チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

目的意識の領域

   

主体的にいきるということはどういうことか?

それは、さまざまな事柄に目的を持って生きるということである。

目的には2つの方向性がある

「何のためにやるのか」

これには、2つの方向性がある。

非常に単純だ。

ひとつは…、

「自分のため」

そしてもうひとつは…

「人のため」

あらゆるビジネスは人のためにある

すべてのビジネスは、
人のためにある。

ビジネスを通して、人を喜ばせる。

何らかの商品やサービスを通して、
誰かが喜ぶ。

これがビジネスの基本。

結果的には、
人を喜ばせることを通じて、
自分の喜びがある。

目的の4つの領域

何のためにやっているのか。
自分のため。そして人のため。

この2つの軸から、
それぞれの強弱を意識すると、
4つの領域に分けることができる。

自分も人も満足させない生き方

この領域は諦め。無気力。

自分のためでもないし、人のためでもない。
要するに、そういう生き方をすることを選ぶことができていない今日。

「何をやっても無駄だよなぁ」
「なんとなくここにいる」

こんな状態である。

自分はどうでもいい、人を満足させる

自己犠牲的な生き方。
自分はどうなってもいいから、とにかく人のために。
あるいは、全体のバランスを保つために、自分は身を引くという生き方のこと。

貢献している感じ、錯覚にとらわれるが、
実質的、本質的には、他の人への貢献になっていない。

自分が満たされていない人に、何かしてほしいとは、
だれも望んでいないことである。

自己の満足、人はどうでもいい

こんな状態ももちろんある。

自分が良ければいいという
自己中心的な生き方が、
わかりやすい状態であろう。

とにかく、自分の欲求を満たすためには全力を尽くす。

しかし、個人的な目標にどういうまずいことがあるかというと、
個人的な内向きな目標にはだれも巻き込まれないということ。

共に勝つ

自分の欲求も満たしながら、
人の欲求も満たす。

これが望むべき最高の状態である

目的はひとつではない

改めてお伝えするが、
目的はひとつではない。

ひとつの事柄をこなしていくにも、
そこにはたくさんの目的がともなう。

目的は主体性

目的はすべて主体性につながる。

主体性は目的から生まれる。

どういう理由やきっかけで、
自分を動かすのか。

自分向きの目的もあれば、他人向けの目的もある。

何のためにやるのかという話は、
自由だ。

是非自分の目的を膨らましてほしい。

どんな目的に立つのか。

これがすべての事柄のパフォーマンスを決める。

何をやるにしても、
目的意識が大事だ。

 - チームコーチング

  関連記事

no image
目を輝かせる指揮者の力 ~チームへのコーチングの挑戦~

今朝テレビをつけたらeテレでTEDが流れていた ベンジャミンザンダーという指揮者 …

事実≒解釈→事実≠解釈

photo credit: In The Shadow Of Your Wing …

チームコーチング3rd season (day2) @小林創建

小林創建チームコーチング2日目 本日は、小林創建にて、 チームコーチング初回2日 …

サンフランシスコ一人旅最終日 〜 シリコンバレーツアー2017 〜

サンフランシスコ2日目 明日からは、 ツアーのメンバーと合流するので、 一人旅は …

チームコーチングカンファレンス2015

チームコーチング2015が開催されました! 本日は2015年チームコーチングカン …

精神力は制心力(前編)

マインドが結果を左右するスポーツの世界 羽生結弦がGPファイナルを制した。 自身 …

“チーム”の適正人数

チームは少人数であること。 ピーターホーキンス著、田近秀敏監訳『チームコーチング …

チームコーチング@アトラス設計 初回の2日目

次世代チーム チームコーチング初回2日目 本日はアトラス設計にて、チームコーチン …

【告知】チームコーチングカンファレンス2015

チームコーチングカンファレンス2015 開催決定! 今年もやります、チームコーチ …

コーチング成功の鍵を握るクライアントの心構え

「コーチ」という言葉でイメージすることは? コーチングにおいてこんな質問を投げか …