チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

絆を深めるパパママインタビュー 〜過去のこと編〜

   

インタビューをしてみる

今日は実際にどのようにインタビューをするのか。
何を聴くのか。

インタビューの心構えは、昨日のブログにて…。

インタビューするのに便利なことば2つ

インタビューをする上で、かなり役に立つ言葉があるので、
最初に紹介しておきます。

1.「それってどういうこと?」
2.「他には?」

この2つの質問をすることで、
・理解が深まる
・誤解がなくなる
・話題が広がる

といういいことがあります。

「それってどういうこと?

わかったフリをせずにちゃんと聴く。
わからないことはわからないってちゃんと聴くということです。

「他には?」

質問したことについて、他にも何かありそうだったら、
「他には?」って聴いてみましょう。
「何か出てくるかも…」
このくらいの軽い気持ちで聴いてみるといいです。

質問の切り口

質問にはいろいろな種類があるし、さまざまな切り口があります。
ひとつでも使えるし、組み合わせても使えます。

1.本人のこと
2.本人の周りの人(両親、兄弟、祖父母、友達、先生など)
3.好きなこと/嫌いなこと
4.得意なこと/苦手なこと
5.それぞれの時代(小・中・高・大・社会人…)
6.いつ/何/どこで/なぜ/誰が/どのように
7.事実/気持ち

具体的に何を聴くのか

今日は過去のことなので、過去に関する質問を、
上記の組み合わせをいろいろと使いながら、
思いつくままに書いてみます。
※最後のクエスチョンマーク(?)は省略しますね。

「どこで生まれたの」
「どこに住んでたの」
「生まれたときはどんな時代だった」
「親(じいちゃんばあちゃん)ってどんな人だった」
「どんな子供だったの」
「好きだった勉強は」
「得意だった教科は」
「何をして遊んでいたの」
「スポーツは何をしていた」
「自転車には何歳で乗れたの」
「親(じいちゃんばあちゃん)からはどんなことで叱られた」
「仲が良かった友達は」
「幼稚園・保育園では何をしてた」
「小学校での思い出の出来事は」
「初恋はいつ」
「お母さんとはいつどこで出会ったの」
「小学校のとき、困ったこととか悩んでいたことは」
「小学校のときの自慢できる思い出は」

とまあ、質問について書いていくとキリがありません。
その人を思い浮かべて好奇心を膨らましていくと、
自然と質問は出てくるもの。

コミュニケーションのきっかけに…

大人になると思うものです。
もっといろんなことを聴いてみたい。
思えば、両親のことについて知らないことがたくさんあるなぁと。

でも大人になってしまうと、
そのための時間は十分になかったり、
余計に照れくさくって訊けなかったりもするものです。

早いうちからこのようなコミュニケーションを積み重ねていくと、
お互いに理解が深まると同時に、
いつまでも関心を向け合える親子でいられるのではないでしょうか。

まあ、
親子に限らずどんな関係にでも言えることなのですが…。

20160721_パパ・ママインタビュー_質問過去編_チームコーチング_LBJ半谷photo credit: one from my post card collection whatwhenwhere 150 via photopin (license)

関連記事

家族の絆を深めるパパママインタビュー 〜コーチングの力〜
絆を深めるパパママインタビュー 〜心構え編〜

 - チームコーチング

  関連記事

蓼科山登山から学ぶ 目標達成のポイント

人生初の本格登山 先日、人生初の本格的な登山にチャレンジしてきた。 といっても、 …

比較の論理

比較の人生 人は一杯比較される。 子供の頃か否応なくたくさん。 兄弟の比較が、兄 …

リーダーシップを発揮してほしいのであればまずは自らリーダーシップを!

今年は子どもに習い事をさせるのだ 今年の私の目標のひとつに、長男になにか習い事を …

コーチングのパフォーマンスを圧倒的に変化させるコーチの意識や考え方

コーチングはスキルの前にBE 昨日のブログに書いたとおり、 先週末は長野県松本市 …

家族の絆を深めるパパママインタビュー 〜コーチングの力〜

夏休みといえば自由研究!? 日本全国夏休みだ。 少なくとも千葉県はもう夏休み。 …

no image
長島圭一郎に見るモデリングの力 ~チームコーチングによる自発的組織変革~

プロフェッショナルへの道 “モデリング”の力  『学ぶは …

ハロウィンと目的

定着しつつある日本のハロウィン 今年も各地で賑わった。 さまざまな形でのイベント …

no image
ちょっとしたやりっぱなしが…

いよいよ五月人形の時期 息子のために人形を出すのだがまあ箱の多いこと&#8230 …

大きな成果を手にするために

ハイリスクハイリターン より大きな成果を手にするためには、 より大きなリスクを覚 …

新入社員研修 3カ月フォローアップ@アトラス設計

新入社員研修 フォローアップ 本日は、 チームコーチングを実施しているアトラス設 …