チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

継続こそ力なり→継続しなければ力を失う

   

息子の体操

我が息子は、4歳から5歳まで、
体操をやっていた。

週に1回、90分のトレーニングであったが、
それなりにうまくなっていったもんだ。

マット運動
跳び箱
そして何よりも、
興味を持っていた鉄棒。

5歳ながら、
連続逆上がりを
ブンブンやってしまうような感じであった。

ところが、
5歳のある日、
息子は体操をやめた。

しばらくは、
公園で鉄棒などをやっていたが、
興味はいろいろなものに移っていく。

そろばん
公文
野球

子供であっても
掛けることのできる時間には限りがある。

何かを選ぶということは、
何かを手放すということ。

鉄棒に掛ける時間はなくなっていった。

久しぶりの鉄棒

今日は久しぶりに家族で公園へ。
千葉に戻ってきてからは、
しばしば行っていたお気に入りの公園であったのだが、
最近はあまり行かなくなっていた。

そこには、
ローラーすべり台、
そこへ行くためのアスレチック、
ターザンロープ、
滑り台やブランコ。
そしててつぼう、
サッカーなどができる広場など、
身近ながら子供が喜ぶ機能が揃った公園で、
親の私たちもお気に入り。

さて、鉄棒だが、
「久しぶりに鉄棒するところがみたいなぁ…」
って言ってみたら、
やってくれた。

ところが、
ヒョイヒョイできていた逆上がりも、
なんとなく辿々しく、
少し高い鉄棒では、
逆上がりすらできなくなっていた。

また、
連続逆上がりは
チャレンジすらせずに終えてしまった。

「昔取った杵柄」
とはよく言うが、
昔のレベルでやることはできない。

なるほど、
継続しないということは、
力を失うことなのだと、
改めて実感した一場面であった。

継続しないと力が落ちるさまざまなコト

そういえば、
なんでもそうだ。

英語などの語学も、
筋トレやさまざまなスポーツも、
あらゆる仕事も、
死ぬほど努力して取得した資格に関する知識や能力も、
しばらくやっていなければ、
どうしたって勘は鈍る。

それを取り戻すには、
それなりに時間を要する。

何らかの能力を身に着けたのだとしたら、
おそらく、継続的な努力をしたことだろう。

それが、
「無」になってしまうのは、
非常にもったいないことである。

能力の維持・向上には目的が重要

というわけで、
必要なことは、
継続させることが重要だという、
当たり前のメッセージが、
今回の落とし所なのだが…、

では、継続には何が必要か。

資格などはわかりやすいが、
取得することがゴールになりやすい。

それを使うからこそできる、
より大きなゴール(目的)の設定が不可欠だ。

目的は自分次第で、
成長させることができる。

『そのゴールの向こうは、
「何に」「どのように」つながっているのか』

これを自分でつなげていくこと。
それを意識することで、
必然的にやらねばならぬこととなる。

継続には目的が不可欠。

さて、うちの子には、
どのように意識付けをしてあげようか…。

 - チームコーチング

  関連記事

「行動と成果を2倍にする先行管理」仕事の勉強会@内藤城松本スタジオ 

仕事の勉強会@内藤城松本スタジオ 去年から、「仕事の勉強会」という、 社会人・ビ …

no image
人生初の全身麻酔体験  ~チームへのコーチングの挑戦~

人生初の全身麻酔体験 37年連れ添った僕の扁桃腺 慢性的な炎症を起こすので今日で …

no image
組織の目標に主体性をもたせる4つのポイントvol.2 〜コーチングの力〜

というわけで、前回ブログからの続き。 コーチングによって主体性を強めていく 主体 …

チームコーチング事例 阿部フォトグラフィーの1回目④

さてさて、阿部フォトグラフィーの最初のチームコーチングのお話しです。 忘れもしな …

no image
マイケルチャンから学ぶ本来のゴールを示し続けるコーチのあり方

錦織圭が全米オープンでベスト4に進出したすばらしい快挙だし私もうれしい そして& …

成果をつくる最小限のミーティング ~チームをまるごとコーチング~

ミーティングは最小限で最大の成果を チームにおいてミーティングは大事な機会。 で …

no image
NLP再受講in大阪

本日ははるばる大阪までNLPの学習 目的はNLPの知識とスキルのブラッシュアップ …

まずはこれだけ!コーチングのスキル ~傾聴編その二~

クライアントの話を整理するバックトラックと要約 コーチングをする際には、クライア …

メンターの辞書に「コーチング」という文字はない②

「メンターの辞書に「コーチング」という文字はない①」より続き メンターにコーチン …

子どもを育成するコーチングの考え方を受講して(その2) 〜PHPビジネスコーチ養成講座 マスタリーコース〜

<前の記事より> コーチングの前提(続き) 肉体的には親から生まれてきていても精 …