チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

傾聴はコーチングの始まり②

      2017/02/15

というわけで、
前回ブログからの続きでございます。

やっぱりコーチングは、
傾聴していなければ始まらないなと感じたわけです。

傾聴のテクニック

傾聴するための…、
というよりも、

「ちゃんと聴いてくれているな」

と相手が実感を得られるように、
傾聴にもやり方がある。

うなずき
あいづちは、
首の上下運動。

首を(基本的には)縦に振る行為をうなずきと呼ぶ。

日頃なにも反応しない人は、
これをするだけでも、相手に安心感を与えたり、
聴いてくれているという実感をもたらすことができる。

あいづち

声、短い言葉を使った、「聴いてますよ」のサイン。

<あ行>ああ、あーはー、あいしー、いいね、いぇー、うん、ええ、えぇ!?、おー、おい
<か行>からの〜?かんぺき、
<さ行>さぁ…、さあね、そうだねー、そうなんだ、そうそう、それで?それから?そして、
<た行>たまんねー。ちょっと。
<な行>なるほど。ねぇ。
<は行>はいはい、はい、はぁ、ふーん、ふんふん、へぇ〜、ほうほう、
<ま行>まあね。も〜。
<や行>やー、やっぱり、やはりな、よぉ、よかった…、よいよい、
<ら行>リアリー?
<わ行>わーい。ん。

とまあ、いろいろある。

無意識のあいづちは、きっと得意技が決まっている。
たいてい1種類。
多くても2〜3種類。

あいづちのバリエーションを増やしてあげるといい。

キーワードの反復

相手が話している大切な言葉を繰り返す。

うなずきやあいづちは、仮に聴いていなかったとしてもすることができる。
しかし、キーワードの反復は、聴いていなければ絶対にできない。

したがって、
「聴いてくれているんだな」
ということが、よりよくわかる。

また、キーワードを繰り返すことを通じて、
相手は自分の話を整理できる。

あるいは、
コーチも、記憶にインプットすることができ、整理もできる。

キーワードの繰り返しはいいことづくめである。

感情の反射

気持ちを捕まえる。

「うれしかったんだね」
「かなしかったんだね」

「今とっても辛そう」
「かなり怒ってるね」

相手が感情の言葉を口にするかもしれないし、
それが推測できるような話し方をするかもしれないし、
今目の前に現れている様子に、感情が出ているかもしれない。

これらのことを捕まえるのです。

人は自分の気持ちをわかってほしいもの。

欧米人はうなずかない???

今日受講生が、
「実は先日参加したセミナーで、
欧米人とやりとりするときは、
あまりうなずかないほうがいいって言われたんです」
って教えてくれた。

私は恥ずかしながら、
そんな文化をまったく知らなかったので、
ちょっとググってみたわけですが、

「ほんとだ〜」
と驚いたわたくしでございました。

というわけで、
欧米人はうなずかないらしい。

逆にうなずいて聴く日本人を、
不思議な感じで見つめるそうです。

欧米人は、
アイコンタクトや目の動き、
眉の動きなどで、
意思の疎通を確認しているらしい。

文化の違いというのは、面白いですねぇ…。

というわけで、
今日は余談もはさみながら、
傾聴のテクニックに関するお話でした。

次のブログでは、
傾聴の効果や、
傾聴がコーチングにおいてどのように大事なのかということに、
触れてみようかなと思います。

 - チームコーチング

  関連記事

【告知】チームコーチングカンファレンス2015

チームコーチングカンファレンス2015 開催決定! 今年もやります、チームコーチ …

DiSCを使ってペーシング&リーディング 〜写真館のための勉強会〜

写真館のための勉強会@内藤城松本 私は独立したときより、写真館とのご縁を頂いてお …

no image
経営(企業)理念と目的の融合

本日は某企業様の新入社員研修に携わらせていただきました ビジネスマナーの基本では …

年間目標設定の効果的なカテゴリ分け

目標を立てる切り口 目標の切り口はいろいろある。 目標設定のフレームワークだ。 …

no image
弊社の意味は?

日ごろ無意識に使っている言葉その意味をちゃんと調べてみるとなかなか面白いことがあ …

もともと備わっている修正の能力 ~本人の力を最大限活かすコーチング~

休日は、息子と公園で過ごす時間が多い。 1年前はブランコにすべり台。 今は鉄棒に …

仕事の勉強会 ~ファシリテーション編~

本日は仕事の勉強会。 松本にて。 1か月に1度のビジネスマンのための勉強会は、 …

ぼこぼこのグラウンド ~チームコーチングで真のチームづくり~

少年時代に野球に没頭したグラウンド。   このマウンドからたくさんの球 …

no image
二兎を本気で追う者は二兎を得る

最近日経ビジネスの広告でこんなフレーズがあった 『二兎を追う者だけが二兎を得る』 …

no image
競争の健全性

昨日『競争と共創』に触れた 書きながら改めて健全な競争の重要さを感じたのだがじゃ …