …

「伝える」ということ 〜コミュニケーション達人への道〜

アサーティブコミュニケーション研修 本日はアサーティブコミュニケーションの研修を …

ハラハラドキドキの徳島行 ~阿部フォトグラフィー プロジェクトチームコーチング~

毎月一度の阿部フォトグラフィー@徳島 今回は、徳島悪天候につき、 飛行機が着陸で …