チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

主体的に生きるということは…。

   

主体的にいきるということはどういうことか?

それは、さまざまな事柄に目的を持って生きるということである。

目的には2つの方向性がある

「何のためにやるのか」

これには、2つの方向性がある。

非常に単純だ。

ひとつは…、

「自分のため」

そしてもうひとつは…

「人のため」

あらゆるビジネスは人のためにある

すべてのビジネスは、
人のためにある。

 - チームコーチング

  関連記事

価値観の統合① 〜チームコーチング事例 阿部フォトグラフィー1-7〜

組織の中の組織 「会社」という単位は、 組織におけるひとつの大きな枠組みと言える …

千葉でカッコいい社会人になれる本vol.8に掲載されました 

3月頭にインタビューしていただいた、 『千葉でカッコいい社会人になれる本vol8 …

2013 チームコーチング・カンファレンス ~経営陣を一枚岩に~

チームコーチングカンファレンスが開催された。素晴らしい内容だった。 もちろんすべ …

no image
焦点を変えるコーチングのテクニック

1歳8か月の次男は外で遊ぶのが大好き 一度外に出たいと思うとそれが叶うまで頑とし …

自己表現文化の醸成②「文化形成のコツ」 〜コミュニケーションの基本〜

さて、前回(↓)からの続きである。 自己表現文化の醸成①「自己表現までのプロセス …

no image
なんとも嬉しいチームコーチングの成果 ユニオンランチ@富山

チームコーチングの成果 去年チームコーチングを導入していただいた、 富山のお弁当 …

no image
強いチームを創るエンロールの力① ~チームコーチングによる自発的組織変革~

①『エンロールとは』 『エンロール』 日本では聴きなれない言葉であるが私は28歳 …

イノベーションに必要なトランジションへの備え3つのポイント

トランジションに必要な3つのこと トランジションについては、 昨日のブログで書い …

「駆けたら転ぶ」子供の観念形成に多大な影響を与える親の言葉

長期休暇明けの素敵な朝。 息子2人は今日から保育園。 朝日の力を借りながら、眠た …

no image
「走りながら考える」文化!?

今日はとある企業の研修 PDCAサイクルを回すことの重要性を確認していたときのこ …