チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

コミュニケーションのカギを握る「ペーシング」〜DiSCコミュニケーション〜

      2017/02/11

コミュニケーションのカギを握るペーシング

今日は、コミュニケーションにおいて、
非常に役に立つ考え方、テクニックを紹介する。

その名も…、

「ペーシング!」

ペーシングとは

ペーシングというのは、
ペースを合わせるという意味。

読んで字のごとくだが…。

分かりやすいのは、二人三脚。

2人で足を縛って走る競技。
あれはペースがあっていないと走れない。

始めのうちは、お互いのペースを読みながら、
相手の力量に合わせて走る。

そうしなければ転んでしまう。
「この人とは一緒に走れない」
って思うかもしれない。

スピード、歩幅、掛け声、腕の振り方、肩の組み方、
こういったさまざまな要素を、
意識して相手に合わせている。

だから、
足が紐で縛られていても、
一緒に走ることができるわけです。

コミュニケーションのペース

コミュニケーションも一緒。

コミュニケーションというのは、
私たちが子供の頃から慣れ親しんでいるもの。

そして、
人それぞれの好みのペースが存在する。

しかし、
人はコミュニケーションに自分のペースがあることにすら、
気づいていないことが多いけれど…。

コミュニケーションのペースの要素

簡単にペーシングできる要素としては、
コミュニケーションの3Vがある。

Verbal:言葉

これは、用いる言葉のこと。
話す内容だ。

話題が合う。
話や用語のレベル。
言葉遣い。
敬語。

これらが相手にマッチしていれば、
言葉によるペーシングができていることになる。

Visual:視覚情報

目から入ってくるさまざまな情報のこと。

つまり、

表情
態度
姿勢
服装
ジェスチャー
髪型
体の動き
アイコンタクト

など

話の内容に即して、
これらの要素を合わせていく必要もあるし、
相手が望む、これらの要素の使い方を意識する必要もある。

例えば、
表情をあまり出さずにコミュニケーションをする人に対して、
表情豊かに話をすると、
それだけで、
「自分とは違う人種だ」
と一線を引かれてしまうこともある。

Vocal:聴覚情報

これは耳から入ってくる情報…。
というと、言葉も含まれてしまうが、
ここでの意味は、
「耳触り」とでも言っておこうか。

要するに、
声の様子を表すさまざまな要素のこと。

声の…

大きさ
トーン
スピード
間の撮り方
リズムやテンポ

など

ペーシングがなぜ大事か

コミュニケーションで意識しなければならないことは、
相手とどのように信頼関係を築いていくかということ。

コミュニケーションを通じて信頼関係を築いていくし、
信頼関係があるから、適切なコミュニケーションを行うことができる。

ペーシングというのは、ちょっとしたことなのだが、
信頼関係を築くためにわかりやすいやり方の一つだ。

コミュニケーションのペースが合う

「なんか話しやすいな…」

「なんかこの人(波長が)合うかも…」

「もっといろいろ話したいな」

という感じ。

こんなことわざわざ意識しないけど、
こういうことが頭の中で起こる。

「なんか合うかも」

このように思わせたら、
信頼関係は雪だるま式に積み上げていくことが可能となる。

というわけで、今日のところは、まず、
「ペーシング」
って使えますよというお話でした。

これを踏まえて、
今度はDiSCがどのようにペーシングに使えるのかを、
ご紹介していきます。

 - チームコーチング

  関連記事

Integrity Coaching 「突貫コーチング」vol.1

コーチングは使える! コーチングというものは、 非常に有効なコミュニケーションの …

事実≒解釈→事実≠解釈

photo credit: In The Shadow Of Your Wing …

「なんだそんなこと」 人にパワーを与えるリフレーミングの力 ~チームコーチングで真のチームづくりを!~

私の息子は目下、自転車の練習中。若干5歳。 すでに補助輪を外して3か月ほどになる …

no image
組織のミッションは?

Q1:あなたの組織のミッションは何ですか?Q2:そのミッションはメンバーの誰が理 …

教育現場にチームコーチングを〜常葉大学での取り組み〜②

前回ブログからの続き チームコーチング 前半で1コマ(90分)を使ってしまったの …

no image
ピットインコーチング@松本 

本日は経営責任者チームのチームコーチングを実施している長野県松本市の小林創建にて …

no image
子どもとの鬼ごっこから学ぶ育成のペース ~チームへのコーチングの挑戦~

子どもとの鬼ごっこの体験があるだろうか? 私には4歳の息子がいる 最近息子と公園 …

no image
『私はこう思う』を育てよう ~チームへのコーチングの挑戦~

今日の日経新聞 一面の春秋にインドと日本の試験に関する文化の違いを伝える記事が掲 …

関わりの土台を築く 〜マネジメントのコツ〜

「きびしく関わるぞ」 本田圭佑が帰ってきた。 24日に行われるアフガニスタン戦に …

no image
行動基準を徹底的に生きる ~ディズニーリゾートの行動指針に学ぶ~

日経ビジネスのバックナンバーを見ていたらかなり古い記事に 「3.11でも変わらな …