チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

チームコーチング事例 阿部フォトグラフィーの1回目⑤

   

当時の状態

阿部フォトグラフィーは4代目。
すでに80年ほど続く老舗写真館です。

先代から受け継がれてきた大切な想い。
そして、新たな時代の流れ。
今いるメンバー。

写真が大好き。
カメラの技術を磨きたい。
ものづくりが楽しい。

徳島の店を大事にしたい。
大都市に進出したい。

会社という組織の中には、
いろいろな想いが渦巻いています。

もちろん、それぞれの想いがあることはいいことです。
しかし、重要な方向性や価値観を合わせないと、
組織は空中分解する可能性があります。

3代目、あるいは2代目の時代を知るメンバーがいて、こだわりを持っている。
4代目は新しい写真館を創ろうとしている。

例えばこれだけでも、
「なんか一致しない」
「なぜだか合わない」

こんな感覚があったりします。

「時は流れている」
そのことを全員が受け入れて、
新たな価値をもとに組織が統合されていく必要がありました。

目的の共有

チームコーチングにおいて必ずやることのひとつに、
組織の使命・ミッションを明確にすることがあります。

今回はメンバーが6人。

この6人が集まったこの集団は、何をする集団なのか。
何が任務なのか。

目的・役割の意識を統合する必要があります。
自分たちの存在意義を決めない限り、
自分たちは何をしていいのかわからなくなります。

逆に存在意義が明確であれば、
その大きな前提を基に、
お互いに関わったり、目標を決めたり、それぞれの行動を決めることができます。

個人の目的意識の共有

「あなたがこのチームにいる目的/理由は?」

こんな風に聴くと、

「会社を変えるためです」
「成果を上げるため」
「チームの結束を高めるため」

という答えもあれば、

「来いって言われたから」
「仕事だから」
「よくわかりません」

なんて答える人もいます。
(阿部フォトグラフィーにはいませんでしたが…)

それぞれが考えていること、現状の立ち位置が明らかになります。

ここで、自分の目的意識と周りの目的意識が明確になりますし、
仮に不適切なギャップがあれば、多くの場合は自らそこに気づいていきます。

集団の目的を統合

「私たちはなぜここにいるのか?」

と今度は個人ではなく集団の目的を聴くと、
各メンバーは顔を見渡しながら、
より大きな組織の中から自分たちが集められた理由を考えます。

「このメンバーで何を成すのだろうか?」
「このメンバーならば何が可能だろうか?」
「このメンバーならば、何をしなければならないだろうか?」

それぞれが意見を出しながら、ディスカッションを繰り返し、
より洗練された本質的な自分たちの存在意義を明らかにしていきます。

というわけで、阿部フォトグラフィーも、
6人が集まっている理由を明確にして、
自分たちは何をすべきかが判って、次は価値観の共有です。

20160906_阿部フォトグラフィー1-5_チームコーチング事例_LBJ半谷photo credit: Space me then via photopin (license)

 - チームコーチング

  関連記事

コーチング勉強会@市ヶ谷キャンバス ~チームコーチングで真のチームを!

本日はコーチング勉強会に参加する機会をいただいた。 チームコーチングをやる上でも …

心で聴くこと 耳で聞くこと ~コーチングでメモを取ると…~

「メモは取らないんですか?」 コーチングを教えているときに、よく出る質問だ。 私 …

no image
人間万事塞翁が馬 ~チームへのコーチング(プロセスとコンテキストから動かす)~

人間万事塞翁が馬↓この言葉の意味はこちらへ人間万事塞翁が馬 馬がいなくなると悲し …

no image
ディスカッションとダイアログ ~チームコーチングの要素~

チームコーチングにおいて必要な要素や手法は本当に多岐に渡る リードするチームコー …

チームに欠かすことのできないリーダーシップ育成

リーダーシップは、個を発揮すること。 その個性によって、その人だからこそ可能とな …

no image
チームコーチングin富山

本日は富山のお弁当屋さんでチームコーチング 富山・高岡・魚津に弁当を製造・配達す …

好きこそものの上手なれ 〜白井健三に学ぶ〜

ようやく好きなだけ練習やれる環境に来れました。 高校まではいろいろな制限があった …

no image
印象をつくるモノのいい方伝え方 ~メラビアンの法則~

「何もそんないい方しなくたって…」日常の中で誰もが心の中でよく発する …

no image
犠牲/代償を払う際の説明責任

昨日は犠牲/代償の必要性に触れた 仕事のために家族を犠牲にする 休日返上で仕事に …

no image
ビジョンペップトーク

本日はビジョンペップトークの研修に参加してきました PEP TALKとは何か詳し …