チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

子どもとの鬼ごっこから学ぶ育成のペース ~チームへのコーチングの挑戦~

   

子どもとの鬼ごっこの体験があるだろうか?

私には4歳の息子がいる

最近息子と公園に行くと
必ず一度は鬼ごっこになるのだが
私が鬼をやることもあれば
息子が鬼をやることもある

さて子供との鬼ごっこ
本気でやったらどうなるか

相手が中学生ならわからないが
4歳だと当然勝負にならない

したがって
追うスピードも
逃げるスピードも
しばらくはギリギリ捕まるか捕まらないかのあたりで
追ったり逃げたり

「もしかしたら捕まえられるかも…」
という気持ちが
息子のモチベーションを生んでいる

これは部下育成にも通ずるものが有る

部下が持つ能力に対して
あまりにも簡単だったり
あまりにもハードルが高すぎたりするタスクは
モチベーションを生まない

抱える数あるタスクのうち
本人がやりがいを感じ
ちょっとストレッチなもの

こういったものをいかに見出しアサインするか

これが適切に行われるためには
日ごろから部下と本質的なコミュニケーションを行い
部下を理解することが不可欠だ

また
上司としての存在も
このような意味合いを持つ

背中を見て
「追いかけたい」
と思われる存在であるか

そのためには
上司としても
自分を磨き続けていくことが
必要不可欠である

私も父として
いつ背中を見られても
見本となる存在でいられるよう
頑張らねばならない

 - チームコーチング

  関連記事

no image
【開催決定】チームコーチングカンファレンス2014

チームコーチングカンファレンスが今年も開催されます 日にちは2014年10月19 …

質問の工夫が部下のパフォーマンスを変える 〜コーチングで組織マネジメント変革〜

コーチング研修で最初の質問は? 今日はコーチング基礎講座の実施。 「今日はなんで …

まずはこれだけ!コーチングのスキル ~ラポール編~

コーチングのすべてを掌る(つかさどる)と言っても過言ではないラポール。 コーチン …

言語で伝える力 〜ちゃんとコミュニケーション〜

言語と非言語 なんでこの人は、 私に挨拶するときに、こんな不機嫌なんだろうか…。 …

no image
「走りながら考える」文化!?

今日はとある企業の研修 PDCAサイクルを回すことの重要性を確認していたときのこ …

no image
組織のミッションは?

Q1:あなたの組織のミッションは何ですか?Q2:そのミッションはメンバーの誰が理 …

私のぎっくり腰はどのように治るか ~重要な変化の3ステップ~

代えの利かない私の仕事 私の腰は爆弾を持っている。 つい先月もぎっくり腰をやった …

チームコーチング体験談 ~小林創建常務インタビュー~

小林創建の復活劇は、この握手から始まった。 が社長と常務が私の目の前で堅い握手を …

大きな成果を手にするために

ハイリスクハイリターン より大きな成果を手にするためには、 より大きなリスクを覚 …

子どもを育成するコーチングの考え方を受講して(その2) 〜PHPビジネスコーチ養成講座 マスタリーコース〜

<前の記事より> コーチングの前提(続き) 肉体的には親から生まれてきていても精 …