チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

コーチがラポール(信頼関係)づくりのためにできること

      2016/07/14

コーチのあり方

この人にコーチングしてもらいたいという人である必要がある。

服装
髪型
言葉遣い
生き方
立ち居振る舞い

上記のように社会人として基本的なことはもちろん重要だが、
その人ゆえの魅力をどのように磨いていくかも重要。

すべての人から魅力的でいられるかというとそうでもない。
どうしても相性があるし、好き嫌いもある。

自分の強みや魅力を存分に活かすことを意識すること。
その魅力を必要としている人が、クライアントとして現れる。

すべての人にマッチできるコーチはある意味すごいなぁとも思うが、
逆にあまり尖ったものもないのかも…。

というわけで、ある種の割り切りも必要かと。

コーチングの技術向上

コーチングのスキルはあらゆるものが信頼関係の構築につながっていく。

傾聴
質問
承認
フィードバック
観察
ペーシング
など

コーチングをしている最中に創り続ける信頼関係である。

日常生活における信頼関係の向上

コーチングの契約が個人のものや、外部のコーチとの契約であれば、
日頃の接点はあまりない。

しかし、コーチングする関係性が上司・部下、先輩・後輩など、
日頃の接点が多い関係性であれば、
当然日常的なやりとりの中で信頼を構築していく必要がある。

コーチングのスキルやエッセンスを日常的に使い、生かしていく必要がある。

普段はろくに話もきかない人が、
コーチングのときだけ人が変わったように傾聴したり、承認したりするなど、
優れたコーチとして存在するということは、逆に違和感にしかならない。

コーチングによる短期的な成果

コーチングは単発のコーチングもあるが、
それでは長期的な行動の変容やより大きな成果を継続的に創ることは難しい。

したがって、基本的は少なくとも3ヶ月。
できれば1年といった契約が望ましい。
長期的な視点で関わっていくと、コーチングはより効果的に機能することは間違いない。

しかし短期的でわかりやすい成果が、コーチやコーチングへの信頼関係の向上に繋がる。
コーチングは役に立っている。
コーチングによって、行動がしやすくなった。焦点を絞ることができた。
コーチングによって、今までとは違う結果や反応を得ることができた。

これらの実感を早めに創る必要がある。
この「違い」が実感として明らかになれば、コーチングに対する信頼や意欲も自然と向上し、
クライアントが心を開く度合いも高くなってくる。

興味・関心・好奇心

コーチの資質として、クライアントへの好奇心は必要不可欠。
自分に関心を向けてくれているというのは、
クライアントとしては当然うれしいことであるし、
逆にそれがなければ別に必要ないですよということにもなる。

コーチはクライアントへの関心を常に向けている。
私は少なくとも、
一日一回はクライアントに意識が向く。

そして、決めたことをやっているか。
やっているのであれば、どのレベルでやっているのか。
その結果、何が動いて何は動いていないのか。

関心が向いていれば、フォローの意識も生まれる。
クライアントにとって、離れていたとしても一緒にいる感覚。
これを感じられることはとても大事なことだと思う。

信頼はコーチングにおけるすべてのベース

コーチングの信頼関係は、コーチングの機会だけで生み出すわけではない。
上記のように様々な場面で積み上げることができる信頼がある。

コーチはコーチングをさせてもらえる関係でい続ける、
そのための努力をできる場面が、実はいろいろとある。

20160714_コーチング_ラポール_信頼関係_チームコーチング2016_LBJ半谷photo credit: Rapport via photopin (license)

 - チームコーチング

  関連記事

「2017年の目標を3連休で」のススメ

一年の計は元旦にあり 「一年の計は元旦にあり」 なぁんて言葉がありますが、 36 …

no image
印象をつくるモノのいい方伝え方 ~メラビアンの法則~

「何もそんないい方しなくたって…」日常の中で誰もが心の中でよく発する …

承認のススメ part2 〜コーチングで組織マネジメント変革〜

というわけで、 昨日のブログから引き続き本日は、 「承認するとき3つのポイント」 …

チームの意図を明確にし統合する必要性

意図って何か? 広辞苑で調べると 考えていること、思惑。つもり。 行おうと目指し …

「伝える」ということ 〜コミュニケーション達人への道〜

アサーティブコミュニケーション研修 本日はアサーティブコミュニケーションの研修を …

no image
個人事業主スタート1周年

独立してはや1年が過ぎました 『独立』っていろいろな考え方があると思うのですが個 …

モチベーションを育てる”承認”の力

人は自然に不足や欠点を探す 「正常な状態」というのが、ひとつの大きな物差しとなる …

社員のモチベーションを高める要素

いつもはひとりひとりコーチングを実施するのですが、 本日は趣向を変えて・・・ 社 …

目標を立てるリーダーの発想とエンロールメント ~日経ビジネス経営教室よりチームコーチングのヒント~

大掃除スタート! まずは無駄な書類がきっと山ほどあるであろう私の部屋から。 掃除 …

no image
子どもとの鬼ごっこから学ぶ育成のペース ~チームへのコーチングの挑戦~

子どもとの鬼ごっこの体験があるだろうか? 私には4歳の息子がいる 最近息子と公園 …