チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

絆を深めるパパママインタビュー 〜心構え編〜

      2016/07/20

パパママインタビュー 過去編

パパとママのこと。
何を知りたいだろうか。

知りたいことは何でも聴いてみればいいのだが…。

でも聴きたいことが浮かばない…。
今までやったことないことを、初めてのだから、それも当然。

というわけで、これから3回のブログに分けて、
過去、今、未来。
こんな感じで何を聴けばいいかを考えてみる。

でもその前に、
大事なことはインタビュアーの心構え。

インタビューをするときの心構え

何を聴くのか。どんな風に聴くのか。
この前に、大事なことを共有しておきましょう。

それは、「心構え」。
まあ、簡単に言えば、心の準備。

好奇心

人はいろいろなことに興味を持っている。
ゲーム
テレビ
スポーツ
勉強
男の子/女の子
お小遣い
友達

人の好奇心の種は、すべての人の中にあります。

そして、好奇心っていうのは
そのことを考えると、ワクワクしたり、ドキドキしたり、
なんだか楽しくなること。

でも向ける方向がさまざま。

人によっては、
スポーツのことはすごく興味があるけど、勉強はまったく興味がない。
という人もいれば、
絵を描くことがすごく好きでワクワクするけど、
ゲームなんて全く興味がないという人もいるし、
本を読むことがすごく好きだけど、買い物には興味がないとか、
もっと細かく言えば、
本の中でも小説は好きだけど、漫画は別に興味がない。

なんていう人もいます。

というわけで、好奇心はすべての人が持っているけれど、
向ける方向がさまざま。

同時に、すべての人が好奇心を使えるということです。

好奇心って言うのは、勝手に湧いてくるものでもあるけれど、
自分から向けることもできるもの。

そして、インタビューをするときは、
その好奇心を全面的に相手に向けることが大事だし必要なことです。

自分の好奇心を相手のためにいっぱいいっぱい使いましょう。

受容(じゅよう)

質問するときって、質問する人が勝手に答えを考えていたりするもの。

こういう答えが帰ってくるに違いない。
こういう答えが帰ってくるといいなぁ。

そして、インタビューって質問した人が考えていた答えが、
そのまま返ってくることはあまりありません。

そうすると、違う答えにがっかりしたり、
それって間違ってるって思ってしまったりします。

しかし、大事なことは、相手の答えを受け入れていること。
「へぇ、そうなんだ…」
「知らなかった」
「なるほど」
「新しい発見だ!」

とこんな感じです。
こうやってただ相手の答え・発言を受け取ることを、
「受容」
って言います。

そして、投げかけた質問に対し、必ずしも答えてくれるとは限りません。
答えづらい質問や今は答えたくないものもあるはず。

「今は答えたくないんだな」
というその状態をそのまま受け取っていくというのも必要なこと。

愛と感謝

これは言うまでもありませんね。

「パパ/ママだいすき!」
「本当にありがとう」
「パパ/ママの子でよかった」

と、こんな気持ちでインタビューに臨むとうまくいきます。

大事な心構えはまず3つ

「好奇心を向けること」
「受け取ること」
「愛と感謝」

この3つを胸に、楽しいインタビューをしてみましょう。

20160720_パパママインタビュー_チームコーチング_LBJ半谷photo credit: Oh My Two Children Now via photopin (license)

関連記事

家族の絆を深めるパパママインタビュー 〜コーチングの力〜

 - チームコーチング

  関連記事

チームの意図を明確にし統合する必要性

意図って何か? 広辞苑で調べると 考えていること、思惑。つもり。 行おうと目指し …

チームコーチングにおける個別のコーチングセッション@パワーネットフィールド

パワーネットフィールド チームコーチング というわけで今日は、長野県塩尻市。 チ …

もともと備わっている修正の能力 ~本人の力を最大限活かすコーチング~

休日は、息子と公園で過ごす時間が多い。 1年前はブランコにすべり台。 今は鉄棒に …

コーチング応用Ⅱ再受講@株式会社アクト松本

コーチング応用Ⅱ受講 アクト松本 2日間コーチングの武者修行へ行ってまいりました …

no image
「ちゃんと聴く」やり方 内容理解と受容実感 〜コーチングの基礎〜

「ちゃんと聴く」2つの心構え 〜コーチングの基礎〜 からの続きです。 聴くときに …

no image
嫌われ役は組織に必要か?

嫌われ役が必要だという勘違い 「誰かが嫌われ役になる必要があるんだ」 「きついこ …

no image
『一を聞いて十を知る』 コミュニケーションの幻想 ~チームへのコーチングの挑戦~

『一を聞いて十を知る』 意味を調べてみると 『一を聞いて十を知るとは、物事の一端 …

子どもを育成するコーチングの考え方を受講して(その2) 〜PHPビジネスコーチ養成講座 マスタリーコース〜

<前の記事より> コーチングの前提(続き) 肉体的には親から生まれてきていても精 …

新・山の神登場 ~2015年箱根駅伝往路~

毎年恒例の箱根駅伝。 子供の頃は、父親がなぜ駅伝を見るのか不思議でたまらなかった …

組織のベクトル合わせ 〜チームコーチング事例 阿部フォトグラフィー1-6〜

組織のベクトルをあわせる チームの使命を明らかにした6名のチームが、 次に取り組 …