チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

自分のスタイルを発揮する

   

本日は美容室へ。

20160722_自分のスタイル02_チームコーチング_LBJ半谷

こちらいつもカットをお願いする店長さん。
20160722_自分のスタイル01_チームコーチング_LBJ半谷

いつもおそらく…、
お互いに気が向いた時に会話をしている自然な感じ。

そんな店長さんが、
自分が前に働いていた美容室の話をしてくれた。

無言の接客でNo.1

前の美容室で、
指名圧倒的ナンバー1だったスタイリストは、
無言の接客。

本当に何もしゃべらない。
でもお客さんが絶えなかった。

そして敵も多かった。

よく喋ってNo.2

一方で、ナンバー2はよく喋る。
表情豊かにお客さんと会話を弾ませ、
こちらもまたお客さんが絶えない状態。

人当たりがよく、誰にでも好かれていたNo.2。

お客さんは何を求めてくるのか

「お客さんは美容室に何を求めてくるんですか?」

こんな質問を唐突に投げてみた。

というのも、他のお客さんが家庭の愚痴や不満を、
スタイリストに滔滔と語っていて、
それをスタイリストさんは嫌な顔ひとつせずに、
というよりもむしろ笑顔で、
そうですね〜。そうなんですね〜。そういうことありますよね〜。
って共感しながら聴いていた。

「この人はなんだか話しちゃうわ…」

日頃の愚痴や不満を吐き出すこと。
これもニーズのひとつであろう。

他の家族やご近所さんには言えないようなことも、
この利害関係のないこの人になら、あるいはこの場所にならば言える。

こんな安心感をこの人と場所に感じるであろうからこそ、
そのお客さんは思う存分に溜まった鬱憤を吐き出すことができる。

美容室に来るお客さんのニーズ

美容室なので、
ヘアスタイルに何らかの変化をさせたくて来る。

これは、明らかになっているお客さんの重要なニーズ。
しかし、美容室に求めることはこれだけではない。

隠されたニーズがたくさんあるし、これはいろいろと考えられる。

髪を切ること。
変化すること。
すっきりすること。
かっこよく/かわいくしてもらうこと。
癒されること。
気持ちよくなること。
話を聞いてもらうこと。
ゆっくりと本や雑誌を読むこと。
人にシャンプーしてもらうこと。
居心地のいい空間でひとときを過ごすこと。
気の合う美容師さんと会話を楽しむこと。
etc

私の父は、「髪を短時間で切る」というのが、床屋へのニーズ。
だから、1000円カットで大満足。

私のニーズは…、
この限られた髪の毛の量で、できるだけかっこよくしてもらうこと。
これが第一のニーズ。
会話を楽しむ。
情報・ネタを仕入れる。(おかげで今日のブログが書ける)

私の妻のニーズは、
「癒し」
「気の合う居心地のよい美容師さん」

隠れたニーズはたくさんある。

あたりまえだけれども、
これらを満たしてくれるところに、人は来る。

お客さんのニーズを満たす自分のスタイル

お客さんのニーズを満たすことは当然重要。
でないと、その企業や人はビジネスを続けていくことができない。

と同時に、
そのニーズがあるという前提で、自分のスタイルを確立することは重要だ。

美容室においては、
「たくさんおしゃべりしたい」
ということで、おしゃべり上手な美容師を求める人もいれば、

「自分の時間に集中したいから、黙っていてほしい」
「気を遣うのいやだ」
ということで、無口な美容師さんを求める人もいる。

自分の個性や得意を活かしてとことんやっていると、
それに見合ったお客さんが勝手に集まってくる。

もちろん技術が最低限のレベルで必要で、
それは高いに越したことはないけど…。

すべての人に好かれることは不可能だ。
そして、自分がお相手できる相手も限りがある。

どんなビジネスにおいても、
お客さんに喜ばれる
「自分のスタイル」
を見つけ、それを貫いていくことは重要だなぁと感じた、
本日の美容室でございました。

 - チームコーチング

  関連記事

no image
組織のミッションは?

Q1:あなたの組織のミッションは何ですか?Q2:そのミッションはメンバーの誰が理 …

新入社員研修から半年が経ちました

新入社員研修から半年が経ちまして… 新入社員研修を、何社か担当させてもらっていま …

自分の価値を倍増させる

毎週日曜日は勉強会。 今のネタは、この本です。 コーチングで世界的に有名な人たち …

自己表現文化の醸成②「文化形成のコツ」 〜コミュニケーションの基本〜

さて、前回(↓)からの続きである。 自己表現文化の醸成①「自己表現までのプロセス …

成果をつくる最小限のミーティング ~チームをまるごとコーチング~

ミーティングは最小限で最大の成果を チームにおいてミーティングは大事な機会。 で …

新・山の神登場 ~2015年箱根駅伝往路~

毎年恒例の箱根駅伝。 子供の頃は、父親がなぜ駅伝を見るのか不思議でたまらなかった …

子供でもできる話の聴き方3つのポイント 〜アクティブリスニングのちから〜

みなさんは、どんなふうに人の話を聴いているだろうか。 大事なことは、相手の話を理 …

コーチがラポール(信頼関係)づくりのためにできること

コーチのあり方 この人にコーチングしてもらいたいという人である必要がある。 服装 …

no image
当事者意識を持たせるための3ステップ

求められる「当事者意識」 「当事者意識を持て」 なぁんていう言葉をよく耳にする。 …

コーチングの極意は好奇心

コーチングは興味関心好奇心 コーチングが機能するかどうか。 あるいは相手とラポー …