チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

ニュアンスは事実に変換しなければならない ~チームへのコーチングの挑戦~

   

チームにおいて
コミュニケーションは
言うまでもなく重要であるが
そのコミュニケーションがずれる原因となる
“ニュアンス”について書いてみようと思う

「こんなニュアンスが伝わった」
「こんなニュアンスを受け取った」

人は事実だけでなく
ニュアンスを受け取ることができる動物である

人は勝手に
事実として言われた言葉を
膨らめたいように
ときには
膨らめたくないように
膨らめてしまう

事実と解釈
ニュアンスは解釈の部分だ

ニュアンスはあくまでも推測にすぎず
事実かどうかはわからない

しかしこのニュアンスは
人を動かす大きなパワーとなる

人間関係のあらゆるひずみは
誤解から生まれる

解釈は解釈を呼び
想像、妄想を膨らめる

適切なコミュニケーションをするためには
ニュアンスは
ニュアンスのまま受け取ってはならない

ニュアンスを受け取ったら
事実に変換する必要があるのだ

ではどうすればいいか

答えは単純

受け取ったニュアンスをそのまま尋ねればいい

「こういう風に受け取ったのですが合ってますか?」

もしかしたら
「そんなこと言わなくてもわかるだろ!」

なんて言われるかもしれないが…
それは言わせておけばいい

そこで誤解が生じて
違う行動をするよりも
よっぽど時間とエネルギーの短縮になる

なにより
「言わなくてもわかる」
というのは
恐ろしい考え方だ

人は伝えなければわからない
言わなくてもわかるひとは
本当にわかっているのではなく
わかったフリをしているだけ

ニュアンスはできる限り事実に変換すること
これがコミュニケーションを円滑に進める
ひとつの大きなポイントだ

 - チームコーチング

  関連記事

no image
二兎を本気で追う者は二兎を得る

最近日経ビジネスの広告でこんなフレーズがあった 『二兎を追う者だけが二兎を得る』 …

no image
継続こそ力なり→継続しなければ力を失う

息子の体操 我が息子は、4歳から5歳まで、 体操をやっていた。 週に1回、90分 …

アサーティブコミュニケーション 〜発信の技術〜

本日は大阪で、 アサーティブコミュニケーションのトレーニングをやってきました。 …

強みを活かすチームづくり

言わずと知れたドラッカー様。 毎月届く日経トップリーダーの中で、 楽しみにしてい …

蓼科山登山から学ぶ 目標達成のポイント

人生初の本格登山 先日、人生初の本格的な登山にチャレンジしてきた。 といっても、 …

心で聴くこと 耳で聞くこと ~コーチングでメモを取ると…~

「メモは取らないんですか?」 コーチングを教えているときに、よく出る質問だ。 私 …

no image
東日本大震災より丸3年

タイトルにまずはこう書いてみたもののこの先に何と続けてよいかわからない ・・・ …

出版しました!『子供が自力で受験を突破する親からの問いかけ109』

ご報告が遅くなりましたがなんと…出版いたしました! タイトルは『子供 …

「駆けたら転ぶ」子供の観念形成に多大な影響を与える親の言葉

長期休暇明けの素敵な朝。 息子2人は今日から保育園。 朝日の力を借りながら、眠た …

好きこそものの上手なれ 〜白井健三に学ぶ〜

ようやく好きなだけ練習やれる環境に来れました。 高校まではいろいろな制限があった …