チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

やる気を引き出すコーチングの力

   

気合で出すやる気には限界がある

「やる気を出せ」

これは多くの人が言われたことのあるフレーズであり、
多くの人が表現したことのあるフレーズでもあり、
また、頭の中で思う言葉でもある。

しかし、
「出せ」と言われて出せるのであれば、
誰も苦労はしないわけだ。

やる気が出なくなるのには、理由がある。
同じように、
やる気を出すのも理由が必要なのだ。

やる気の重要な2要素

やる気の大事な要素は2つ。

「強さ」

「持続性」

何かをやる理由はこの2つの要素をつくる。
そして、その理由によって「強さ」も「持続性」もさまざま。

出来ることなら、
強いやる気が持続されていくことが重要だ。

内的動機づけと外的動機づけ

内的動機づけというのは、
自分の内側から湧き上がるもの。

「やりたい」理由であったり、
「やらなければならない」理由であったりする。

やる気を持って何かに臨んだり、
それを持続していくためには、
内的動機づけが欠かせない。

「自分がやる理由を探すこと」

これが内的動機づけの招待であり、意味付けの力である。

では外的動機づけというのは何か。
自分を動かすための刺激は、
殆どの場合外からやってくる。

それは、
人や新しい技術などとの出会いかもしれない。
テレビや新聞などの媒体かもしれない。
上司からの承認や叱責かもしれない。

いずれも外側の刺激は、
自分にやる気をもたらすきっかけとなる。

しかし、それだけではやる気につながらない。
最終的には、その刺激を自分に取り入れるかどうか。
自分にとってそれがどのような意味をもたらすか。

自分がつなげていくしかない。

何もしなければ減っていくやる気

なんとなく日々過ごしていくと、
どうしてもやる気というのは減ってくる。

目先の忙しさに忙殺されて、
本来の目的を忘れてしまったりする。

実際始めてみると、
思った以上に課題が難しくて、
挫折しそうになったりもする。

ひとつのことに集中して、
日々を過ごすということも珍しいので、
思うように仕事が捗らず、
やる気が失われていくということもある。

全く関係のない事柄が、
自分のやる気を削いでいくこともある。

例えば、家庭の問題を仕事に持ち込んでしまうということも、
よくないこととわかってはいても、
人間そんなに器用に問題を切り分けることができない。

というように、
私たちの日常には、
やる気を削いでいくような材料が、
山ほど散らばっている。

やる気の持続には仕組みや援助が必要

というわけで、
何もしなければやる気は減ってくる。

だからこそ、
なんであっても自分の今の取り組みを、
何のためにやっているのかを意識する機会が必要だ。

自分の意味付けを、
大切なものと認識させ続けること。

取り組み続けていった結果、
それが何をもたらすのかということ。

そのために目先のさまざまな障害を、
乗り越えていく力づけをすること。

やる気を引き出し、継続していくためには、
「やる気をだせ」
と発破をかけるのではなく、

内的動機づけ、
つまり、その人にとってのやる理由。

これを一緒に探求し、明確にし、
意識し続ける支援。

これが必要だ。

 - チームコーチング

  関連記事

積極的な傾聴 〜コミュニケーションスキル〜

リスニングでコミュニケーションスキルアップ 今日はリスニングに関するセミナーの実 …

アトラス設計&カイ設計 チームコーチング2期3回目 

本日はアトラス設計・カイ設計にてチームコーチングでした。 2期目をスタートして3 …

感動のコーチング

感動のコーチング 数か月前から、 コーチングの大先輩の紹介で、 私自身もコーチン …

松本のタウン情報に掲載されました!

松本内藤城の主催で定期的に実施している、 ビジネスマン向けの勉強会、『仕事の勉強 …

目的のレベル

photo credit: 一本松 via photopin (license) …

強みの把握でチーム強化 ~チームをコーチング~

今日は阿部写真館のチームコーチング。 いろいろやったが、その中のひとつをご紹介。 …

ハリルジャパンのほろにが発進 ~共有すべきチームの目的は~

ハリルジャパンがなかなか厳しいスタートを切った。 東アジアカップ最下位。 連覇を …

no image
印象をつくるモノのいい方伝え方 ~メラビアンの法則~

「何もそんないい方しなくたって…」日常の中で誰もが心の中でよく発する …

チームコーチング_ピットインコーチング@パワーネットフィールド

チームコーチング@パワーネットフィールド 今日はチームコーチングのピットインコー …

no image
環境づくりの重要さ

じっとしていることが苦手な私は映画はちょっぴり苦手 だからあまり観ないのだが 久 …