チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

Integrity Coaching 「突貫コーチング」vol.1

   

コーチングは使える!

コーチングというものは、
非常に有効なコミュニケーションのツールであり、
育成のサポートツールでもある。

ビジネスの世界で広まりつつあるものの、
ブームも起きたのかどうだかわからない状態で、
ここのところはなんとなく下火になってきたような感じもする。

しかし、
世の中の流れやブームがどうあれ、
使えるものは使える。

改めてコーチングとは

コーチングは、
クライアントのビジョン実現や目標達成のために、
考えること、決めること、行動すること、
これらの自発的で主体的なプロセスを、
支援するためのリーダーシップコミュニケーションである。

Integrityとは

重要なことがらがつながっている、一貫しているということ。
誠実である。自分に正直である。
ぶれないということ。

man standing on the arrow pointing the way for the team

Integryty Coaching

ではIntegrity Coachingとは何か。

これは、ミッション・ビジョン・バリューズという、
より大きな理念から一貫して、
目標を立て、行動していくということを支援するためのコーチングだ。

人の焦点は行動に当たる

人の焦点は、
どうしても行動に当たる。

何をすればいいのか。
どうやればうまくいくのか。

一生懸命行動に没頭していく。

そして気づくと、行動に埋没していく。
何のためにやっているのか。
どこにつながっているのか。

大切なことを見失っていることが多い。
自分の重要な理念と繋がらないと、どうしてもモチベーションが下がる。

だからこそコーチは、
クライアントの理念を明らかにし、
理念と行動をつなげながらサポートをしていく必要がある。

一貫していると行動が早い

自分が何のためにやっているのか、
これをやることでどこへ向かうのか、何が起きるのか、
なぜこれが大事なのか。
自分のどのような価値観や世界観とつながっているのか。

こういったことと、しっかりつながっていると、
余計なブレーキが外れた状態で、
アクセルを思いっきり踏み込んで前進することができる。

だから、
スピードが速まり、
同じ時間で到達できる距離が長くなる。

コーチングで理念を明らかにする

理念が大事。
こんな言葉はよく耳にするのだが、

「では理念って何ですか?」

って問いかけると、
具体的に答えが返ってこないことは多い。

「理念は理念だ」

こんな感じ。

理念という言葉はいろいろな捉え方ができる。

ここでは、先程挙げたように、

ミッション・ビジョン・バリューズ

とこの3つの要素を挙げておく。

「コーチングしましょう」

っていうと、いきなり行動レベルに焦点を当てる人もいる。
あるいは、そうしなければいけない状況もあったりする。

しかし本来は、
クライアントの理念を明らかにすることからスタートする必要がある。

ぼんやりと大事なことを頭の中に持っている。
でもそれを明確にするプロセスは、
本人の一貫した行動のために必要だ。

というわけで、続きはまた明日。

 - チームコーチング

  関連記事

成果をつくるための鉄則サイクル

戦略にはまる多くの人々 目標達成にしても、 問題解決にしても、 人はあまりにも「 …

事実≒解釈→事実≠解釈

photo credit: In The Shadow Of Your Wing …

no image
振り返りの視点 ~アソシエイト(associate)とディソシエイト(dissociate)~

ワールドカップ2014ブラジル大会日本代表は残念な結果に終わってしまった 選手た …

no image
理解をつくる粘り強い対話①

「どうやればうまくいきますか?」 「どうやったらこんな上司とのコミュニケーション …

no image
『人を成功に導く言葉の力』 ~渡部暁斗の転倒に観る~

人の脳はわりとシンプルに素直にできているらしい 人の『意識』には『顕在意識』と『 …

ママさん向けコミュニケーション講座 @上田

本日は長野県上田市で、 「子育てママの気持ちをちょっとラクにするコミュニケーショ …

新入社員研修 3カ月フォローアップ@アトラス設計

新入社員研修 フォローアップ 本日は、 チームコーチングを実施しているアトラス設 …

成果を生み出すセルフコミュニケーション

自分は自分とどういう会話をしているか とある組織のコーチングにて・・・。 「一生 …

沈黙を制するものはコーチングを制す???

コミュニケーションにおいて恐れられる沈黙 「沈黙こわい…」 多くの人は、沈黙が苦 …

no image
効果的な能力開発

4歳の長男が骨折したといっても肘のあたりのひびだが…すべり台の階段で …