チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

「2017年の目標を3連休で」のススメ

   

一年の計は元旦にあり

「一年の計は元旦にあり」
なぁんて言葉がありますが、
365日を余すことなく有効に使おうと思うと、
実際には元旦では遅いことがわかります。

じゃあ、いつやるのか。

できることならば、12月20日くらいには、
次の年のプランを終えていることが理想だなぁと…。

「師走=忙しい」という思い込みが支配

しかし現実的には、
「師走=忙しい」

こんなイメージが日本全国の多くの人の中にある意識。
本当は忙しくない人も、
なんだか忙しそうにしていなければならないような雰囲気さえあります。

というわけで、
12月の中旬ごろまでにプランを終えておけば、
他の人とは大きく差別化できることもわかります。

多くの人は年間プランなんて立てない

年間の計画を立てる人は、どのくらいいるのだろうか。

2017年の目標は?
今年の漢字一文字は?

「今年こそは体重を◯◯キロにする」
といった、何年たっても実現しない相変わらずの目標を立てる人もいれば、

「今年は仕事頑張る」
と何をやっていいのかよくわからない目標を立てる人もいる。

実際には多くの人が、
なんとなく1年をスタートし、
なんとなく1年を終わり、
そして次の年を迎える。

プランが苦手という思い込み

プランは多くの人が苦手だ。

プランを立てることが苦手なのではない。
プランを立てるための時間をつくることが苦手なのだ。

「苦手」というよりも、
それ以上に大切なことがあるという、
無意識の思い込みに縛られている。

そして、これが習慣だ。

どうでもいいゲームの時間。
どうでもいいスマホのニュース。
どうでもいいネットサーフィン。
どうでもいいテレビ。

書きながら、私も多くの時間を浪費していることにも気づく。

時間をつくることは多くの人にとってテーマだ。

1日は24時間1440分。
1ヶ月は720時間
1年は8760時間。

これだけあるのだから、
少しくらいプランを立てるための時間に使ってあげてもいいのではないだろうか…。

年間プランを立てる時間

年間プランであれば、
じっくり3時間。

このくらいあれば、
かなりいい感じのプランを立てることができる。

少し寝かせて、さらに2時間。
これで完璧ではないだろうか。

寝る時間をすこし削ってプランに当てる。
ゲームを完全にやめて、プランに当てる。

この新しい習慣の価値は計り知れない。
目標を立てると、自分も人も、目につくところに置いておくと良い。

日々意識することが肝要だ。

すでに1月6日も終わろうとしている。
しかしまだ間に合う。

そのまま残りの359日を過ごす人は、
あまりにも多いので…。

今年のプランがまだの人は、
3連休のどこかで、是非ステキなプランを!

close-up look at businessman holding PDCA word

close-up look at businessman holding PDCA word

 - チームコーチング

  関連記事

no image
潮時って… ~巨人・井端のインタビューより~

本日の報道ステーションで中日から巨人に移籍した井端選手が出ていた 彼は野球界では …

変革に必ずやってくる”トランジション”

トランジションとは transition 1.移り変わり、推移、変遷、移行 2. …

no image
コーヒーの値段が同じならばサービスがいい方を選ぶ

本日とあるコーヒーチェーンにて 店を出るときにトレイとカップを返す カウンター越 …

腑に落ちる ~小林創建チームコーチング体験談より~

昨日、小林創建の社長と常務に、 チームコーチング実施の体験談インタビューをしてき …

仕事の勉強会vol.2 ビジネスコーチング基礎編①

仕事の勉強会 ビジネスコーチング基礎編① 本日は内藤城松本スタジオ主催、 仕事の …

no image
アサーティブ・コミュニケーション

今年はもうちょっと真面目にブログに取り組もうと、 心新たに決めたわけですが、 始 …

”TEAM”は手段であり目的ではない

何のためのチームですか チームって何? なぜチームが必要なの? チームは何のため …

no image
ピットインコーチング@松本 

本日は経営責任者チームのチームコーチングを実施している長野県松本市の小林創建にて …

チームコーチング@アトラス設計 初回の2日目

次世代チーム チームコーチング初回2日目 本日はアトラス設計にて、チームコーチン …

チームを結成したら明確に掲げなければならない目的 ~2015札幌よさこいソーラン祭り~

本日は久しぶりに北海道へ。 明日のイベント出席のために来たのだが、 なんと運のい …