チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

ニュアンスは事実に変換しなければならない ~チームへのコーチングの挑戦~

   

チームにおいて
コミュニケーションは
言うまでもなく重要であるが
そのコミュニケーションがずれる原因となる
“ニュアンス”について書いてみようと思う

「こんなニュアンスが伝わった」
「こんなニュアンスを受け取った」

人は事実だけでなく
ニュアンスを受け取ることができる動物である

人は勝手に
事実として言われた言葉を
膨らめたいように
ときには
膨らめたくないように
膨らめてしまう

事実と解釈
ニュアンスは解釈の部分だ

ニュアンスはあくまでも推測にすぎず
事実かどうかはわからない

しかしこのニュアンスは
人を動かす大きなパワーとなる

人間関係のあらゆるひずみは
誤解から生まれる

解釈は解釈を呼び
想像、妄想を膨らめる

適切なコミュニケーションをするためには
ニュアンスは
ニュアンスのまま受け取ってはならない

ニュアンスを受け取ったら
事実に変換する必要があるのだ

ではどうすればいいか

答えは単純

受け取ったニュアンスをそのまま尋ねればいい

「こういう風に受け取ったのですが合ってますか?」

もしかしたら
「そんなこと言わなくてもわかるだろ!」

なんて言われるかもしれないが…
それは言わせておけばいい

そこで誤解が生じて
違う行動をするよりも
よっぽど時間とエネルギーの短縮になる

なにより
「言わなくてもわかる」
というのは
恐ろしい考え方だ

人は伝えなければわからない
言わなくてもわかるひとは
本当にわかっているのではなく
わかったフリをしているだけ

ニュアンスはできる限り事実に変換すること
これがコミュニケーションを円滑に進める
ひとつの大きなポイントだ

 - チームコーチング

  関連記事

no image
チームコーチングin松本

東京や千葉から若干遅れてこの時期は松本はちょうど桜が見ごろ 松本城山ひとつまるご …

目標達成に向けて危機感を呼び起こすことの重要さ ~にっこり笑って減量生活①~

目標達成のために危機意識を高める モチベーションの方向は、 ・向かう動機づけ ・ …

no image
メールでのコミュニケーションはとっても難しい

コミュニケーションの媒体はさまざまなものがある ◆対面で直接的なやりとり◆Sky …

no image
組織に蔓延する正解探し

組織には、 さまざまな問題やパターンが存在する。 社風、 組織文化、 慣習、 当 …

no image
二兎を本気で追う者は二兎を得る

最近日経ビジネスの広告でこんなフレーズがあった 『二兎を追う者だけが二兎を得る』 …

コーチング応用Ⅱ再受講@株式会社アクト松本

コーチング応用Ⅱ受講 アクト松本 2日間コーチングの武者修行へ行ってまいりました …

祝!開業2周年 ~Leaders Base Japan~

Leaders Base Japan 開業2周年 おかげさまで、 開業してから2 …

組織のベクトル合わせ 〜チームコーチング事例 阿部フォトグラフィー1-6〜

組織のベクトルをあわせる チームの使命を明らかにした6名のチームが、 次に取り組 …

感動のコーチング

感動のコーチング 数か月前から、 コーチングの大先輩の紹介で、 私自身もコーチン …

問題の特定することの重要性

豊洲問題が、日本中を賑わせている。 全国放送のテレビ番組では、 どれほどまでにこ …