チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

ニュアンスは事実に変換しなければならない ~チームへのコーチングの挑戦~

   

チームにおいて
コミュニケーションは
言うまでもなく重要であるが
そのコミュニケーションがずれる原因となる
“ニュアンス”について書いてみようと思う

「こんなニュアンスが伝わった」
「こんなニュアンスを受け取った」

人は事実だけでなく
ニュアンスを受け取ることができる動物である

人は勝手に
事実として言われた言葉を
膨らめたいように
ときには
膨らめたくないように
膨らめてしまう

事実と解釈
ニュアンスは解釈の部分だ

ニュアンスはあくまでも推測にすぎず
事実かどうかはわからない

しかしこのニュアンスは
人を動かす大きなパワーとなる

人間関係のあらゆるひずみは
誤解から生まれる

解釈は解釈を呼び
想像、妄想を膨らめる

適切なコミュニケーションをするためには
ニュアンスは
ニュアンスのまま受け取ってはならない

ニュアンスを受け取ったら
事実に変換する必要があるのだ

ではどうすればいいか

答えは単純

受け取ったニュアンスをそのまま尋ねればいい

「こういう風に受け取ったのですが合ってますか?」

もしかしたら
「そんなこと言わなくてもわかるだろ!」

なんて言われるかもしれないが…
それは言わせておけばいい

そこで誤解が生じて
違う行動をするよりも
よっぽど時間とエネルギーの短縮になる

なにより
「言わなくてもわかる」
というのは
恐ろしい考え方だ

人は伝えなければわからない
言わなくてもわかるひとは
本当にわかっているのではなく
わかったフリをしているだけ

ニュアンスはできる限り事実に変換すること
これがコミュニケーションを円滑に進める
ひとつの大きなポイントだ

 - チームコーチング

  関連記事

事実≒解釈→事実≠解釈

photo credit: In The Shadow Of Your Wing …

私のぎっくり腰はどのように治るか ~重要な変化の3ステップ~

代えの利かない私の仕事 私の腰は爆弾を持っている。 つい先月もぎっくり腰をやった …

no image
優れたリーダーは積極的に自己承認する

コーチングにおける承認 『正当または事実・真実と認めること』(広辞苑より) 似て …

no image
チームコーチングの流れと個別コーチングセッション

チームコーチングにおける個別のコーチングセッション 今日はチームコーチングの流れ …

チームコーチング@アトラス設計 初回の2日目

次世代チーム チームコーチング初回2日目 本日はアトラス設計にて、チームコーチン …

オープンクエスチョンとクローズドクエスチョン 〜コーチングを簡単に実践する〜

コーチングのスキル コーチングの「スキル」と呼ばれているものはいろいろとある。 …

コーチングに”最低限”必要な心構え・知識・スキルって何だろう

コーチングはテクニックだけではどうにもならないことがある コーチに必要なこと、求 …

no image
組織の目標に主体性をもたせる4つのポイントvol.2 〜コーチングの力〜

というわけで、前回ブログからの続き。 コーチングによって主体性を強めていく 主体 …

問題の特定することの重要性

豊洲問題が、日本中を賑わせている。 全国放送のテレビ番組では、 どれほどまでにこ …

no image
アサーティブコミュニケーション 〜自分と向き合う〜

アサーティブコミュニケーションは、 対話における「発信」の技術。 「何を伝えるの …