チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

目的意識の領域

   

主体的にいきるということはどういうことか?

それは、さまざまな事柄に目的を持って生きるということである。

目的には2つの方向性がある

「何のためにやるのか」

これには、2つの方向性がある。

非常に単純だ。

ひとつは…、

「自分のため」

そしてもうひとつは…

「人のため」

あらゆるビジネスは人のためにある

すべてのビジネスは、
人のためにある。

ビジネスを通して、人を喜ばせる。

何らかの商品やサービスを通して、
誰かが喜ぶ。

これがビジネスの基本。

結果的には、
人を喜ばせることを通じて、
自分の喜びがある。

目的の4つの領域

何のためにやっているのか。
自分のため。そして人のため。

この2つの軸から、
それぞれの強弱を意識すると、
4つの領域に分けることができる。

自分も人も満足させない生き方

この領域は諦め。無気力。

自分のためでもないし、人のためでもない。
要するに、そういう生き方をすることを選ぶことができていない今日。

「何をやっても無駄だよなぁ」
「なんとなくここにいる」

こんな状態である。

自分はどうでもいい、人を満足させる

自己犠牲的な生き方。
自分はどうなってもいいから、とにかく人のために。
あるいは、全体のバランスを保つために、自分は身を引くという生き方のこと。

貢献している感じ、錯覚にとらわれるが、
実質的、本質的には、他の人への貢献になっていない。

自分が満たされていない人に、何かしてほしいとは、
だれも望んでいないことである。

自己の満足、人はどうでもいい

こんな状態ももちろんある。

自分が良ければいいという
自己中心的な生き方が、
わかりやすい状態であろう。

とにかく、自分の欲求を満たすためには全力を尽くす。

しかし、個人的な目標にどういうまずいことがあるかというと、
個人的な内向きな目標にはだれも巻き込まれないということ。

共に勝つ

自分の欲求も満たしながら、
人の欲求も満たす。

これが望むべき最高の状態である

目的はひとつではない

改めてお伝えするが、
目的はひとつではない。

ひとつの事柄をこなしていくにも、
そこにはたくさんの目的がともなう。

目的は主体性

目的はすべて主体性につながる。

主体性は目的から生まれる。

どういう理由やきっかけで、
自分を動かすのか。

自分向きの目的もあれば、他人向けの目的もある。

何のためにやるのかという話は、
自由だ。

是非自分の目的を膨らましてほしい。

どんな目的に立つのか。

これがすべての事柄のパフォーマンスを決める。

何をやるにしても、
目的意識が大事だ。

 - チームコーチング

  関連記事

松本のタウン情報に掲載されました!

松本内藤城の主催で定期的に実施している、 ビジネスマン向けの勉強会、『仕事の勉強 …

「伝える」ということ 〜コミュニケーション達人への道〜

アサーティブコミュニケーション研修 本日はアサーティブコミュニケーションの研修を …

no image
理解をつくる粘り強い対話①

「どうやればうまくいきますか?」 「どうやったらこんな上司とのコミュニケーション …

no image
誤解を招くニュースの見出し②

「神戸で足場が崩れた」 かなり話題になったニュース 昨日友人と食事をしていたのだ …

コーチングという新しいツールを取り入れる

コーチング基礎講座実施 月に一度くらいは、コーチングの講座を担当させていただく。 …

まずはこれだけ!コーチングのスキル① ~傾聴編その一~

コーチングをするにあたり、コーチとしてのあり方とスキルをたくさん学んできた。 あ …

no image
枠組みの力 ~チームコーチングによる自発的組織改革~

本日の日経新聞 春秋にこんな記事が載っていた 五輪が世界のトップ選手の技を全員で …

no image
DiSCコミュニケーショントレーニング@構造&意匠設計事務所

本日チームコーチングを実施しているアトラス設計とカイ設計にてDiSCを使用したコ …

チームコーチング事例 阿部フォトグラフィーの1回目④

さてさて、阿部フォトグラフィーの最初のチームコーチングのお話しです。 忘れもしな …

no image
タブーを打ち破った組織の力

組織に”タブー”が存在すればするほど組織の力は弱くなる …